91件中 41 - 50件表示
  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た民間放送

    在青民放テレビ局でも、8月中旬の旧盆をはさむ期間にダイジェスト版を放送している。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た能代市

    開催当初より、例年ねぶた1基が参加している。9月第二土曜日に秋田県能代市で開催。竿燈やさんさ踊りなどの東北内外の他の祭りと共演をする。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た一門

    川村伯鳳を祖とする系統である。昭和40年に鹿内一生によって明確に一門とされた。4代名人・鹿内一生を輩出している。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た蝦夷征討

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし坂上田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。一方で、田村麻呂の側近である文室綿麻呂は史実の上で青森県まで達した可能性が高く、また青森ねぶたのみ、他の地域のねぶた・ねぷたと大きく異なる、日本の伝統音楽には他に類を見ないほどの勇壮な囃子であることから、蝦夷征伐説の可能性もなお否定できない。青森市内には妙見の大星神社(征伐軍の戦勝祈願)・幸畑地区の熊野神社(蝦夷の砦「甲田丸」跡)・沢山地区の稲荷社(蝦夷「屯慶」没所)等、蝦夷征伐を伝える痕跡が残っている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た旅チャンネル

    地元ケーブルテレビ局である青森ケーブルテレビでも、『青森ねぶた祭(西暦年)』として放送を行っている。なお、CSチャンネルである旅チャンネルでは、一部を編集した上で秋頃に放送される。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た縄文

    日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にすることが多いが近年では地元の伝説や偉人、テレビ番組(特にNHK・大河ドラマ)などを題材にすることもある。三内丸山遺跡が発掘された翌年の1995年には、縄文を題材にしたものが登場した。青森市初代名誉市民である棟方志功の生誕100周年となった2003年には彼の版画を題材にしたものが登場した。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た青森市立浦町小学校

    その後、1992年にねぶた団地(ねぶたの車両基地のようなところ)がそれまでの公園(青森市立浦町小学校に隣接)から観光物産館付近のラッセランドに移されスタート地点が新町通りと柳町通り付近の交差点となった。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たサイマル放送

    NHK青森放送局では原則8月6日に総合テレビのデジタルサブチャンネルで生中継を実施している。また、総合テレビのデジタルメインチャンネルとワンセグでも生放送の翌日に実質再放送扱いで放送。NHK-BSでも、BSプレミアム(2010年まではBS-hi)で青森局デジタルサブチャンネルとサイマル放送を行う年もあったが、2012年からは同チャンネルでねぶたの期間終了後に実質再放送扱いで放送。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たNHKデジタル衛星ハイビジョン

    NHK青森放送局では原則8月6日に総合テレビのデジタルサブチャンネルで生中継を実施している。また、総合テレビのデジタルメインチャンネルとワンセグでも生放送の翌日に実質再放送扱いで放送。NHK-BSでも、BSプレミアム(2010年まではBS-hi)で青森局デジタルサブチャンネルとサイマル放送を行う年もあったが、2012年からは同チャンネルでねぶたの期間終了後に実質再放送扱いで放送。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た歌舞伎

    日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にすることが多いが近年では地元の伝説や偉人、テレビ番組(特にNHK・大河ドラマ)などを題材にすることもある。三内丸山遺跡が発掘された翌年の1995年には、縄文を題材にしたものが登場した。青森市初代名誉市民である棟方志功の生誕100周年となった2003年には彼の版画を題材にしたものが登場した。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード