73件中 41 - 50件表示
  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たYOSAKOI

    AOMORI春フェスティバル(ハネト・YOSAKOI・サンバの3つの踊りの競演と青森ねぶたの山車の運行)青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たウェブサイト

    青森ねぶた祭(公式ウェブサイト青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たモラル

    近年では正装であるたすきをかけずに祭りに参加する女性が増加している。カラス族が減少している今、第2のカラス族とも言うべきたすきをかけずにまるで振袖のような格好の「クリオネ族」なるものも登場している。いずれにせよ、祭りに参加する者のモラルの低下が見受けられる。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た版画

    日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にすることが多いが近年では地元の伝説や偉人、テレビ番組(特にNHK・大河ドラマ)などを題材にすることもある。青森市初代名誉市民である棟方志功の生誕100周年となった2003年には彼の版画を題材にしたものが登場した。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た蝦夷征討

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た旅チャンネル

    地元ケーブルテレビ局である青森ケーブルテレビでも、「青森ねぶた祭 (西暦年)」として放送を行っている。なお、2011年の祭りは、8月5日と6日放送分をCSチャンネルである旅チャンネルで一部を編集した上で9月に放送された。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た青森市立浦町小学校

    その後、1992年にねぶた団地(ねぶたの車両基地のようなところ)がそれまでの公園(青森市立浦町小学校に隣接)から観光物産館付近のラッセランドに移されスタート地点が新町通りと柳町通り付近の交差点となった。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た写真

    現在では最大サイズとして幅約9m、高さ約5m、奥行き約8mと言う規定がある。なお、明治から大正にかけてのねぶたは現在のものより背が高く、立った姿勢であった(写真が現存しており確認可能)。電気の普及により張り巡らされた電線を避ける目的で姿勢を低くして現在の形へと姿を変えていく中で前述した大きさの規定ができた。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た太鼓

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た三十八年戦争

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード