91件中 51 - 60件表示
  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た港区 (東京都)

    1月 東京都港区表参道(青森県観光キャンペーン「とことん青森2010」の一環)青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たテレビジョン放送局

    在青民放テレビ局でも、8月中旬の旧盆をはさむ期間にダイジェスト版を放送している。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た征夷大将軍

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし坂上田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。一方で、田村麻呂の側近である文室綿麻呂は史実の上で青森県まで達した可能性が高く、また青森ねぶたのみ、他の地域のねぶた・ねぷたと大きく異なる、日本の伝統音楽には他に類を見ないほどの勇壮な囃子であることから、蝦夷征伐説の可能性もなお否定できない。青森市内には妙見の大星神社(征伐軍の戦勝祈願)・幸畑地区の熊野神社(蝦夷の砦「甲田丸」跡)・沢山地区の稲荷社(蝦夷「屯慶」没所)等、蝦夷征伐を伝える痕跡が残っている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た水滸伝

    昭和30年代ごろまでは歌舞伎・中国の伝説(三国志・水滸伝)・合戦物が大部分を占めており、中でも北川は同じ題材をほぼ毎年何度も制作していた。昭和40年代になると、それら以外にも様々なジャンルが増え、昭和50年代末頃には郷土(青森)のジャンルが確立された。現在では、これまでと同じ題材でも、構図に多くの工夫を凝らし、その結果毎年より高い水準となっている。また新たな題材に挑むねぶた師も存在しており、彼らによって新たな表現方法も開発されている。青森以外の地で開催される(以下、遠征と表記)場合には開催地に合わせた題材を選ぶことになる。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た表参道 (原宿)

    1月 東京都港区表参道(青森県観光キャンペーン「とことん青森2010」の一環)青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た円 (通貨)

    毎年8月2〜7日まで開催される。このうち8月2〜6日が夜間運行である。7日は昼間運行であるが、夜に海上運行と花火大会が催される。また、8月1日には前夜祭が行われる。開催にかかる費用は、約2億2000万青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た三国志

    昭和30年代ごろまでは歌舞伎・中国の伝説(三国志・水滸伝)・合戦物が大部分を占めており、中でも北川は同じ題材をほぼ毎年何度も制作していた。昭和40年代になると、それら以外にも様々なジャンルが増え、昭和50年代末頃には郷土(青森)のジャンルが確立された。現在では、これまでと同じ題材でも、構図に多くの工夫を凝らし、その結果毎年より高い水準となっている。また新たな題材に挑むねぶた師も存在しており、彼らによって新たな表現方法も開発されている。青森以外の地で開催される(以下、遠征と表記)場合には開催地に合わせた題材を選ぶことになる。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た渋谷センター街

    2005年より、毎年9月(金王八幡宮例大祭と同日)に東京都渋谷区・渋谷センター街で開催。但し渋谷センター街自体道路が狭い為、青森ねぶたの半分程度の大きさのねぶた1基が製作させる。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た灯籠

    藩政時代や明治時代には大型の灯籠を担いで町中を練り歩く行為に対ししばしば禁止令が出された。戦時中も禁止されたが、戦況が悪化した1944年には戦意高揚の為に解禁されており、「桃太郎の鬼退治」をもじった「桃太郎のルーズヴェルト退治」(製作者は北川金三郎)といったものが製作された。戦後は逆に進駐軍の影響により西洋への敵対的な表現ができなくなり、また刀を持ったねぶたも事実上制作不能だった。進駐軍撤退後には企業がねぶた運行の主体となり、観光の側面が強くなるようになった。人形型ねぶたは元々は竹を曲げて骨組みを作り、指等の細かい部分はその上に貼った和紙に筆で描いていた。昭和30年代に北川啓三というねぶた師が針金を用いて指を1本ずつ作ったり複雑な造作のねぶたを作ったことによって、ねぶた界に革命が起こる。針金が登場した当時、一部では反発があったと言われているが、その表現性の高さから程なくして主流となった。北川によってロウソクだった内部の明かりを蛍光灯に替え、台座にバッテリーを乗せ明るく輝くねぶたを作ることに成功しより芸術性と完成度を高め、後に「ねぶたの神様」と評される。北川は既に他界しているが、現在の主流となっているねぶたの磯は北川が築いたと言える。その後、佐藤伝蔵や鹿内一生によって更にねぶたの造形性が高められ現代のねぶたの形が整った。千葉作龍や竹浪比呂央が郷土(青森)の題材をねぶたに取り入れた。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た青森市役所

    東北電力、青森市役所のねぶたを制作。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード