73件中 51 - 60件表示
  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た陸奥国

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た三菱グループ

    JR東日本、青森菱友会(三菱)、マルハニチロのねぶたを制作。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たサンバ (ブラジル)

    AOMORI春フェスティバル(ハネト・YOSAKOI・サンバの3つの踊りの競演と青森ねぶたの山車の運行)青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たNHKデジタル衛星ハイビジョン

    NHK青森放送局では原則8月6日に総合テレビのデジタルサブチャンネルで生中継を実施している。 また、総合テレビのデジタルメインチャンネルとワンセグでも生放送の翌日に実質再放送扱いで放送。さらにNHK-BSでも2010年まではBS-hiで、2011年からは「BS-hi」の実質の後継チャンネルであるBSプレミアムでも青森局デジタルサブチャンネルとサイマル放送を行っている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た歌舞伎

    日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にすることが多いが近年では地元の伝説や偉人、テレビ番組(特にNHK・大河ドラマ)などを題材にすることもある。青森市初代名誉市民である棟方志功の生誕100周年となった2003年には彼の版画を題材にしたものが登場した。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た港区 (東京都)

    1月 東京都港区表参道(青森県観光キャンペーン「とことん青森2010」の一環)青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見たテレビジョン放送局

    在青民放でも、8月中旬の旧盆をはさむ期間にダイジェスト版を放送している。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た征夷大将軍

    以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された(現在では「ねぶた大賞」と名称変更されている。後述)。しかし田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た青森駐屯地

    陸上自衛隊青森駐屯地のねぶたを制作。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た水滸伝

    昭和30年代ごろまでは歌舞伎・中国の伝説(三国志・水滸伝)・合戦物が大部分を占めており、中でも北川啓三は同じ題材をほぼ毎年何度も制作していた。昭和40年代になると、それら以外にも様々なジャンルが増え、昭和50年代末頃には郷土(青森)のジャンルが確立された。現在では、これまでと同じ題材でも、構図に多くの工夫を凝らし、その結果毎年より高い水準となっている。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード