6939件中 71 - 80件表示
  • 舞鶴地方隊

    舞鶴地方隊から見た青森県青森県

    警備区域は、北側が青森県と秋田県の境界線から西方270度方向に引いた線と南側が島根県と山口県境から北北西315度方向に引いた線に達する間の日本海沿岸海域と内陸部に及んでいる(秋田県、山形県、新潟県、富山県、石川県、福井県、滋賀県、京都府、兵庫県(豊岡市及び美方郡に限る。)、鳥取県及び島根県の区域並びに青森県と秋田県の境界線が海岸線と交わる点から270度に引いた線と島根県と山口県の境界線が海岸線と交わる点から315度に引いた線との間にある京都府及びこれらの県の沿岸海域)。北から南までの警備範囲の海岸線は約1,630キロにも達し日本一長い海岸線の防備を担当している。舞鶴地方隊 フレッシュアイペディアより)

  • 県別マップル

    県別マップルから見た青森県青森県

    縮尺は、青枠の都府県庁所在地中心部などが約1:5千、紫枠の都市部及び地方都市中心部が約1:1万-1:3万、赤枠及びオレンジ枠の都府県下全域道路図が1:3万または1:6万(大阪府は1:2.5万のみ、東京都と千葉県、佐賀県は1:3万のみ、青森県は1:5万のみ、一部の県に関しては1:8万や1:8.5万、1:10万、1:12万もある。)、緑枠の広域道路図(都府県全域と,それに隣接する地域)として約1:20万-1:30万が用いられている。なお青森・福島・茨城・栃木・新潟・長野・山口・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島11県版は紫枠を用いず「県庁所在地以外の主要市区町村中心部&観光地拡大図も(県庁所在地中心部拡大図同様に)青枠で表示」している(新潟・長崎・鹿児島3県版は離島部=佐渡島・五島列島・小値賀島・甑島・トカラ列島・種子島・奄美大島・屋久島・徳之島・沖永良部島周辺の道路図を紫枠で表示)。県別マップル フレッシュアイペディアより)

  • つがる (列車)

    つがる (列車)から見た青森県青森県

    本項では、秋田県と青森県を結ぶ優等列車のほか、同名称で八戸駅 - 青森・弘前駅間を走行した特急列車、および上野駅 - 青森駅間で運転されていた急行列車「津軽」についても記述する。つがる (列車) フレッシュアイペディアより)

  • MONKEY MAJIK

    MONKEY MAJIKから見た青森県青森県

    カナダ人兄弟がツイン・ボーカルおよびツイン・ギターを担当し、日本人2人がリズムセクションを担う4人組バンド。青森県・南部地方で結成された当初は現メンバーより多国籍な在留外国人のバンドであったが、宮城県・仙台都市圏への移住を経て日本・カナダ混成バンドに収束したため、両国の「ハイブリッド・バンド」と称されることもある。メジャー・デビューした現在も全員が仙台都市圏在住。MONKEY MAJIK フレッシュアイペディアより)

  • 森本千絵

    森本千絵から見た青森県青森県

    森本 千絵(もりもと ちえ、1976年4月26日 - )は、日本のアートディレクター、コミュニケーションディレクター。青森県三沢市出身、東京都育ち。goen°主宰、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科客員教授。森本千絵 フレッシュアイペディアより)

  • 古田隆彦

    古田隆彦から見た青森県青森県

    この間、運輸省・運輸政策審議会専門委員、文部省・長期教育計画研究者協力会議委員、 郵政省・文字画像情報電子流通研究会委員、建設省「新東北紀」懇談会委員、北海道開発庁・生活・社会研究会委員、東京都「東京ブランド」検討委員会委員長、 青森県政策マーケティング委員会委員長、日本生活学会常任理事事務局長などを歴任。古田隆彦 フレッシュアイペディアより)

  • 白神山地

    白神山地から見た青森県青森県

    白神山地(しらかみさんち)は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっている標高1,000m級の山地(山岳地帯)のことをいう。白神山地 フレッシュアイペディアより)

  • 小林眞

    小林眞から見た青森県青森県

    小林 眞(こばやし まこと、1950年5月14日 - )は、日本の政治家、元官僚。青森県八戸市長(4期)。小林眞 フレッシュアイペディアより)

  • 東日流外三郡誌

    東日流外三郡誌から見た青森県青森県

    『東日流外三郡誌』は、青森県五所川原市在住の和田喜八郎が、自宅を改築中に「天井裏から落ちてきた」古文書として1970年代に登場した。編者は秋田孝季と和田長三郎吉次(喜八郎の祖先と称される人物)とされ、数百冊にのぼるとされるその膨大な文書は、古代の津軽地方には大和朝廷から弾圧された民族の文明が栄えていたと主張する。東日流外三郡誌 フレッシュアイペディアより)

  • 東北開発

    東北開発から見た青森県青森県

    1955年(昭和30年)、東北興業社再建のため、石灰石の有効活用先としてセメント工場を建設することが計画され、候補地の中から岩手県東山地区を選定して建設を始め、東北開発社に新発足した後の1958年(昭和33年)6月に岩手セメント工場として操業を開始した。最初はシャフトキルン5基による年間22万トンの生産能力であったが、需要の増大に伴って増設を繰り返し、1971年(昭和46年)迄に2基のレポールキルン、2基のSPキルンを加え、1978年(昭和53年)度には170万トンのセメント生産をするに至った。そして更に生産販売量を増やすため、青森県東通村尻屋に年産150万トンの工場を建設し、1979年(昭和54年)4月に青森セメント工場として操業を開始した。営業面では「カイハツセメント」の名称が定着し、生コン化の流れにも対応し、1971年(昭和46年)からは東北地方のシェアの20%以上をキープするに至っている。東北開発 フレッシュアイペディアより)

6939件中 71 - 80件表示

「青森のできごと」のニューストピックワード