528件中 71 - 80件表示
  • 青森県

    青森県から見た阿倍比羅夫

    『日本書紀』においては朝廷より津軽地方の蝦夷が冠位を授けられた内容を記す斉明天皇元年(655年)条をはじめ津軽地方の地名が出現し、この頃には朝廷に服従し朝貢関係を結び、中央政権に把握されていったものであると考えられている。また『書記』に拠れば斉明天皇4年(658年)からは阿倍比羅夫による「北征」が行われているが、これは数か年に及ぶ大事業で、朝廷軍は北海道や樺太にまで渡ったと伝えられる。この頃の青森県では、古墳文化の影響を受けた末期古墳の造営が活発化するが、大和朝廷との関係の深まりのなかで造営が行われたものと推察される。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た田澤拓也

    空と山のあいだ(田澤拓也青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た常陸宮正仁親王

    1964年9月 津軽華子が義宮正仁親王と結婚。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た安岡章太郎

    やり・へら・にっこ(安岡章太郎青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た上杉景勝

    近世には豊臣政権時代の奥州仕置を経て、北奥大名領が成立する。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いにおいて南部氏ら東北大名は会津上杉景勝包囲への動員を命じられており、津軽氏は東軍本隊と合流し美濃大垣城攻めなどに参加している。関ヶ原の後、東北では会津上杉氏の出羽米沢への転封をはじめ、大規模な大小名の再配置が行われるが、陸奥北部では南部・津軽領の支配に大きな変動はなく、陸奥国北部のうち太平洋側の東部が南部氏の盛岡藩領8万石(後に20万石に高直し)、日本海側の西部が津軽氏の弘前藩領4万5000石(後に10万石に高直し)となり、両大名領の藩境は津軽側の狩場沢、南部側の馬門に定められた。ほか、県南東端から岩手県北東部端にかけては盛岡藩と同じ南部氏一族が支配する八戸藩2万石があり、県中部には弘前藩の支藩として黒石藩1万石とその飛地があった。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た長部日出雄

    津軽世され節(長部日出雄青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た新井英樹

    ザ・ワールド・イズ・マイン(1997年 - 2001年、新井英樹青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た長坂秀佳

    私の胸には蝮が宿り(長坂秀佳青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た斉明天皇

    『日本書紀』においては朝廷より津軽地方の蝦夷が冠位を授けられた内容を記す斉明天皇元年(655年)条をはじめ津軽地方の地名が出現し、この頃には朝廷に服従し朝貢関係を結び、中央政権に把握されていったものであると考えられている。また『書記』に拠れば斉明天皇4年(658年)からは阿倍比羅夫による「北征」が行われているが、これは数か年に及ぶ大事業で、朝廷軍は北海道や樺太にまで渡ったと伝えられる。この頃の青森県では、古墳文化の影響を受けた末期古墳の造営が活発化するが、大和朝廷との関係の深まりのなかで造営が行われたものと推察される。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た源頼義

    平安時代の11世紀には、岩手県北上平野の地域に俘囚長安倍氏の勢力が確立すると、岩手県北から下北半島にかけての糠部地方で同族と見られる安倍富忠が有力となった。前九年の役において、富忠は源頼義に使わされた金為時の誘いを受け、朝廷方についた。青森県 フレッシュアイペディアより)

528件中 71 - 80件表示

「青森のできごと」のニューストピックワード