前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1085件中 1 - 10件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た靖国神社靖国神社

    終戦の日の8月15日に靖国神社参拝をすることを、小泉は総裁選時に公約としていた。総理の靖国神社参拝は中国・韓国の反発に配慮して長年行われていなかった。小泉は、批判に一定の配慮を示し、公約の8月15日ではなく13日に靖国神社参拝を行った。翌年以降も、毎年靖国参拝を行った。2006年には公約であった終戦の日における参拝を実現した。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 九段北

    九段北から見た靖国神社靖国神社

    町域の西は新宿区(市谷田町)との区境にあたる。麹町地域(旧麹町区)に属する。千代田区内では東部は西神田・神田神保町、南部は靖国通りを境に九段南、北部は富士見・飯田橋にそれぞれ接する。南側の北の丸公園とは近接するが境界線は接していない。当地中央部の二丁目から三丁目にかけて靖国神社の境内地が広がっている。歴史のある学校や、高層建造物が集まっている。一般住宅も少数だが見られる。九段北 フレッシュアイペディアより)

  • 国家神道

    国家神道から見た靖国神社靖国神社

    1919年、朝鮮神宮(京城)の造営に際して政府は明治天皇と天照大神とを祭神とした。これに対し、国学者賀茂真淵の末裔で靖国神社三代目宮司の賀茂百樹は「朝鮮民族の祖神」の「檀君」もまつるべきであると主張した。国家神道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の右翼思想・左翼思想

    日本の右翼思想・左翼思想から見た靖国神社靖国神社

    現在の日本では、経済面での主義主張が右翼と呼ばれることは滅多にない。また極右のことを限定して右翼と呼んでいたり、日本国内での民族間対立も表立って起きなかった隠蔽されていたため、戦後右翼が狭義では主流になったことはないと言えるが、自民党の政権支配率や靖国問題など政治経済の枢要は政治的な一時の例外を除いて一貫して戦後右派的な保守派が握ってきたと言える。この道筋は、朝鮮戦争勃発に伴う逆コースにより、アメリカが、占領日本を当初の理想社会ではなく「反共の防波堤」化する必要に迫られ、公職追放処分者を復権、逆にレッドパージを実行したのが決定づけたと言えるだろう。経済政策の面について述べれば西側陣営に属しており、その意味でも常に右派が中心である。日本の右翼思想・左翼思想 フレッシュアイペディアより)

  • 富士見 (千代田区)

    富士見 (千代田区)から見た靖国神社靖国神社

    千代田の北西部に位置する。北西部から西部一帯は外堀を境に新宿区神楽坂・同区市谷田町・同区市谷船河原町にそれぞれ接する。北東部から東部は千代田区飯田橋に、南部は千代田区九段北に接する。町域内には大学や高等学校、専門学校など文教施設が多く集まっている。二丁目には大型の病院も複数見られる。他に町域内には商業地および住宅地が混在している。南東部が富士見一丁目、北西部が富士見二丁目に当たる。法政大学の裏側(富士見坂)?白百合学園?靖国神社の道路は、朝鮮総聯本部が近くにあるため、警察官が数人終日配備されている。富士見 (千代田区) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た靖国神社靖国神社

    小泉純一郎総理大臣の靖国神社参拝により精神的苦痛を受けたとして、戦没者遺族が国、総理、および靖国神社を訴えた裁判で、最高裁判所は訴えを棄却。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 平和遺族会全国連絡会

    平和遺族会全国連絡会から見た靖国神社靖国神社

    平和遺族会全国連絡会(へいわいぞくかいぜんこくれんらくかい)は、靖国神社への公式参拝を是とすることを初めとする日本遺族会のあり方に反対する日本の戦没者遺族たちにより、北海道から沖縄まで全国各地に組織された「平和遺族会」の取りまとめ組織。平和遺族会全国連絡会 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団夜想会

    劇団夜想会から見た靖国神社靖国神社

    結成当初、シェイクスピア、チェーホフ、サルトル、清水邦夫等、新劇的指向性が伺える演目を得意とした演劇集団であったが、1995年『同期の桜』公演以降、靖国神社に於いて特設ステージを組み同公演を行うなど、右派思想を全面に出した演劇を上演するようになった。『俺は君のためにこそ死ににいく』や『めぐみへの誓い』なども上演している。また、自民党本部での演劇上演も実施した。劇団夜想会 フレッシュアイペディアより)

  • 日泰関係

    日泰関係から見た靖国神社靖国神社

    1887年、外相のテーワウォン親王(ラーマ4世・モンクットの子息)が東京を訪問、同年9月26日『修好通商ニ関スル日本国暹羅国間ノ宣言』(日・タイ修好宣言)が調印したことによって日本とタイの外交が本格的に始まった。同年9月22日、タイ国王の弟で外務大臣を務めていたデヴァウォングセが靖国神社を参拝。この後アジア関連の専門家稲垣満次郎が政府に使いを頼まれてタイに渡り、1894年4月13日にテーワウォン親王と会見し通商条約の締結を打診した。この時稲垣は単刀直入に「日本はタイと不平等条約の締結を結ぼうとしていますが如何ですか」との旨の質問を行った。テーワウォン親王はこれに対して、「欧米とも同様な条約を結んでいるので、日本だけに条約の締結が出来ませんとは言えません」との旨の回答を行っている。これはつまり、当時タイがイギリスとフランスに挟まれ、軍事的な危機に陥っていたため、日本を介入させてこれを緩和しようとするねらいがあったためである。日泰関係 フレッシュアイペディアより)

  • 祖国に対する信者のつとめ

    祖国に対する信者のつとめから見た靖国神社靖国神社

    祖国に対する信者のつとめ(そこくにたいするしんじゃのつとめ)は、1936年に、カトリック教会の当時の教皇庁布教聖省が、日本のカトリック教会あてに送った指針。「第一聖省訓令」で述べられているもの。この中で、神社への参拝を、「愛国心と忠誠心の表現である」との理由で靖国神社などの神社へ参拝を認めている。祖国に対する信者のつとめ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1085件中 1 - 10件表示

「靖国神社」のニューストピックワード