777件中 91 - 100件表示
  • 飛行神社

    飛行神社から見た靖国神社靖国神社

    この神社は特定の条件にあう死者を神社にあわせて祀るという招魂社の一種で、靖国神社と同様の信仰基盤をもつ。飛行神社 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥省吾

    白鳥省吾から見た靖国神社靖国神社

    一方で、靖国神社の遊就館をうたった「殺戮の殿堂」(詩集『大地の愛』に1919年収録)は日本を代表する反戦詩として注目を集めた。白鳥省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 江村彦之進

    江村彦之進から見た靖国神社靖国神社

    藩論回復後、徳山藩主・毛利元蕃は、徳山七士の家を復興し、その遺族を優遇した。明治31年(1898年)に、徳山七士の7名全員に従四位が贈られた。また、元藩主のたっての願いで徳山七士全員は明治天皇の命によって例外的に靖国神社に合祀された。周南市の児玉神社には七士の顕彰碑(初めは遠石地区に建てられた)と贈従四位の碑が建っている。江村彦之進 フレッシュアイペディアより)

  • 本城清

    本城清から見た靖国神社靖国神社

    3人の死は、牢屋における病死として徳山藩主や萩藩に報告された。清は獄中にあって早くから死の免れ難いことを覚悟し、元治元年(1864年)11月14日に、妻・寿美と一子・宣馬に遺書を書き、その将来を誡めた。藩論回復後、徳山藩主・毛利元蕃は、徳山七士の家を復興し、その遺族を優遇した。明治31年(1898年)に、徳山七士の7名全員に従四位が贈られた。また、元藩主のたっての願いで徳山七士全員は明治天皇の命によって例外的に靖国神社に合祀された。周南市の児玉神社には七士の顕彰碑(初めは遠石地区に建てられた)と贈従四位の碑が建っている。本城清 フレッシュアイペディアより)

  • 信田作太夫

    信田作太夫から見た靖国神社靖国神社

    藩論回復後、徳山藩主・毛利元蕃は、徳山七士の家を復興し、その遺族を優遇した。明治31年(1898年)に、徳山七士の7名全員に従四位が贈られた。また、元藩主のたっての願いで徳山七士全員は明治天皇の命によって例外的に靖国神社に合祀された。周南市の児玉神社には七士の顕彰碑(初めは遠石地区に建てられた)と贈従四位の碑が建っている。信田作太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 河田佳蔵

    河田佳蔵から見た靖国神社靖国神社

    藩論回復後、徳山藩主・毛利元蕃は、徳山七士の家を復興し、その遺族を優遇した。明治31年(1898年)に、徳山七士の7名全員に従四位が贈られた。また、元藩主のたっての願いで徳山七士全員は明治天皇の命によって例外的に靖国神社に合祀された。周南市の児玉神社には七士の顕彰碑(初めは遠石地区に建てられた)と贈従四位の碑が建っている。河田佳蔵 フレッシュアイペディアより)

  • おさんぽ大王

    おさんぽ大王から見た靖国神社靖国神社

    はとバスの東京一日観光ツアー(暑いかららしい)。皇居、靖国神社、浅草仲見世、東京タワー、NHKスタジオパークを巡る。半分近くはもう来ている場所やまるで興味のない場所で困惑するが、必死に脳内を切り替えることによってピンチを脱する。タイトルは「幸福の黄色いハンカチ」のパロディ。おさんぽ大王 フレッシュアイペディアより)

  • 玉木彦助

    玉木彦助から見た靖国神社靖国神社

    元治元年(1864年)に長崎に留学し、帰国後に御堀耕助の御楯隊に入隊。しかし第1次長州征伐で長州藩が幕府軍に降伏したことにより幕府恭順派の俗論党が台頭すると、彦助は高杉晋作らと共にこれに反発、元治2年(1865年)1月16日には俗論党によって送られた軍と戦って敗れた上に負傷した。そして1月21日、吉敷郡小郡で自害したのである。享年25。明治21年に靖国神社合祀となり、同35年に贈正五位。玉木彦助 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田一穂

    吉田一穂から見た靖国神社靖国神社

    一穂が靖国神社に捧げた鎮魂歌碑、詩集『海の聖母』の「漁歌」の碑、「白鳥古丹」の碑が古平町にある。吉田一穂 フレッシュアイペディアより)

  • 大藤 (菓子)

    大藤 (菓子)から見た靖国神社靖国神社

    同年8月6日付の日刊スポーツでの発売中止報道を受け、一部の小売店から発売中止撤回の要望が相次いだため、靖国神社の売店や衆議院第一議員会館の売店などで限定的に発売することとなった。大藤 (菓子) フレッシュアイペディアより)

777件中 91 - 100件表示

「靖国神社」のニューストピックワード