1085件中 131 - 140件表示
  • 本城清

    本城清から見た靖国神社靖国神社

    藩論回復後、徳山藩主・毛利元蕃は、殉難七士の家を復興し、その遺族を優遇した。明治21年(1888年)に靖国神社に合祀され、明治31年(1898年)には徳山七士の7名全員に従四位が贈られた。周南市の児玉神社には七士の顕彰碑(初めは遠石地区に建てられた)と贈従四位の碑が建っている。本城清 フレッシュアイペディアより)

  • 河田佳蔵

    河田佳蔵から見た靖国神社靖国神社

    藩論回復後、徳山藩主・毛利元蕃は、殉難七士の家を復興し、その遺族を優遇した。明治21年(1888年)に靖国神社に合祀され、明治31年(1898年)には徳山七士の7名全員に従四位が贈られた。周南市の児玉神社には七士の顕彰碑(初めは遠石地区に建てられた)と贈従四位の碑が建っている。河田佳蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 亀川清長

    亀川清長から見た靖国神社靖国神社

    2001年8月13日に小泉首相(当時)が靖国神社を参拝したことにより信教の自由等を侵害されたとして、九州などに在住の211名が損害賠償を求めていた裁判で、2004年4月13日の福岡地裁判決において原告の請求を棄却した。しかし、傍論で小泉首相の参拝が公的なものであると認定し、「参拝は違憲」とした。判決理由において、参拝の合憲性の議論が十分になされていない中で参拝が繰り返されていることを問題視。裁判所が参拝の違憲性に関して判断を避ければ今後も同様の行為が繰り返されるとし、「違憲性を判断することを自らの責務と考える」と述べた。総理大臣による靖国神社参拝を違憲と判断したのは、1991年の仙台高裁判決に次いで二例目であった(岩手県議会靖国神社訴訟を参照)。亀川清長 フレッシュアイペディアより)

  • 女子と愛国

    女子と愛国から見た靖国神社靖国神社

    インターネットでの愛国的な発言や靖国神社参拝、デモや集会への参加など、右傾化する学生やOL、主婦などを取材したルポルタージュ。女子と愛国 フレッシュアイペディアより)

  • 府県郷社明治神社誌料

    府県郷社明治神社誌料から見た靖國神社靖国神社

    本書は椙杜吉次の主導下に明治神社誌料編纂所が設けられ、大隈重信、土方久光、千家尊福の賛助を得ると共に、日枝神社宮司久保悳鄰、神宮奉斎会会長藤岡好古、靖國神社宮司賀茂百樹を顧問に迎え、井上頼圀、本居豊穎、物集高見が監修、宮地嚴夫、佐伯有義、宮西惟助が編纂、磯部武者五郎が編輯を担当して編まれた。府県郷社明治神社誌料 フレッシュアイペディアより)

  • 生田良佐

    生田良佐から見た靖国神社靖国神社

    1888年(明治21年)に靖国神社に合祀され、1924年(大正13年)に従五位を贈られた。生田良佐 フレッシュアイペディアより)

  • 新海希典

    新海希典から見た靖国神社靖国神社

    昭和32年(1957年)10月17日 靖国神社に合祀される。新海希典 フレッシュアイペディアより)

  • 戦友会

    戦友会から見た靖国神社靖国神社

    活動内容としては、戦没者の慰霊と、会員の親睦が中心である。例会の際に靖国神社や護国神社などで慰霊祭を行ったり、慰霊碑の建立や、戦地への慰霊旅行などをする戦友会もある。顕彰の趣旨で部隊史の編纂を行う例もみられる。遺骨収集に関しては、日本政府が関係国への配慮などから民間団体主催の活動を認めない方針であったため、厚生省(2001年以降は厚生労働省)によって行われる遺骨収集事業に戦友会が協力するという形式で行われてきた。戦友会 フレッシュアイペディアより)

  • 夏恭

    夏恭から見た靖国神社靖国神社

    1938年(民国27年)10月23日から11月7日にかけて、夏恭は徳王・于品卿と共に日本を訪問し、昭和天皇に拝謁、靖国神社を参拝した。1939年(民国28年)9月、上記3政府が合流して、蒙古聯合自治政府が成立、夏は同政府の副主席に任命された。翌1940年(民国29年)1月10日に副主席を辞職、大同炭鉱株式会社理事長となっている。夏恭 フレッシュアイペディアより)

  • 鵜飼幸吉

    鵜飼幸吉から見た靖国神社靖国神社

    墓所は茨城県水戸市、常磐共有墓地,東京都荒川区南千住、回向院,京都市長楽寺,同市徳円寺。位階は贈従四位。靖国神社合祀。鵜飼幸吉 フレッシュアイペディアより)

1085件中 131 - 140件表示

「靖国神社」のニューストピックワード