1085件中 141 - 150件表示
  • 軍国美談

    軍国美談から見た靖国神社靖国神社

    婦人雑誌では日中戦争開始以降、子供を戦死させた母親を讃える記事や、「軍国の母手紙集」などが掲載され、子供を戦地に送り出す母を歌った『軍国の母』(1937年)や、息子を戦死させた母が靖国神社を訪ねる『九段の母』(1939年)などがヒットした。また従軍看護婦の記録である大嶽康子『病院船』(1939年)は文部省主推薦図書となり映画化もされ、宮川マサ子『大地に祈る』(1940年)には菊池寛が「聖戦に参加した女性の心の最もすぐれた記録」という推薦の言葉をよせている。『主婦之友』では1938年に「婦人愛国の歌」「少年少女愛国の歌」作詞公募、『キング』では1939年に「出征兵士を送る歌」作詞公募なども行われる。軍国美談 フレッシュアイペディアより)

  • 鏡板 (能舞台)

    鏡板 (能舞台)から見た靖国神社靖国神社

    東京九段の靖国神社(旧紅葉山)舞台は京都の某画家、東京麹町富士見町の細川公別邸舞台は近藤樵仙、東京浅草南元町の梅若宗家舞台は土屋秀禾、鎌倉笹目谷の鎌倉能楽会舞台は平福百穂による。鏡板 (能舞台) フレッシュアイペディアより)

  • 井上武吉

    井上武吉から見た靖国神社靖国神社

    1967年 - 靖国神社無名戦士のための記念碑「慰霊の泉」を制作。井上武吉 フレッシュアイペディアより)

  • 靖國神社の歌

    靖國神社の歌から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社の歌(やすくにじんじゃのうた)は、靖国神社が歌われている歌。以下の2種類が存在する。靖國神社の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 野戦重砲兵第1連隊

    野戦重砲兵第1連隊から見た靖国神社靖国神社

    戦後、沖縄駐留アメリカ軍により発見された野戦重砲兵第1連隊第2大隊第4中隊の1門が、独立重砲兵第100大隊の八九式十五糎加農とともに靖国神社遊就館に奉納・展示されている。野戦重砲兵第1連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 政冷経熱

    政冷経熱から見た靖国神社靖国神社

    このように、中国への日本の経済関係は活発になっているが、その一方で「過去の歴史問題」で政治分野では冷却している。とくに靖国神社への参拝にたいして、中国は日本に反発しており、2005年には、小泉純一郎首相が靖国神社の参拝を行った時には、憤青と呼ばれる若者達によるデモが発生。上海の日本総領事館の建物が損傷された。その後、小泉の後任者になった安倍晋三首相は、就任後初の海外訪問として訪中し、日中首脳会談を行う。日本の総理大臣が訪中したのは5年ぶりであった為、安倍は中国首脳部から歓迎された。2007年4月には、温家宝首相が訪日して日中首脳相互訪問再開への道筋が作られ、「政冷経熱」を打開する試みが日中両国で続けられている。政冷経熱 フレッシュアイペディアより)

  • 菱木政晴

    菱木政晴から見た靖国靖国神社

    靖国アジア訴訟原告団、小泉靖国参拝訴訟原告団などの日本政府への訴訟活動に関与している。念仏者九条の会よびかけ人。ホワイトヘッド哲学の研究も行っている。菱木政晴 フレッシュアイペディアより)

  • 百済書記

    百済書記から見た靖国神社靖国神社

    愛子内親王の成人式が靖国神社で行われる。しかも宮廷音楽として三味線が演奏される。百済書記 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・グリーン (政治学者)

    マイケル・グリーン (政治学者)から見た靖国神社靖国神社

    歴史認識問題をめぐっては日本の穏健な対応を望む立場であり、米議会での慰安婦決議をめぐる日本の保守派政治家の反応には批判的な立場を取った。また、安倍が実現を目指している諸政策(河野談話の見直し、首相の靖国神社参拝、尖閣諸島への公務員常駐施設の設置)についても、日米関係など日本の対外関係に悪影響を及ぼしかねないと述べている。河野談話の見直しについては、日韓関係や北東アジアにおけるアメリカの戦略的立場を悪化させ、近隣諸国間の分断を図る中国を利することにつながるとして、懸念を表明している。尖閣諸島への公務員常駐については、日本が連携するべきアメリカや周辺国(フィリピンやオーストラリアなど)との関係を複雑にするとして、常駐はしない方が良いとの立場を取っている。マイケル・グリーン (政治学者) フレッシュアイペディアより)

  • 靖國會

    靖國會から見た靖國神社靖国神社

    靖國會(やすくにかい)とは日本に存在する保守系尊皇団体。昭和35年(1960年)に靖國神社国家護持・国家祭祀を目的として徳川義親を総代として結成された。自主憲法の制定や天皇の国家元首明記(現在の法では今上天皇は事実上の元首である)、極東国際軍事裁判での戦犯の名誉回復を目指す、戦後にできあがった日本の体制に対して否定的である。名誉総代に福田赳夫がいる。「外国人参政権に反対する会」や「日本女性の会そよ風」などといった行動する保守団体と協力関係にあり合同で活動していることがある。他には反中共デーにも参加しており、中華人民共和国との国交断絶を目指している。靖國會 フレッシュアイペディアより)

1085件中 141 - 150件表示

「靖国神社」のニューストピックワード