1085件中 151 - 160件表示
  • 大筒

    大筒から見た靖国神社靖国神社

    有名な大筒としては靖国神社遊就館が所蔵する芝辻砲(一貫目)がある。大筒 フレッシュアイペディアより)

  • 6月29日 (旧暦)

    6月29日 (旧暦)から見た靖国神社靖国神社

    明治2年(グレゴリオ暦1869年8月6日) - 東京・九段坂上に戊辰戦争以来の戦死者を祀る招魂社を造営。後に靖国神社に改称。6月29日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • ペリー上陸記念碑

    ペリー上陸記念碑から見た靖国神社靖国神社

    1944年(昭和19年)、横須賀市の翼賛壮年団は有志たちと共にペリー上陸記念碑破壊を訴え出した。横須賀市の翼賛壮年団は、開戦の大詔渙発記念日にあたる1944年(昭和19年)12月8日を期してペリー記念碑を粉砕し、靖国神社の参道に撒いて参拝者に踏み付けにしてもらおうと計画した。ペリー上陸記念碑 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂義勇隊

    高砂義勇隊から見た靖国神社靖国神社

    戦後、未払いの軍事郵便貯金の払い戻し(確定債務問題)、戦死者の靖国神社への合祀などを巡って生存者や遺族の一部は裁判等で係争を続けていたが、2005年9月30日の大阪高裁の判決で敗訴が確定した。大阪高裁での判決は、地元原住民メディアも取材し即日台湾にて放送された。反対する生存者や遺族も居り、また靖国神社への参拝などを希望し、継続している。靖国神社が「いったん合祀した英霊を分割する事は出来ない」と主張するなか、台湾団結連盟靖国神社参拝事件に反発して?2005年6月14日には台湾の立法委員(国会議員)高金素梅(チワスアリ)ら60人の台湾原住民が靖国神社を訪れた。これは戦没した義勇兵の霊を取り戻す儀式「還我祖霊」を行う為との説明ではあったが、実際は以前に「還我祖霊」を靖国神社にて挙行しており(1回目は靖国神社も認可を出している)、また参加した60人の台湾原住民への来日募集要項に記載されている日程は、大部分は日本の観光地めぐりであり、いろいろ議論を引き起こしている。高砂義勇隊 フレッシュアイペディアより)

  • 薫空挺隊

    薫空挺隊から見た靖国神社靖国神社

    日本側記録では、4機のうち1機は日本軍勢力下のバレンシア飛行場に着陸し、搭乗員は第26師団とともに行動したということのみが確認されている。残りの3機のうち2機については、アメリカ軍戦史によればドラッグ海岸付近に着陸し、乗組員はいずこへともなく消えていったという。残る1機は完全に消息不明である。薫空挺隊の生き残りがいるのかどうかも明らかになっていない。この作戦が成功したのか、失敗したのか、はたまた敢行すら出来なかったのかさえ不明である。アメリカ軍戦史の記述を信用すれば、戦いすら起きなかった可能性が高い。この戦いで戦死したと認定された高砂族の兵士は靖国神社に合祀されている。薫空挺隊 フレッシュアイペディアより)

  • 山本金木

    山本金木から見た靖国神社靖国神社

    遠江国浜名郡雄踏にて宇布見村金山神社神主 賀茂鞆音(賀茂日向)の長男として生まれる。弟に新所村八幡神社神主の内藤山城、のちの靖国神社二代目宮司となる賀茂水穂がいる。山本金木 フレッシュアイペディアより)

  • 芝能楽堂

    芝能楽堂から見た靖国神社靖国神社

    芝能楽堂(しばのうがくどう)は明治時代、芝公園の敷地内にあった能舞台の通称。単に「能楽堂」あるいは「能楽社」とも。明治維新により衰微した能楽の再興を目指して創建された。1902年(明治35年)靖国神社に奉納・移転、以降は「九段能楽堂」「靖国神社能楽堂」と称され、現在に至る。芝能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本かるた協会

    全日本かるた協会から見た靖国神社靖国神社

    1955年 第1回名人戦を靖国神社にて開催(毎日新聞社後援)。全日本かるた協会 フレッシュアイペディアより)

  • 細野由華

    細野由華から見た靖国神社靖国神社

    第59回・靖国神社みたままつり (チラシ&ポスター、2005年7月13日 - 16日開催)細野由華 フレッシュアイペディアより)

  • 西田正雄

    西田正雄から見た靖国神社靖国神社

    西田は長男であったが、家業と実家は弟がすでに継いでおり、西田が本家に帰ることは出来なかった。敗戦後は故郷である龍野の素麺工場に20年間働き、工場長を務めた。自らの戦歴については一切口を閉じ、職場の同僚も元海軍兵らしいとしか知らず、誰も比叡の艦長を務めた海軍大佐だとは知らなかった。妻は若くして世を去り、長男は航空自衛隊に入隊し、次男は東大に進み、娘らは嫁いだ。また1人の娘を闘病生活の後に失っている。西田は子供らが独立した後は独居となり、散らかった家に一人住んだが勤務態度は良好で部下の信頼も厚かった。給与のほかに軍人年金もあり収入は決して少なくなかったが、戦地を巡礼する旅を繰り返したり靖国神社に寄付を行ったりと戦死者を弔う生活を続け、自らは質素倹約に励み贅沢は決してしなかった。西田正雄 フレッシュアイペディアより)

1085件中 151 - 160件表示

「靖国神社」のニューストピックワード