1085件中 161 - 170件表示
  • 今田なお

    今田なおから見た靖国神社靖国神社

    2010年6月、公式ブログにて2011年4月に行われる東京都千代田区議会議員選挙に出馬の意向を表明。秋葉原地区での路上駐車全面解禁や観光資源としての靖国神社の広報強化等を主要公約に掲げたが同年12月出馬断念を発表。主要公約他の政策はミアエンタテインメント取締役の寺島ひろやすへと引き継がれた。今田なお フレッシュアイペディアより)

  • 林家染団治・小川雅子

    林家染団治・小川雅子から見た靖国神社靖国神社

    雅子の三味線に合わせてゴリラが顔の染団治が踊る、たわいない珍芸ゴリラ踊りが売りであった。この芸は関東大震災直後に靖国神社で見たゴリラの見世物芸が参考になった。その後多くの漫才師がゴリラや猿を真似るようになったので染団治は「ゴリラ万才家元」と称した。また猿真似をやっていた「エテ公のBちゃん」で売った秋田Aスケ・Bスケも許諾をかねて染団治のもとを挨拶に訪れたという。林家染団治・小川雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 警視隊

    警視隊から見た靖国神社靖国神社

    戦死、戦病死者は878名。東京招魂社(現靖国神社)に祀られた。1879年(明治12年)には東京警視本署が青山霊園の一画(1180坪)を確保して戦死者70柱を埋葬した。また、大分縣護國神社に佐川官兵衛一等大警部ら103柱が埋葬された。警視隊 フレッシュアイペディアより)

  • 富田朝彦

    富田朝彦から見た靖国神社靖国神社

    2006年(平成18年)7月20日に富田が生前に昭和天皇、および側近の発言などを記録した日記が遺族によって日本経済新聞に一部が公表された。いわゆる「富田メモ」である。「昭和天皇が靖国神社が戦争責任者であるA級戦犯を合祀したことに不快感を抱いたために、1975年11月21日の参拝を最後に靖国神社へ行くことを止めた」といった内容だとされ、その解釈をめぐり議論を呼んだ。富田朝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 田中勝 (軍人)

    田中勝 (軍人)から見た靖国神社靖国神社

    1936年(昭和11年)2月以降、蹶起(決起)の打ち合わせのため、自宅を空けることが多くなる。夫妻で過ごす最後の夜となった2月24日には磯部浅一との打ち合わせに新妻を伴ったことが、磯部の記録に残されている。2月26日、二・二六事件において、下士官12名に夜間自動車行軍と靖国神社参拝を名目に、野戦重砲兵第7連隊の下士官12名を率いて市川を出発。この際、26日午前3時頃、東京三宅坂への移動途中に自宅に立ち寄っている。靖国参拝、宮城遥拝の後、午前5時ごろ、自動車隊は陸相官邸に到着し、渡辺錠太郎教育総監及び東京朝日新聞(現朝日新聞東京本社)襲撃の部隊輸送に関与した。田中勝 (軍人) フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の政治

    1975年の政治から見た靖国神社靖国神社

    8月15日 - 三木首相、靖国神社を参拝。1975年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ラストレター

    ラストレターから見た靖国神社靖国神社

    「ラストレター」は靖国神社で特攻隊の制服や家族にあてた手紙を見てキリトが書いた曲であり、ストレートには見せていないとしながらも戦争に関して歌っている。短編小説「チェリー・トゥリーズ」もその影響で作られた。2012年4月には、この「ラストレター」に対して靖国神社からキリト宛に手紙が届けられた。これについてキリトは、「え、今それ!?と、時間差を感じながらも、こちらが恐縮してしまうくらい素敵な感想を頂き、少し涙腺に来かねない程でした。」とTwitterでその感想を述べた。更に、同年7月に靖国神社で行われた「みたままつり」に奉納する為の言葉をキリトに書いて欲しいという要請と共に、和紙で出来た立派な紙も送られた。ラストレター フレッシュアイペディアより)

  • 木村太郎 (銀行家)

    木村太郎 (銀行家)から見た靖国神社靖国神社

    東京市出身。永田町小学校(現・麹町小学校)卒業後、大阪に転居。大阪陸軍幼年学校、旧制四條畷中学校、旧制第三高等学校を経て、新制の東京大学法学部を卒業。卒業後、日本銀行に入行し、以来平成5年(1993年)に退行するまで、監事などの職を歴任した。退行後は、父・木村兵太郎が眠る靖国神社をめぐるA級戦犯分祀を神社側主導で実現させようと働きかけた。木村太郎 (銀行家) フレッシュアイペディアより)

  • 和泉白泉

    和泉白泉から見た靖国神社靖国神社

    和泉白泉(1862年 - 1942年)は俳人。文久2年(1862年)3月6日に九州の大分県宇佐市長洲町で生まれる。本名は和泉千治。先祖は島原藩の出で、代々苗字帯刀を許された家系で育った。普賢岳が噴火したことにより、島原藩の飛び地であった大分県の宇佐に移り住む。長洲に学校がなかったため、隣町の中津市に福沢諭吉が作った「中津学校」に通う。狩野派の絵師から絵を習い、俳句のほかに俳画も修得する。78才の1931年(昭和6年)、白泉が詠った「高千穂の昔は遠し雪の宮」の名吟(掛け軸)は、昭和天皇が閲した。翌年の1932年(昭和7年)には、宮中でおこなわれる「歌会始」の選者の1人として白泉に「嘱託状」が交付される。1935年(昭和10年)には第一次上海事変の最中に敵陣に突入して自らの命を絶った3人の勇士(爆弾三勇士)を称える『至誠録(しせいろく)』という題名の本を編集し、宇佐神宮ならびに靖国神社に奉納する。表題の字は時の前総理大臣斎藤実(雅号皐水)が書いている。1938年(昭和13年)にも同名の本を出版し、題名は内務大臣湯浅倉平が書く。和泉白泉 フレッシュアイペディアより)

  • 四斤山砲

    四斤山砲から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社 『遊就館図録』 靖国神社、2003年。四斤山砲 フレッシュアイペディアより)

1085件中 161 - 170件表示

「靖国神社」のニューストピックワード