1085件中 31 - 40件表示
  • 湊川神社

    湊川神社から見た靖国神社靖国神社

    1862年(文久2年)、真木保臣は、寺田屋事件に関わる。真木保臣はこの年大坂で行った楠公祭において、寺田屋事件で斬殺された有馬新七・田中謙助・柴山愛次郎・橋口壮介・西田直五郎・弟子丸龍助・森山新五左衛門・橋口伝蔵ら8柱の霊を慰霊のために正成とともに祭っている。後述するように有馬新七も真木保臣と同じく正成崇拝者であったことが知られ、1860年(万延元年)には薩摩に楠社を建てている。まさしく、有馬新七は楠木正成と同様に勤皇のために戦死したのであり、楠公祭において楠木正成に続く勤皇殉難者という位置付けで、祭祀されたのである。楠木正成を崇拝・祭祀した有馬は、正成のように殉国し、彼を祭った真木保臣ものちの禁門の変で自刃し殉国するわけだが、同じ目的に向かう者として祭る側が祭られる側を理想とし、その目的の実現に祭神人物の力を借れるように願い、ときには祭神のように殉難することも厭わないと誓うという、この思想は靖国神社に受け継がれるのである。湊川神社 フレッシュアイペディアより)

  • 中曽根康弘

    中曽根康弘から見た靖国神社靖国神社

    一方で改憲こそ首相在任中は明言しなかったが、“戦後政治の総決算”を掲げ、教育基本法や“戦後歴史教育”の見直し、靖国神社公式参拝、防衛費1%枠撤廃等、強い復古調姿勢により左派勢力から猛反発を買い、「右翼片肺」「軍国主義者」「総決算されるべきは戦後ではなく自民党」などといった激しい批判を浴びた。教育改革については、文部省と日教組の二項対立の教育改革に終止符を打つため1984年に自身の私的諮問機関として臨時教育審議会(臨教審)を設置した。その後臨教審の答申は受け継がれ、1988年に内閣の主導による学習指導要領改訂を成し遂げた。これが日教組の歴史的分裂の契機となった。政府税制調査会の会長として税収の「直間比率」是正の観点から売上税導入を唱えた加藤寛をはじめ、石川忠雄、勝田吉太郎、香山健一、小堀桂一郎、西義之、佐藤誠三郎など、自らの主張に近い意見を持つ学識経験者を各諮問機関の中心人物に起用し、迅速な決定によるトップダウン型の政策展開に活用した。これは自民党内の非主流派や野党などからは「御用学者の重用」と批判され、選挙を経た国会議員によって構成される国会の委員会より、中曽根が任意で選任できる諮問機関での審議の方が重要と見られて報道される事態も招いた。中曽根康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 衛藤晟一

    衛藤晟一から見た靖国神社靖国神社

    2013年(平成25年)4月23日、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会の一員として靖国神社に参拝。衛藤晟一 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸弘幸

    瀬戸弘幸から見た靖国神社靖国神社

    小泉純一郎の靖国神社参拝を支持: 昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀への不快感を述べたとされる「富田メモ」(2006年7月に報道された)の捏造を疑って日本経済新聞社に質問状を送った。瀬戸弘幸 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和天皇

    昭和天皇から見た靖国神社靖国神社

    1928年(昭和3年)3月8日、久宮祐子内親王が薨去。9月14日に赤坂離宮から宮城内へ移住した。11月10日、京都御所で即位の大礼を挙行。1929年(昭和4年)4月、即位後初の靖国神社親拝。9月30日、第三皇女・孝宮和子内親王が誕生した。昭和天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社清掃奉仕有志の会

    靖国神社清掃奉仕有志の会から見た靖国神社靖国神社

    皇居の勤労奉仕活動はあるのに靖国神社の勤労奉仕活動がないことに疑問を感じた高柳陽一、松崎一樹、五十嵐博臣、大竹伸右らによって設立された。現在の代表は鈴木信行。代表と事務長を除いて特定の会員をもたず、奉仕活動ごとに広く一般から参加者を募っている。靖国神社清掃奉仕有志の会 フレッシュアイペディアより)

  • 練兵館

    練兵館から見た靖国神社靖国神社

    文政9年(1826年)、九段坂下俎橋付近(現在の東京都千代田区内)に設立され、のちに九段坂上(現在の靖国神社境内)に移転した。幕末期には、現在の靖国神社の敷地の南西部一帯に百畳敷きの道場と三十畳敷きの寄宿所があり、黒船来航以来の尚武の気風もあって、隆盛を誇った。斎藤弥九郎でも終生10回中4回しか勝てなかったという実力を持つ岡田吉貞(2代目岡田十松。初代岡田十松の子)が客分として居り、斎藤に代わって岡田が指導することもあった。練兵館 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮田一五郎

    蓮田一五郎から見た靖国神社靖国神社

    蓮田 一五郎(はすだ いちごろう、天保4年3月5日(1833年4月24日) - 文久元年7月26日(1861年8月31日))は、幕末の水戸藩士。桜田門外の変の襲撃者(桜田烈士)の一人。水戸藩寺社方手代。名は正美。幼名は仙之介。市五郎は誤記とされる。墓所は茨城県水戸市松本町の常磐共有墓地。明治22年(1889年)5月靖国神社に合祀。贈正五位。蓮田一五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 招魂社競馬

    招魂社競馬から見た靖国神社靖国神社

    から1898年(明治31年)まで東京麹町区九段の招魂社(現在の靖国神社)境内にあった競馬場で行われていた競馬。日本人の手による最初の洋式競馬である(先に行われていた横浜や神戸の競馬は外国人によるもの)。招魂社競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た靖国神社靖国神社

    大韓民国は民主化が進み、1993年(平成5年)には朴正煕政権以来32年間続いていた軍事政権は消滅して、金泳三による文民政権に移行した。しかし、「反日カード」を外交問題・内政問題に利用するスタンスは軍部政権時代と変わらず、金泳三は日本海呼称問題や朝鮮総督府庁舎の取り壊しや竹島の実行支配など歴史問題で中国と連携して強硬な反日キャンペーンを行った。続いて1998年(平成10年)に発足した金大中政権は日本文化の受容や日本との関係改善に取り組み、平成14年の2002 FIFAワールドカップの日韓共催、マスコミが主導した韓流ブームにより文化面では友好ムードが高まった。しかし、政治面では竹島の領有権問題の表面化や、小泉純一郎首相の靖国神社参拝により、日韓関係は冷えた。2003年(平成15年)からの盧武鉉時代には、近隣諸国に対し強硬な外交姿勢を示すことが多くなり、日本だけでなく中国・米国との摩擦も高まった。2008年(平成20年)に李明博政権が発足した。李明博大統領は大阪府出身の月山明博という日本名があった在日韓国人で当初は親日の韓国大統領と見られていたが、2012年(平成24年)8月10日に韓国の歴代大統領として初めての竹島訪問による領土問題の激化や天皇に対する謝罪要求があり日韓関係が悪化した。2005年(平成17年)に日本の島根県議会で竹島の日条例が可決されて毎年2月22日が記念日となった。2010年(平成22年)8月10日に管内閣によって管談話が発表された。初の韓国女性大統領となった朴槿恵は中華人民共和国との関係を最重要視して、慰安婦像をアメリカ合衆国に設置するなど従軍慰安婦問題で日本を追及している。恒心 フレッシュアイペディアより)

1085件中 31 - 40件表示

「靖国神社」のニューストピックワード