777件中 31 - 40件表示
  • 靖国神社清掃奉仕有志の会

    靖国神社清掃奉仕有志の会から見た靖国神社靖国神社

    皇居の勤労奉仕活動はあるのに靖国神社の勤労奉仕活動がないことに疑問を感じた高柳陽一、松崎一樹、五十嵐博臣、大竹伸右らによって設立された。現在の代表は鈴木信行。代表と事務長を除いて特定の会員をもたず、奉仕活動ごとに広く一般から参加者を募っている。靖国神社清掃奉仕有志の会 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾人日本兵

    台湾人日本兵から見た靖国神社靖国神社

    1990年に厚生省が発表した統計によれば、1937年から1945年までに台湾総督府が徴用した軍属は126,750名、1942年から1945年までに従軍した軍人は80,433名の合計207,183名が日本軍に従軍し、その内15%にあたる30,306名が戦死または戦病死している。3万人余りの台湾人戦死者のうち、26,000人は東京の靖国神社に合祀されている。また台湾の新竹県北埔郷にある済化宮には33,000人の台湾人日本兵(行方不明者を含む)を祀っている。この中には元中華民国総統李登輝(日本名:岩里政男)の兄・李登欽(日本名:岩里武則)も含まれている。李登輝自身も日本陸軍の少尉として従軍している。台湾人日本兵 フレッシュアイペディアより)

  • 副島隆彦

    副島隆彦から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社については批判的である。 靖国神社への閣僚参拝を推し進めるグループを「カルト・オブ・ヤスクニ」と呼んで批判している。副島隆彦 フレッシュアイペディアより)

  • 萩生田光一

    萩生田光一から見た靖国神社靖国神社

    安倍晋三の忠実な側近で、下村博文、高市早苗、世耕弘成と共に、安倍が最も信頼する4人の議員のうちの一人でもある。2005年春の訪米、終戦の日の靖国参拝にも同行した。2008年の終戦の日にも安倍と共に、靖国神社に参拝を行っている。萩生田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 松平永芳

    松平永芳から見た靖国神社靖国神社

    松平永芳(まつだいら ながよし 1915年(大正4年)3月21日 - 2005年(平成17年)7月10日)は東京都出身の海軍軍人、陸上自衛官、神官。靖国神社第6代宮司(1978年 - 1992年)時代には、昭和殉難者(東京軍事裁判におけるA種戦犯容疑者、俗にA級戦犯)の合祀を実施したことで知られる。松平永芳 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤伸之

    佐藤伸之から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社 奉納演劇 「流れる雲よ」(2005年、脚色・演出)佐藤伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 華族ゆかりの人物・団体

    華族ゆかりの人物・団体から見た靖国神社靖国神社

    南部利昭 - 靖国神社宮司。伯爵・南部利英(大名華族)の三男。華族ゆかりの人物・団体 フレッシュアイペディアより)

  • 政教分離原則

    政教分離原則から見た靖国神社靖国神社

    日本の政治家による靖国神社への参拝は、この政教分離原則に反するという説政教分離原則 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学

    法政大学から見た靖国神社靖国神社

    本部及び多くの文系学部生が通う市ヶ谷キャンパスは古くから東京都の中心地である千代田区に位置する。外濠や皇居、北の丸公園、靖国神社付近に立地しており、都心にありながら緑も多く、閑静で落ち着いた雰囲気に包まれている。昭和後期に入ると郊外へとキャンパスを広げ、市ヶ谷・小金井・多摩の3キャンパス体制となり、サテライトキャンパスを除き全てのキャンパスが都内に立地している。法政大学 フレッシュアイペディアより)

  • 世界ウイグル会議

    世界ウイグル会議から見た靖国神社靖国神社

    2012年5月14日、世界ウイグル会議の第4回代表大会を東京都の憲政記念館で開催した(アジアでは初めての開催)。ラビア・カーディル議長は「中国の流血政策は激しさを増している。自治権を与えず、ウイグル人を絶滅に追い込んでいる」「日本は強い民主主義国家であり、自由と民主主義を求める私たちを支援してくれると思った」と語り、日本、イタリア、トルコの国会議員や欧米の人権団体なども参加した。同日、日本人戦没者に栄誉を奉げるためとしてラビア・カーディル代表による靖国神社への訪問も行われた。世界ウイグル会議 フレッシュアイペディアより)

777件中 31 - 40件表示

「靖国神社」のニューストピックワード