777件中 41 - 50件表示
  • 山谷えり子

    山谷えり子から見た靖国神社靖国神社

    平和靖国議員連盟の幹事長、神道政治連盟国会議員懇談会の副幹事長として首相の靖国神社参拝を求める運動を推進し、靖国神社や護国神社を頻繁に参拝しているほか、神社新報に「杜に想ふ」のタイトルでコラムを執筆中。山谷えり子 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た靖国神社靖国神社

    盟友の中曽根を強引に引退させた小泉純一郎政権に対しては極めて批判的であった。小泉首相の靖国神社参拝に際し、「もしもメルケル(ドイツ首相)がヒトラーの墓参りをしたらどうなるのか」「(靖国神社の)遊就館は非常に有害な場所であり、あれは閉鎖しなければならない。産経新聞を除いて日本のメディアは戦争の責任と靖国神社等の問題について重要な共通認識をもっている」「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。…もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す」と答えている。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄C56形蒸気機関車

    国鉄C56形蒸気機関車から見た靖国神社靖国神社

    現在、C56 31は靖国神社の遊就館で静態保存、C56 44は大井川鐵道で動態保存されている。44号機は、帰国後はオリジナルの姿への復元が行われたが、車両限界の関係から切り詰められた屋根(機関銃を乗せるためという説もあった)や、切り落とされた炭水車の一部などにタイ時代の面影が残っていた。大井川鐵道で「SL急行」に用いられた。その後の活躍は動態保存へ。国鉄C56形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 国家神道

    国家神道から見た東京招魂社靖国神社

    明治2年 (1869年)、東京招魂社(後の靖国神社)、楠木社(後の湊川神社)を創設。明治天皇は東京招魂社(後の靖国神社)に実質5千石(名目は1万石)の社領を「永代祭粢料」として与え、毎年の収入源とさせた。同年、宣教使を置く。天長節、神武天皇祭などを定め、全国的に遥拝式を実施。国家神道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本遺族会

    日本遺族会から見た靖国神社靖国神社

    当初の会則では「遺族の救済と相互扶助、以って戦争を防止し、世界の恒久平和を確立し、全人類の福祉の為に貢献」を目的とした。初代理事長(1948年から「会長」に改称)は貴族院議員・長島銀蔵。大谷藤之助(海軍中佐、元大本営参謀 靖国神社事務総長)の推薦を受けて就任。当時の本部は神奈川県厚生連盟内で、靖国内に連絡所が置かれた。日本遺族会 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社参拝に関しては「アジア人は靖国参拝に反対している」との立場から批判を行っており、情報の取捨選択には著しい傾向が見られる(例として、2004年(平成16年)4月4日の台湾団結連盟党首・蘇進強らの靖国参拝は一切取り扱わなかった一方で、同年6月14日の「台湾先住民が台湾戦没者の分祀を求めて靖国に抗議」は大きく報じている点など)。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居

    鳥居から見た靖国神社靖国神社

    神明鳥居に代表されるものは、柱や笠木は丸材を用いることもあるが、全体的に直線の部材が用いられる。神明鳥居は素朴な形式で、全体的に直線的である。笠木柱には丸材、貫には板材が用いられることが多い。笠木の下に島木がなく、貫は貫通せず、柱は地面に対し垂直に立てられている。伊勢鳥居とも言うように、伊勢神宮において現れたと考えられており、この類に外宮鳥居がある。この形式のバリエーションとして、貫に角材を用いたものが、靖国神社をはじめとする各地の護国神社で広く見られることから、特に靖国鳥居と区別することがある。鳥居 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼団体

    右翼団体から見た靖国神社靖国神社

    戦後の右翼運動の特徴として、「宗教右翼」の台頭も挙げられる。保守系、右派系思想を持つ宗教団体が直接、または間接的に政治団体を立ち上げたものである。母胎となる宗教団体が主要な資金源となっている。日本における右派系仏教団体には法華神道の流れを受けついだ佛所護念会教団、国柱会などを始めとして、神仏混交の色彩が強い教派が目立つ。キリスト教右派系団体のうちプロテスタント系の福音派や、韓国系の世界基督教統一神霊協会(国際勝共連合)は、反共、親米・親韓、親イスラエルなどを唱え、靖国神社を含む神社仏閣への参拝・参詣には「他宗教は偽の神・悪魔である」と否定的である。一方、キリストの幕屋など一部団体は、靖国神社に参拝している。右翼団体 フレッシュアイペディアより)

  • 小野田寛郎

    小野田寛郎から見た靖国神社靖国神社

    小野田に対し、政府は見舞金として100万円を贈呈するが、小野田は拒否する。拒否するも見舞金を渡されたので、小野田は見舞金と方々から寄せられた義援金の全てを、靖国神社に寄付している。天皇との会見も断り(自身が勝手に潜伏していたので、陛下は声の掛け様が無いだろうと判断)、小野田は戦闘で亡くなった島田と小塚の墓を参っている。小野田寛郎 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た靖国神社靖国神社

    昭和天皇が靖国神社へ親拝しなくなった理由を「三木武夫の私的参拝発言が原因であり、A級戦犯合祀問題は全く関係ない」と長年主張してきた。2006年(平成18年)7月に、昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を示したとされるメモ(富田メモ)が発見された事については、メモの信憑性を疑っており、また「政治に利用してはならない」等として、メモの影響で公人の靖国神社参拝に影響が出ることを懸念した。その後も信憑性についての疑いを捨てず、富田メモに関しては検証が必要と日本経済新聞に公開を求める主張をおこない、首相による靖国参拝を支持する立場も堅持している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

777件中 41 - 50件表示

「靖国神社」のニューストピックワード

  • 2017カレンダーブック

  • エリザベート TAKARAZUKA 20周年スペシャル・ガラ・コンサート

  • 快傑 えみちゃんねる