777件中 51 - 60件表示
  • 鳥肌実

    鳥肌実から見た靖国神社靖国神社

    数年前のラジオ番組での発言や雑誌の記事によると、自身は至ってノンポリであり政治関係にはそれほど興味がなく右翼的であるのはあくまで「芸風」のみだとされていた。だが後年在日特権を許さない市民の会代表の桜井誠や、日本を護る市民の会代表で創価学会への激しい敵愾心で知られる黒田大輔など、所謂行動する保守系団体の幹部とも交流を持ちイベントを共催している。2009年7月19日に桜井誠と共に行われたイベントの企画趣旨は「単なるエンターテイメントとしてではなく、来場していただいた方の何人かでも危機に直面している日本の現状に目を向けてもらい、行動を促せるような企画にしたい」であった。ほぼ毎年8月15日には靖国神社に参拝している。2011年の終戦の日には、反天連デモに対する在特会主催のカウンターデモに参加、演説を行っている。この演説で自身は皆に思われているような似非右翼ではないと言っており、ノンポリでは無くなったようである。鳥肌実 フレッシュアイペディアより)

  • 南部氏

    南部氏から見た靖国神社靖国神社

    南部利恭の長男で南部氏第42代当主の利祥は「日露戦争」で戦死し、利祥には子がなかったので、利恭の次男で利祥の弟の利淳が第43代当主を相続した。利淳には一男一女がいたが、長男の利貞は早世したために、長女の瑞子に公爵一条実輝の三男の利英が婿入りして第44代当主を相続した。第45代当主の南部利昭は利英の三男で、靖国神社の宮司を務めたが平成21年(2009年)1月7日死去。南部氏 フレッシュアイペディアより)

  • 弥生慰霊堂

    弥生慰霊堂から見た靖国神社靖国神社

    1877年(明治10年)に起きた西南戦争に出征して戦死した警察官(警視隊員)は名誉の戦死として東京招魂社(現靖国神社)に祀られた。しかし、凶悪犯逮捕や災害警備で殉職した警察官に対しては追悼すらなかった。1881年(明治14年)ごろから、警察・消防殉職者のための警視庁招魂社創建の議が唱えられ、1885年(明治18年)10月7日に「弥生神社」が創建された。この名称は本郷区(現文京区)向ヶ岡弥生町に創建されたことによるもので、最初に祀られたのは1871年(明治4年)以降の殉職者94柱及び特別功労者2柱の96柱であった。弥生慰霊堂 フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教

    キリスト教から見た靖国神社靖国神社

    戦前・戦中を通じ、キリスト教に対して社会の環境は厳しいものであった。キリスト教諸派に対する政府の統制は1930年代からとりわけ厳しさを増し、各教派とも難しい状態におかれた。キリスト教徒にも靖国神社参拝が強制され、解散を命じられた教派も出た。キリスト教 フレッシュアイペディアより)

  • 神社本庁

    神社本庁から見た靖国神社靖国神社

    例:鎌倉宮・靖国神社・日光東照宮・日光二荒山神社・伏見稲荷大社など神社本庁 フレッシュアイペディアより)

  • 三土修平

    三土修平から見た靖国神社靖国神社

    三土の靖国神社問題への強い関心は、靖国神社の宗教法人化を決定した1946年1月25日の閣議に祖父の三土忠造が内務大臣としてかかわっていたことについての、孫としての責任感からきている(『靖国問題の原点』251ページ)。また、愛媛大学在職中に愛媛玉串料訴訟があり、原告団長の安西賢誠も被告側憲法学者の百地章もともに知人であるため、両極の意見のはざまで自分には何が言えるのかを真剣に悩みつつ思索したためでもあるという。三土修平 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井誠 (活動家)

    桜井誠 (活動家)から見た靖国神社靖国神社

    自民党・民主党のいずれでもない第3の選択肢として、維新政党・新風に注目しているが2009年(平成21年)8月30日の総選挙の際には民主党への反発から自民党に仕方なく投票したと述べている。民主党については旧社会党系議員に対しては批判的だが、都議会民主党(いずれも当時)議員の土屋敬之と吉田康一郎は頻繁にデモや集会に来賓として出席している。日本共産党や社民党などの左派政党を敵視している。自民党政権については、福田康夫内閣を「左派」として攻撃する立場をとっていた。麻生内閣については、経済政策は評価しつつも、「自民党は自滅した」「田母神航空幕僚長を不当に罷免した」として否定的である。また、政治家の靖国神社への公式参拝を求め続けている。桜井誠 (活動家) フレッシュアイペディアより)

  • 安島帯刀

    安島帯刀から見た靖国神社靖国神社

    安島 信立(あじま のぶたつ、文化8年(1811年) - 安政6年8月27日(1859年9月23日))は、幕末に活躍した水戸藩の家老。安政の大獄で切腹を命じられた。維新後、靖国神社・護国神社・回天神社に合祀された。安島帯刀 フレッシュアイペディアより)

  • 周恩来

    周恩来から見た靖国神社靖国神社

    日本では勉学に励む他、友人と活発に交流して祖国の将来について語り合っている。また日比谷公園や靖国神社、三越呉服店や浅草など、各所を積極的に見てまわっている。1918年5月1日には靖国神社の大祭を見物し、「それを見てはなはだ大きな感慨を催す」。また6月2日にも游就館を訪れたことも日記に記している。日本社会や日本人についてもよく観察しており、これが知日派としてのベースをつくった。同年、留学生の一斉帰国運動も起きるが、周恩来は冷静な対応をしている。一旦中国に帰るが、再来日。帰国前の数ヶ月については記録もなく、よくわかっていない。苦渋の中で、酒に溺れがちだったという説もある。やがて、母校の南開学校が大学部を創設するということを知って、帰国を決意した。周恩来 フレッシュアイペディアより)

  • 1935年

    1935年から見た靖国神社靖国神社

    4月6日 - 満洲国皇帝溥儀が来日。靖国神社参拝 1935年 フレッシュアイペディアより)

777件中 51 - 60件表示

「靖国神社」のニューストピックワード