777件中 61 - 70件表示
  • 専修大学

    専修大学から見た靖国神社靖国神社

    現在では、7学部17学科・6大学院研究科を抱える、社会科学・人文科学の総合大学へと発展した。大学本部及び法学部生が通う神田キャンパスは、古くから東京都の中心地である千代田区の神田神保町に位置する。皇居や北の丸公園、靖国神社付近に立地しており、神田五大学とともにカルチエ・ラタンと呼ばれる学生街を形成している。戦後に入ると郊外へとキャンパスを広げ、神田・生田の2キャンパス体制となる。専修大学 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た靖国神社靖国神社

    児童ポルノ単純所持違法化、18歳未満を描写する創作物製作規制を強力に推進したとされる。2009年8月15日(終戦の日)に、麻生太郎内閣総理大臣を含む麻生内閣の他の閣僚が靖国神社参拝を見送る中、閣僚としてはただ1人参拝を行った。「国務大臣」の肩書で記帳し私人として参拝したと説明している。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た靖国神社靖国神社

    大韓民国は民主化が進み、1993年(平成5年)には朴正煕政権以来32年間続いていた軍事政権は消滅して、金泳三による文民政権に移行した。しかし、「反日カード」を外交問題・内政問題に利用するスタンスは軍部政権時代と変わらず、金泳三は日本海呼称問題や朝鮮総督府庁舎の取り壊しや竹島の実行支配など歴史問題で中国と連携して強硬な反日キャンペーンを行った。続いて1998年(平成10年)に発足した金大中政権は日本文化の受容や日本との関係改善に取り組み、平成14年の2002 FIFAワールドカップの日韓共催、マスコミが主導した韓流ブームや韓国料理(Kフード)の人気や宣伝など文化面では友好ムードが高まった。しかし、政治面では竹島の領有権問題の表面化や、小泉純一郎首相の靖国神社参拝により、日韓関係は冷えた。2003年(平成15年)からの盧武鉉時代には、近隣諸国に対し強硬な外交姿勢を示すことが多くなり、日本だけでなく中国・米国との摩擦も高まった。2008年(平成20年)に李明博政権が発足した。李明博大統領は大阪府出身の<月山明博>と云う日本名があった在日韓国人で当初は親日の韓国大統領と見られていたが、2012年(平成24年)8月10日に韓国の歴代大統領として初めての竹島訪問による領土問題の激化や天皇に対する謝罪要求があり日韓関係が悪化した。2005年(平成17年)に日本の島根県議会で竹島の日条例が可決されて毎年2月22日が記念日となった。2010年(平成22年)8月10日に管内閣によって管談話が発表された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 中村粲

    中村粲から見た靖國神社靖国神社

    1975年より、大東亜戦争開戦記念日12月8日に学生を引率して靖國神社に毎年参拝した。また、学生を引率して自衛隊体験入隊を実践した。中村粲 フレッシュアイペディアより)

  • 中村粲

    中村粲から見た靖国神社靖国神社

    他に主な役職は、憂国忌・日本李登輝友の会発起人、違法教科書訴訟原告団(教科書の南京事件、慰安婦記述の訂正を求める訴訟)・青年学生セミナー(靖国神社に集団参拝する組織)代表、「昭和の日」ネットワーク代表委員、大東亜聖戦大碑建立委員会副委員長、日本世論の会役員、日本再生ネットワーク顧問。またチャンネル桜・映画「南京の真実」・首相の靖国神社参拝を支持する会・教育再生・地方議員百人と市民の会賛同者。中村粲 フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見た靖国神社靖国神社

    歴史や政治思想に精通し、「武士道追求」として独自に右翼活動を展開している。以前から「天覧試合をやりたい」(当時の「天覧試合をやりたい」という発言は、修斗を、プロ野球や大相撲のように天皇に見に来てもらえるような立派なプロ競技にしたいという純粋な気持ちであって、近年の右翼的な発言とは画する。)「試合前は靖国神社におられる英霊に敬礼」「今の日本人に切腹する精神はない。こんな国では戦争には勝てない」等々の言動を繰り返し、戦前の日本軍を悪く言われると烈火のごとく怒ることは有名。佐山が20年前から使用していた八角形のリング(オクタゴン)は、天皇の玉座をイメージしたものであるという。ナチスについても「警察力を強化して泥棒を減らしたり、良いこともたくさんした」等と評価しているため、部分的に肯定しているとも言われるが、佐山本人はこのことを否定している。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • ネット右翼

    ネット右翼から見た靖国神社靖国神社

    コミュニケーション論研究者による操作的定義としては、大阪大学人間科学研究科准教授の辻大介による研究がある。辻はいわゆる「ネット右翼」の調査において、a)韓国・中国いずれにも親しみを感じない、b)「政府関係者の靖国神社公式参拝」「憲法9条第1項改正」「憲法9条第2項改正」「小中学校の式典での国旗掲揚・国歌斉唱」「小中学校での愛国心教育」の5項目すべてに賛成、c)政治・社会問題についてネット上で書き込みや議論をした、のすべての条件を満たす者を「ネット右翼」的とした。ただし、これはあくまで調査のための定義であり、非常に限定的な意味である。ネット右翼 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川二三子

    歌川二三子から見た靖国神社靖国神社

    2005年春に靖国神社能楽堂に歌を奉納、2009年現在まで毎年継続している。歌川二三子 フレッシュアイペディアより)

  • 九段北

    九段北から見た靖国神社靖国神社

    東京都千代田区の北西部に位置し、町域の西は新宿区(市谷田町)との区境にあたる。千代田区内では東部は西神田・神田神保町、南部は靖国通りを境に九段南、北部は富士見・飯田橋にそれぞれ接する。南側の北の丸公園とは近接するが境界線は接していない。当地中央部の二丁目から三丁目にかけて靖国神社の境内地が広がっている。他に高等学校などの学校や、オフィスビル・マンションなどが集まっている。一般住宅も少数だが見られる。九段北 フレッシュアイペディアより)

  • 半藤一利

    半藤一利から見た靖国神社靖国神社

    2006年7月20日に『日本経済新聞』が「昭和天皇が靖国神社A級戦犯合祀に不快感」と報じた際には、元資料となった「富田メモ」(宮内庁長官を務めた富田朝彦の日記メモ)を記事化前に秦郁彦らとともに鑑定し、これを本物と断定した。半藤一利 フレッシュアイペディアより)

777件中 61 - 70件表示

「靖国神社」のニューストピックワード