1085件中 61 - 70件表示
  • 愛媛県靖国神社玉串訴訟

    愛媛県靖国神社玉串訴訟から見た靖国神社靖国神社

    愛媛県靖国神社玉串訴訟(えひめけん やすくにじんじゃ たまぐしそしょう)とは、愛媛県知事が、戦没者の遺族の援護行政のために靖国神社などに対し玉串料を支出したことにつき争われた訴訟。最終的に最高裁が違憲判決を出した。愛媛県靖国神社玉串訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見た靖国神社靖国神社

    歴史や政治思想に精通し、「武士道追求」として独自に右翼活動を展開している。以前から「天覧試合をやりたい」(当時の「天覧試合をやりたい」という発言は、修斗を、プロ野球や大相撲のように天皇に見に来てもらえるような立派なプロ競技にしたいという純粋な気持ちであって、近年の右翼的な発言とは画する。)「試合前は靖国神社におられる英霊に敬礼」「今の日本人に切腹する精神はない。こんな国では戦争には勝てない」等々の言動を繰り返し、戦前の日本軍を悪く言われると烈火のごとく怒ることは有名。佐山が20年前から使用していた八角形のリング(オクタゴン)は、天皇の玉座をイメージしたものであるという。ナチスについても「警察力を強化して泥棒を減らしたり、良いこともたくさんした」等と評価しているため、部分的に肯定しているとも言われるが、佐山本人はこのことを否定している。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • 笠岡諸島

    笠岡諸島から見た靖国神社靖国神社

    北木島に産する花崗岩は「北木石」と呼ばれ、稲田石とあわせて「御影石の双璧」と評されている。北木石は大阪城の石垣や門で大規模に使用されているほか、花園東陵(統子内親王墓所)、豊臣秀吉の墓所、京都の五条大橋、明治神宮の橋、靖国神社の鳥居、伊勢神宮の石灯籠、薬師寺西塔、日本銀行の本店旧館、三越本店などで使われている。笠岡諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社法案

    靖国神社法案から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社法案(やすくにじんじゃほうあん)は、靖国神社を国家管理とすることを定めた日本の法律案。靖国神社法案 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社・日本大使館放火事件

    靖国神社・日本大使館放火事件から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社・日本大使館放火事件(やすくにじんじゃ・にほんたいしかんほうかじけん)とは、2011年12月26日に中国人が靖国神社を放火し、さらに翌年1月に在大韓民国日本国大使館に火炎瓶を投擲した事件。日中韓政府間の外交問題となったが、中国の要請に応じた韓国が日韓犯罪人引渡し条約に抵触しない「政治犯」と認定し、犯人は中国へ送還された(日中間には犯罪人引渡し条約がない)。靖国神社・日本大使館放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • 南部氏

    南部氏から見た靖国神社靖国神社

    明治期中頃からは旧臣の家系で政友会の実力者であった原敬が、南部諸家の家政に対する助言をしばしば行うようになった。明治29年(1896年)には八戸氏を称していた根城南部氏(遠野南部氏)が南朝の天皇への忠節を賞して特旨をもって華族に列せられ、当主の南部行義は男爵とされた。遠野南部家は明治維新以来財政が窮乏し、伯爵家から援助が行われている。南部利恭の長男で南部氏第42代当主の利祥は日露戦争で戦死し、利祥には子がなかったので、利恭の次男で利祥の弟の利淳が第43代当主を相続した。利淳には一男一女がいたが、長男の利貞は早世したために、長女の瑞子に公爵一条実輝の三男の利英が婿入りして第44代当主を相続した。第45代当主の南部利昭は利英の三男で、靖国神社の宮司を務めたが平成21年(2009年)1月7日死去。南部氏 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た靖国神社靖国神社

    東アジア外交の立て直し(在任中は靖国神社参拝を控え、日中韓首脳同士が常時対話が可能な「アジアホットライン」の構築)谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 傍論

    傍論から見た靖国神社靖国神社

    靖国神社参拝訴訟 大阪高裁判決 2005年9月30日傍論 フレッシュアイペディアより)

  • 曽野綾子

    曽野綾子から見た靖国神社靖国神社

    クリスチャンの立場からか、靖国神社に代わる国立追悼施設建設に賛成している。個人としては靖国神社に参拝しており、2007年6月に李登輝が靖国神社に参拝した際、夫・三浦朱門と共に同行した。曽野綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪砲兵工廠

    大阪砲兵工廠から見た靖国神社靖国神社

    当時、大阪砲兵工廠(大阪陸軍造兵廠)はアジア最大の規模を誇り、陸軍唯一の大口径火砲の製造拠点であった。主に火砲・戦車・弾薬類を開発・製造していた。また、鋳造・金属加工分野では当時の日本においては最先端の技術水準を持っており、軍需だけでなく鋳鉄管や橋梁といった民需も受注していた。東京の靖国神社にある青銅製の第二鳥居は、1887年(明治20年)に大阪砲兵工廠で鋳造されたものであり、現存の靖国神社の全4基の鳥居の内では最も古く、また青銅製の鳥居として日本一の大きさを誇っている。日本で初めて製造された鋳鉄管を用いた大坂城天守閣南西側の内堀に架かる水道管(現存)も、大阪砲兵工廠で製造されたものである。大阪砲兵工廠 フレッシュアイペディアより)

1085件中 61 - 70件表示

「靖国神社」のニューストピックワード