777件中 71 - 80件表示
  • 招魂社

    招魂社から見た靖国神社靖国神社

    東京招魂社は1879年(明治12年)に明治天皇の命名により靖国神社と改称。地方の招魂社は1939年(昭和14年)護国神社と改称。そういういきさつがあるので、明治末期になっても靖国神社という名称よりも、招魂社という名で庶民には親しまれていた。(夏目漱石の『吾輩は猫である』の中に幼い娘の発言に「招魂社」が登場する。招魂社 フレッシュアイペディアより)

  • 招魂祭

    招魂祭から見た靖国神社靖国神社

    近代に新しく招魂社・靖国神社などで死者に対して始められた「招魂祭」(しょうこんさい)については靖国神社参照。招魂祭 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の政治

    1985年の政治から見た靖国神社靖国神社

    8月15日 - 中曽根康弘首相、靖国神社を公式参拝。1985年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国

    靖国から見た靖国神社靖国神社

    靖国 フレッシュアイペディアより)

  • 鎮霊社

    鎮霊社から見た靖国神社靖国神社

    鎮霊社 フレッシュアイペディアより)

  • 多賀神社 (松山市)

    多賀神社 (松山市)から見た靖国神社靖国神社

    一時期、招魂社(後の愛媛縣護國神社)が遷座されていたが、招魂社創建の際、宮司堀辯一郎の尽力によって招魂社に靖国神社の分霊を受けている。(これは靖国神社としても昭和44年(1969年)の創立100周年に資料を整理した際に事実が判明し、全国で唯一の例である。)多賀神社 (松山市) フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥ヶ淵緑道

    千鳥ヶ淵緑道から見た靖国神社靖国神社

    千鳥ヶ淵周辺には約260本の桜の木があり、都内有数の桜の名所として知られている。開花期間中に行われる千代田さくら祭りでは夜になると千鳥ヶ淵緑道の桜にライトアップが施され、お堀の水面に桜が映し出される。そのため桜の咲いている時期は大変に混みあい、緑道内での花見は立ち止まらずに歩きながらするよう促される。また、靖国通りを挟んで接する靖国神社も桜の名所であり、そちらでは場所取りをしての花見が可能で出店も出ている。尚、千代田区はこれらの桜を守り、次世代に引き継ぐため「区の花さくら再生計画」を行っており、桜についての勉強や調査、再生作業、資金援助などを行う「さくらサポーター」を募集している。千鳥ヶ淵緑道 フレッシュアイペディアより)

  • 大東亜文学者大会

    大東亜文学者大会から見た靖国神社靖国神社

    出席者の当初の候補には中国、仏領インドシナ、インドネシア、ビルマ、フィリピンなどの文化人が挙げられていた。結局満州、蒙古、中華民国(南京の汪兆銘政権のこと)の3国の代表を招集することとなり、出席者は日本57名(台湾、朝鮮の9名を含む)、満蒙華代表計21名。満蒙華の代表団は11月1日に来日し、その日に宮城、明治神宮参拝、翌日も靖国神社参拝、その他の見学コースを回った。大東亜文学者大会 フレッシュアイペディアより)

  • 朱雀操

    朱雀操から見た靖国神社靖国神社

    新政府では朱雀らの身分を武士から平民に落し罪人として処刑、尊王攘夷の志士としての経歴を持ちながら、殉国の志士を記した殉難録稿には掲載されず、靖国神社にも祀られていない。墓所は京都市東山区霊山墓地。朱雀操 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎孫四郎

    川崎孫四郎から見た靖国神社靖国神社

    死後、贈正五位を贈位され、靖国神社に合祀される。1969年(昭和44年)に大阪市天王寺区生玉町の孫四郎自刃の地に顕彰が建てられている。川崎孫四郎 フレッシュアイペディアより)

777件中 71 - 80件表示

「靖国神社」のニューストピックワード