1085件中 81 - 90件表示
  • 大野俊康

    大野俊康から見た鎮霊社靖国神社

    1992年(平成4年)4月1日、靖國神社第7代宮司( - 1997年(平成9年)5月20日)。靖國神社宮司就任当初に、鎮霊社の存在を知り、一般参拝者が参拝出来ず、また社としても小規模な為、社を造営し直して、一般参拝者が参拝出来るお社にしてはどうかと、部長会などで提案。「鎮霊社に関する調査小委員会」が出来た。しかし、総代会で反発を受け、松平永芳前宮司から鎮霊社に対する思いを、『宮司願い』として受け取るに至り、その経緯・趣旨を内部で研究調査させた。調査の結果、小委員会は鎮霊社の公開を「否」としたが、2006年(平成18年)10月12日から一般参拝が可能となった。大野俊康 フレッシュアイペディアより)

  • 北木島

    北木島から見た靖国神社靖国神社

    北木島を含む瀬戸内海の島々は良質の花崗岩を産出している。江戸幕府が豊臣氏を滅ぼした後に建造した、大阪城の石垣の巨石も小豆島などから切り出した花崗岩が使われている。この大阪城の建造に際し北木島からも石垣に用いられる石材を搬出したとされる。江戸時代末の1863年には、京都を異国の侵略から守るために建造された「西宮お台場砲台」の石材を供出。1879年には横浜正金銀行の石材を受注、1896年には北木島の石材を使用した日本銀行本店が竣工し、建築用石材としての北木石の名が広まる。1932年には靖国神社の大鳥居と大石灯籠の石材を積み出した。第二次世界大戦をはさむしばらくの期間、石材産業は一次衰退したが、戦後の復興・経済成長期には再度著しく発展した。最盛期の1957年には花崗岩を採掘する丁場の数が127箇所あった。北木島 フレッシュアイペディアより)

  • 憲兵 (日本軍)

    憲兵 (日本軍)から見た靖国神社靖国神社

    File:Hitlerjugend visit to Yasukuni Shrine State Shintō wreath procession kannushi 1938.jpg|1938年(昭和13年)、靖国神社を参拝中のヒトラーユーゲント団員を警護する憲兵上等兵(左端)憲兵 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

  • 牛島満

    牛島満から見た靖国神社靖国神社

    1933年、牛島が幼年学校に在学中、区隊長を務めていた山岡重厚陸軍省軍務局長の推薦により、牛島は陸軍省高級副官に就任。荒木貞夫、林銑十郎、川島義之と三代の陸軍大臣に仕えた。牛島が陸軍大臣に仕えていた時は、陸軍内での派閥争いがもっとも激烈な時期であったが、牛島が仕えた3陸相はいずれもその派閥の頂点に立つ人ばかりで、武人を絵に描いたような牛島だからこそ、この時期の陸軍大臣副官を務めあげることができたとも言われた。荒木によれば「大きくことを処理し、いわゆる小役人的な事務をとらないが、諸事に細心の注意がゆきとどいている」仕事ぶりで、荒木が在任中に病臥した際も、牛島が荒木の病中病後の処理をしっかりと取り仕切ったので安心して静養できたと回想している。また歴代の高級副官の中でもっとも靖国神社の祭典に力を入れていたとの神社側の証言もあり、幕末動乱期から第一次上海事変まで靖国神社に合祀されている戦没者の一覧表『靖国神社忠魂史』を編纂できたのは牛島の力に寄るところが大きかった。牛島満 フレッシュアイペディアより)

  • ネット右翼

    ネット右翼から見た靖国神社靖国神社

    コミュニケーション論研究者による操作的定義としては、社会学者で大阪大学人間科学研究科准教授の辻大介による研究がある。辻はいわゆる「ネット右翼」の調査において、a)韓国・中国いずれにも親しみを感じない、b)「政府関係者の靖国神社公式参拝」「憲法9条第1項改正」「憲法9条第2項改正」「小中学校の式典での国旗掲揚・国歌斉唱」「小中学校での愛国心教育」の5項目すべてに賛成、c)政治・社会問題についてネット上で書き込みや議論をした、のすべての条件を満たす者を「ネット右翼」的と見なした。ただし、これはあくまで調査のための定義にすぎず、公式的なものではない。ネット右翼 フレッシュアイペディアより)

  • 太田 光

    太田光から見た靖国神社靖国神社

    2006年に「太田が靖国神社の取り壊しを求める発言をした」「侮日発言をした」と2ちゃんねるでデマを流され、真に受けた右翼の若島和美らに事務所へ押しかけられた事がある。 なお、後に太田は靖国神社への参拝やA級戦犯の合祀に理解を示す発言をしており、対談相手の大橋巨泉と対立している。また、太田は「なにより、東京や日本が好きだ」「やっぱり俺は日本という国が好きだ」といった発言もしている。太田光 フレッシュアイペディアより)

  • 反米保守

    反米保守から見た靖国神社靖国神社

    アメリカが日本に対して命令的な態度を取るほど、干渉に反発して反米保守が拡大し、逆に日米関係が円滑に進むほど、親米保守が拡大してきた。親米保守と反米保守は共に保守勢力であり、「アメリカを好きか嫌いか」という国民感情によって保守のなかの反米派の勢力図は移り変わる面がある。たとえば近年では、児童ポルノ法のアニメやマンガへの表現規制問題や靖国神社参拝問題、クジラ漁問題などのアメリカによる干渉で、インターネットを中心に反米保守的な主張が拡大し、親米派は懸念を示している。日本に限らず、外国からの干渉は例え人権問題であっても国民の感情的な反発を招きやすい。干渉がアドバイスを言ってるつもりでも、「優れた私達が未熟な貴方達を指導してあげます」といった差別感情や主従関係を相手国民に抱かせてしまいがちだからである。反米保守 フレッシュアイペディアより)

  • 独立総合研究所

    独立総合研究所から見た靖国神社靖国神社

    2011年6月からスタートした会員制のクラブ。「能動的に考える事が出来る国民」として、青山繁晴と現場を歩く事を目的に国会、総理大臣官邸、陸上、海上、航空自衛隊駐屯地、関西電力美浜発電所の見学、靖国神社での昇殿参拝等を通し、現場で働いている人間と議論をする。2015年7月時点で、会員数は600人、新規会員のキャンセル待ちが5000人を超えてる状態で、キャンセル待ちを全部入会案内しない理由は、「青山繁晴と触れ合う機会が時間的に不可能になる」と総務部の見解を示しいている。独立総合研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼頭恭一

    鬼頭恭一から見た靖国神社靖国神社

    昭和15年(1940年)4月、鬼頭恭一は田園調布の親族・佐藤家に居候を始め、東京音楽学校作曲科入学を目指して勉強を重ねていた。翌16年12月、日本は米英と開戦。17年2月にはビルマ方面に従軍していた従兄・正宏の戦死が伝えられる。恭一はただちに鎮魂歌 (レクイエム)を作曲し、故人に捧げた。アダージョ・グラチオーソ (優美にゆっくりと)と記された、楽器指定のない16小節のコラール風小品。自筆譜は現在、靖国神社・遊就館に所蔵されている。鬼頭恭一 フレッシュアイペディアより)

  • 国家神道

    国家神道から見た東京招魂社靖国神社

    明治2年 (1869年)、東京招魂社(後の靖国神社)、楠木社(後の湊川神社)を創設。明治天皇は東京招魂社に実質5千石(名目は1万石)の社領を「永代祭粢料」として与え、毎年の収入源とさせた。同年、宣教使を置く。天長節、神武天皇祭などを定め、全国的に遥拝式を実施。国家神道 フレッシュアイペディアより)

1085件中 81 - 90件表示

「靖国神社」のニューストピックワード