前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
504件中 1 - 10件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た中曽根康弘

    1985年(昭和60年)8月15日:中曽根康弘内閣総理大臣が、靖国神社に公式参拝と称して参拝。この時に初めて「首相の靖国神社参拝」に中華人民共和国から抗議を受ける。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た松原仁

    第2部の「靖国のこころ?追悼と感謝の集い?」は、「終戦60年・日本への提言」として石原慎太郎、古屋圭司、衛藤晟一、山谷えり子、松原仁、西村眞悟、野村有信(靖国神社に参拝する全国地方議員の会)、西尾幹二、出来山双一、イドリスノ・マジッド(世界イスラム連盟)、金美齢が提言を述べた。また、英霊に捧げる歌としてつのだ☆ひろ・今尾滋・あべまりあ・三枝万祐・長野安恒が歌を歌った。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見たA級戦犯

    その後、1975年には真言宗醍醐派品川寺僧侶仲田順和(のち醍醐寺第百三世座主)が教皇パウロ6世に東京裁判で戦犯となったものへのミサを行うことを依頼すると、教皇はミサを約束する。パウロ6世は1978年に死亡するが、1980年5月21日、教皇ヨハネ・パウロ2世がパウロ6世の遺志を引き継ぎ、A級戦犯・BC級戦犯として処刑された人々へのミサがサン・ピエトロ大聖堂で行われ、1068柱の位牌が奉納された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見たローマ教皇庁

    1932年(昭和7年)、上智大生靖国神社参拝拒否事件が起きる。この事件を受けて、ローマ教皇庁福音宣教省(長官はピエトロ・フマゾーニ・ビオンディ枢機卿)が1936年(昭和11年)に訓令「祖国に対する信者のつとめ(Pluries Instanterque)」を駐日教皇庁使節パウロ・マレラ大司教に宛てて送り、愛国心の表明としての靖国神社参拝が容認される。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た大原康男

    第1部の「第19回戦没者追悼中央国民集会」は1986年(昭和61年)から毎年この日に行われ、大原康男の司会による開会の辞の後、国歌君が代斉唱・靖国神社拝礼が行われた。1945年(昭和20年)8月15日正午に放送された「終戦の詔書」(別称「玉音放送」)を拝聴、のち主催者の挨拶が行われた。のち「各界からの提言」としてこの年は平沼赳夫、長谷川三千子、クライン孝子、小野田寛郎が提言を行った。正午の時報とともに戦没者への黙禱を行い、政府主催の全国戦没者追悼式の実況放送から勅語を聴いた。その後、6月27・28両日に行われた今上天皇と皇后美智子のサイパン行幸啓の報告等がなされ、最後に「海ゆかば」を斉唱し、第1部は終了した。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た大村益次郎

    戊辰戦争終戦後の1868年(慶応4年)旧暦6月2日に、東征大総督有栖川宮熾仁親王が戦没した官軍(朝廷方)将校の招魂祭を江戸城西丸広間において斎行したり、同年旧暦5月10日に太政官布告で京都東山(現京都市東山区)に戦死者を祀ることが命ぜられたり(現京都霊山護国神社)、同旧暦7月10・11の両日には京都の河東操錬場において神祇官による1853年(嘉永6年)以降の殉国者を慰霊する祭典が行われる等、幕末維新期の戦没者を慰霊、顕彰する動きが活発になり、その為の施設である招魂社創立の動きも各地で起きた。それらを背景に大村益次郎が東京に招魂社を創建することを献策すると、明治天皇の勅許を受けて1869年(明治2年)旧暦6月12日に現社地での招魂社創建が決定され、同月29日(新暦8月6日)に五辻安仲が勅使として差遣され、時の軍務官知事仁和寺宮嘉彰親王を祭主に戊辰の戦没者3,588柱を合祀鎮祭、「東京招魂社」として創建された。但し、創祀時は未だ仮神殿の状態であり、本殿が竣工したのは1872年(明治5年)であった。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た明治天皇

    正式な表記は「14px國神社(「靖」の旁の「青」の下部が「円」、国は旧字体)」。神社名にある「靖国」は『春秋左氏伝』第6巻僖公23年秋条の「吾以靖国也(吾以つて国を靖んずるなり)」を典拠として明治天皇が命名したもので、1879年(明治12年)に改称された。当初の東京招魂社の「招魂社」は「在天の神霊を一時招祭するのみなるや聞こえて万世不易神霊厳在の社号としては妥当を失する」可能性があるために廃されたというが、名称変更後も「招魂祭」は続けられている。因みに同年6月16日の「社号改称・社格制定ノ祭文」には「赤き直き真心を以て家を忘れ身を擲(なげう)ちて各(おの)も各も死亡(みまかり)にし其(その)高き勲功に依りて大皇国をば安国と知食(しろしめ)すが故に靖国神社と改称(あらためとなえ)」とある。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た小林よしのり

    著者:大原康男、小林よしのり、小堀桂一郎、中西輝政、西尾幹二、長谷川三千子、百地章靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た西村眞悟

    第2部の「靖国のこころ?追悼と感謝の集い?」は、「終戦60年・日本への提言」として石原慎太郎、古屋圭司、衛藤晟一、山谷えり子、松原仁、西村眞悟、野村有信(靖国神社に参拝する全国地方議員の会)、西尾幹二、出来山双一、イドリスノ・マジッド(世界イスラム連盟)、金美齢が提言を述べた。また、英霊に捧げる歌としてつのだ☆ひろ・今尾滋・あべまりあ・三枝万祐・長野安恒が歌を歌った。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た石原慎太郎

    第2部の「靖国のこころ?追悼と感謝の集い?」は、「終戦60年・日本への提言」として石原慎太郎、古屋圭司、衛藤晟一、山谷えり子、松原仁、西村眞悟、野村有信(靖国神社に参拝する全国地方議員の会)、西尾幹二、出来山双一、イドリスノ・マジッド(世界イスラム連盟)、金美齢が提言を述べた。また、英霊に捧げる歌としてつのだ☆ひろ・今尾滋・あべまりあ・三枝万祐・長野安恒が歌を歌った。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
504件中 1 - 10件表示

「靖国神社」のニューストピックワード