504件中 21 - 30件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た夏目漱石

    1905年(明治38年)から2年間、雑誌『ホトトギス』に連載された夏目漱石の『吾輩は猫である』では、幼い女の子達の会話に、それぞれが「招魂社に嫁に行く」と話しているシーンが在る。当時は既に「靖国神社」と改称されているはずであるが、古い名で馴染まれていた様子が窺(うかが)える。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た屋山太郎

    屋山太郎『なぜ中韓になめられるのか』(2005年9月、扶桑社)ISBN 459405028X靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た上坂冬子

    上坂冬子『戦争を知らない人のための靖国問題』(2006年3月、文春新書)ISBN 4166604988靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た二葉百合子

    「九段の母」(塩まさる、二葉百合子ほか)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た坂本龍馬

    幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されている。これは戊辰戦争における新政府軍側の戦没者を契機として創祀された事情から戊辰以降の戦没者を対象とする合祀基準を、嘉永6年に遡らせたためである。それに対して、戊辰戦争での旧幕府軍の兵士や、奥羽越列藩同盟の兵士、新選組や彰義隊などの旧幕臣の戦死者は祀られていない。ただし、禁門の変で長州藩勢との戦いで戦死した会津藩兵らは、朝廷(天皇)を守護したとして祀られている。(また長州藩はこの禁門の変では賊軍とされているが、戦死(実際は自害)した久坂玄瑞などは合祀されている。)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た小泉純一郎

    2006年(平成18年)8月15日:小泉純一郎内閣総理大臣が参拝。中曽根康弘内閣総理大臣以来21年ぶりの「8月15日参拝」となる。以後8月15日に限らず「首相の靖国神社参拝」が途絶える。これは、中国との外交上の事件を引き起こした。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た日本の警察官

    一方で神社のあり方や存在に反対する者(例えばA級戦犯合祀に反対する諸派)も多数集まり、参拝者の一部と境内や周辺で小競り合いを起こすようなこともある。そのため、一般の警察官に加え、プロテクターを装備した多数の警視庁機動隊員により日本武道館・神社周辺が厳重に警備される。また、各地の右翼団体や外国人のほか軍装したコスプレイヤー(殆どの者が戦後世代の軍隊、自衛隊未経験者)、国内外のマスメディアも数多く取材に訪れ、一年のうちで最も注目を集め、かつ最も騒々しくなる日となっている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た小野田寛郎

    第1部の「第19回戦没者追悼中央国民集会」は1986年(昭和61年)から毎年この日に行われ、大原康男の司会による開会の辞の後、国歌君が代斉唱・靖国神社拝礼が行われた。1945年(昭和20年)8月15日正午に放送された「終戦の詔書」(別称「玉音放送」)を拝聴、のち主催者の挨拶が行われた。のち「各界からの提言」としてこの年は平沼赳夫、長谷川三千子、クライン孝子、小野田寛郎が提言を行った。正午の時報とともに戦没者への黙禱を行い、政府主催の全国戦没者追悼式の実況放送から勅語を聴いた。その後、6月27・28両日に行われた今上天皇と皇后美智子のサイパン行幸啓の報告等がなされ、最後に「海ゆかば」を斉唱し、第1部は終了した。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た山本五十六

    被祀者の遺骨・位牌などはない。まず真っ暗闇の夜に氏名、軍における所属・階級、位階、勲等などを筆書きし、「人霊」を「霊璽簿(れいじぼ)」(旧称「祭神簿」)と称される名簿に移す。次に靖国神社の神体とされる鏡に「霊璽簿」を写し、合祀祭を行うことで「人霊」を「神霊」へと化す。このようにして「御霊(みたま)」を招来し、身分、職業、年齢、性別にかかわりなく、手厚く祀っているという。祭神は氏名の最後に「命(みこと)」または「媛命(ひめのみこと)」を付し、例えば山本五十六だと「山本五十六命(やまもといそろくのみこと)」の様に呼称する。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た凸版

    この紙幣は、硬貨の発行年と同様に1942年(昭和17年)から1945年(昭和20年)まで4つの発行年号が記載されている。また最初の昭和17年銘は凸版5色刷りの高級な印刷方法を用いていたが、最後の昭和20年銘(実際には戦後になった翌年発行)は印刷に用いる資材の枯渇のためオフセット印刷に切り替えられている。靖国神社が描かれてはいるがGHQからは大目にみられて発行と流通が続けられたが、硬貨が発行されるようになったために1948年(昭和23年)8月31日を以て廃止された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

504件中 21 - 30件表示

「靖国神社」のニューストピックワード