504件中 31 - 40件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た凸版印刷

    靖国神社を描いた紙幣として小額政府紙幣がある。これは1938年(昭和13年)以降日本政府が50銭硬貨に使われていた銀を戦略物資として温存するために、富士山を描いた昭和13年銘のある政府紙幣に置き換えたものである。この紙幣では凹版印刷が用いられていたが、1942年(昭和17年)になって通貨需要が増大したため、民間の凸版印刷株式会社に製造させ、その際に靖国神社を描く紙幣に変更された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た富国生命

    大燈籠 - 日本一の大きさの燈籠。1935年(昭和10年)に富國徴兵保険(現富国生命)が奉納した。九段下駅側から右側の燈籠には日清戦争から満州事変までの旧海軍の戦闘場面が描かれ、左側の燈籠には同じく日清戦争から満洲事変までの旧陸軍の戦闘場面が描かれている。終戦後、GHQによって撤去させられそうになったが免れた。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た講談社

    伊藤智永『奇をてらわず―陸軍省高級副官・美山要蔵の昭和』(2009年3月、講談社靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た日本赤十字社

    国家総動員法に基づく徴用または協力者中の死没者(学徒・徴用工・女子挺身隊員・報国隊員・日本赤十字社救護看護婦)。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た東京地下鉄

    最寄り駅:東京地下鉄(東京メトロ)半蔵門線・東西線、東京都交通局(都営地下鉄)新宿線、「九段下駅」下車「1番出口」より徒歩1分。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た長谷川三千子

    第1部の「第19回戦没者追悼中央国民集会」は1986年(昭和61年)から毎年この日に行われ、大原康男の司会による開会の辞の後、国歌君が代斉唱・靖国神社拝礼が行われた。1945年(昭和20年)8月15日正午に放送された「終戦の詔書」(別称「玉音放送」)を拝聴、のち主催者の挨拶が行われた。のち「各界からの提言」としてこの年は平沼赳夫、長谷川三千子、クライン孝子、小野田寛郎が提言を行った。正午の時報とともに戦没者への黙禱を行い、政府主催の全国戦没者追悼式の実況放送から勅語を聴いた。その後、6月27・28両日に行われた今上天皇と皇后美智子のサイパン行幸啓の報告等がなされ、最後に「海ゆかば」を斉唱し、第1部は終了した。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た筑波藤麿

    本殿南の廻廊外に元宮と鎮霊社が並び建つ。元宮は幕末期に京都で造られた小祠を1931年(昭和6年)に移祠したもの。靖国神社の前身との意味から「元宮」と称される。鎮霊社は1965年(昭和40年)7月に当時の筑波藤麿宮司の発案で、嘉永6年以降の戦争や事変で国に殉じたとされながらも本殿においては合祀対象外となった御霊と、諸外国の戦没者の御霊の2座を祀る為に創祀された。かつては両社は一般には公開されておらず、参拝もできない状態が長く続いていたが、2006年(平成18年)10月12日に拝殿脇から参道が設けられ、一般参拝が可能になった。なお、鎮霊社に関して靖国神社では「鎮霊社の御祭神は奉慰の対象だが、御本殿の御祭神は奉慰顕彰の対象」としており、本殿祭神とは差をつけているが、靖国神社創建の本義から見て靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た西尾幹二

    第2部の「靖国のこころ?追悼と感謝の集い?」は、「終戦60年・日本への提言」として石原慎太郎、古屋圭司、衛藤晟一、山谷えり子、松原仁、西村眞悟、野村有信(靖国神社に参拝する全国地方議員の会)、西尾幹二、出来山双一、イドリスノ・マジッド(世界イスラム連盟)、金美齢が提言を述べた。また、英霊に捧げる歌としてつのだ☆ひろ・今尾滋・あべまりあ・三枝万祐・長野安恒が歌を歌った。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た百地章

    百地章『靖国と憲法』(2003年11月、成文堂選書)ISBN 4792303664靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た松平永芳

    靖国神社は単立神社として神社本庁との包括関係に属していない。これは、「靖国神社は日本国の護持の神社であり、いつかは国に返すべきなので、特定の宗教法人の包括下に入るべきではない」という靖国神社・神社本庁双方の判断によるものである。このような経緯のため、靖国神社と神社本庁とは包括・被包括の関係にないながらも密接な協調関係を保っている。例えば神社本庁は靖国神社崇敬奉賛会の法人会員となっている。神社本庁に属さない神社であるため、宮司以下の神職は神社本庁の神職の資格を持った人物である必要はない。例えば第6代宮司の松平永芳はもともと神職ではなかった。この場合、祭式などの研修をまず受ける事になる。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

504件中 31 - 40件表示

「靖国神社」のニューストピックワード