591件中 31 - 40件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た山本五十六

    被祀者の遺骨・位牌などはない。まず真っ暗闇の夜に氏名、軍における所属・階級、位階、勲等などを筆書きし、「人霊」を「霊璽簿(れいじぼ)」(旧称「祭神簿」)と称される名簿に移す。次に靖国神社の神体とされる鏡に「霊璽簿」を写し、合祀祭を行うことで「人霊」を「神霊」へと化す。このようにして「御霊(みたま)」を招来し、身分、職業、年齢、性別にかかわりなく、手厚く祀っているという。祭神は氏名の最後に「命(みこと)」または「媛命(ひめのみこと)」を付し、例えば山本五十六だと「山本五十六命(やまもといそろくのみこと)」の様に呼称する。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た富国生命

    大燈籠 - 日本一の大きさの燈籠。1935年(昭和10年)に富國徴兵保険(現富国生命)が奉納した。九段下駅側から右側の燈籠には日清戦争から満州事変までの旧海軍の戦闘場面が描かれ、左側の燈籠には同じく日清戦争から満洲事変までの旧陸軍の戦闘場面が描かれている。終戦後、GHQによって撤去させられそうになったが免れた。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た講談社

    伊藤智永『奇をてらわず?陸軍省高級副官・美山要蔵の昭和』(2009年3月、講談社/『靖国と千鳥ケ淵 A級戦犯合祀の黒幕にされた男』 2016年6月、講談社+α文庫)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た凸版

    この紙幣は、硬貨の発行年と同様に1942年(昭和17年)から1945年(昭和20年)まで4つの発行年号が記載されている。また最初の昭和17年銘は凸版5色刷りの高級な印刷方法を用いていたが、最後の昭和20年銘(実際には戦後になった翌年発行)は印刷に用いる資材の枯渇のためオフセット印刷に切り替えられている。靖国神社が描かれてはいるがGHQからは大目にみられて発行と流通が続けられたが、硬貨が発行されるようになったために1948年(昭和23年)8月31日を以て廃止された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た凸版印刷

    靖国神社を描いた紙幣として小額政府紙幣がある。これは1938年(昭和13年)以降日本政府が50銭硬貨に使われていた銀を戦略物資として温存するために、富士山を描いた昭和13年銘のある政府紙幣に置き換えたものである。この紙幣では凹版印刷が用いられていたが、1942年(昭和17年)になって通貨需要が増大したため、民間の凸版印刷株式会社に製造させ、その際に靖国神社を描く紙幣に変更された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た日本赤十字社

    国家総動員法に基づく徴用または協力者中の死没者(学徒・徴用工・女子挺身隊員・報国隊員・日本赤十字社救護看護婦)。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た東京地下鉄

    最寄り駅:東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線 九段下駅 下車「1番出口」より徒歩1分。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た筑波藤麿

    本殿南の廻廊外に元宮と鎮霊社が並び建つ。元宮は幕末期に京都で造られた小祠を1931年(昭和6年)に移祠したもの。靖国神社の前身との意味から「元宮」と称される。鎮霊社は1965年(昭和40年)7月に当時の筑波藤麿宮司の発案で、嘉永6年以降の戦争や事変で国に殉じたとされながらも本殿においては合祀対象外となった御霊と、諸外国の戦没者の御霊の2座を祀るために創祀された。かつては両社は一般には公開されておらず、参拝もできない状態が長く続いていたが、2006年(平成18年)10月12日に拝殿脇から参道が設けられ、一般参拝が可能になった。なお、鎮霊社に関して靖国神社では「鎮霊社の御祭神は奉慰の対象だが、御本殿の御祭神は奉慰顕彰の対象」としており、本殿祭神とは差をつけている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た三木武夫

    終戦の日の8月15日午前には放鳩式が行われる。また、戦没者の遺族らが参拝するほか、歴代内閣総理大臣では三木武夫、福田赳夫、鈴木善幸、中曽根康弘、小泉純一郎がこの日に参拝している。また閣僚、超党派議員連盟のみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会等による参拝もなされ、境内では毎年戦没者追悼中央集会が開かれている。近年、神社周辺では右翼団体や左翼団体によるデモがなされることがあり、2013年(平成25年)には衝突が発生した。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た西尾幹二

    第2部の「靖国のこころ〜追悼と感謝の集い〜」は、「終戦60年・日本への提言」として石原慎太郎、古屋圭司、衛藤晟一、山谷えり子、松原仁、西村眞悟、野村有信(靖国神社に参拝する全国地方議員の会)、西尾幹二、出来山双一、イドリスノ・マジッド(世界イスラム連盟)、金美齢が提言を述べた。また、英霊に捧げる歌としてつのだ☆ひろ・今尾滋・あべまりあ・三枝万祐・長野安恒が歌を歌った。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

591件中 31 - 40件表示

「靖国神社」のニューストピックワード