504件中 41 - 50件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た平壌市

    朝鮮民主主義人民共和国: 革命烈士陵(平壌市大城山)、愛国烈士陵(平壌市兄弟山)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見たヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)

    その後、1975年には真言宗醍醐派品川寺僧侶仲田順和(のち醍醐寺第百三世座主)が教皇パウロ6世に東京裁判で戦犯となったものへのミサを行うことを依頼すると、教皇はミサを約束する。パウロ6世は1978年に死亡するが、1980年5月21日、教皇ヨハネ・パウロ2世がパウロ6世の遺志を引き継ぎ、A級戦犯・BC級戦犯として処刑された人々へのミサがサン・ピエトロ大聖堂で行われ、1068柱の位牌が奉納された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た警視庁

    一方で神社のあり方や存在に反対する者(例えばA級戦犯合祀に反対する諸派)も多数集まり、参拝者の一部と境内や周辺で小競り合いを起こすようなこともある。そのため、一般の警察官に加え、プロテクターを装備した多数の警視庁機動隊員により日本武道館・神社周辺が厳重に警備される。また、各地の右翼団体や外国人のほか軍装したコスプレイヤー(殆どの者が戦後世代の軍隊、自衛隊未経験者)、国内外のマスメディアも数多く取材に訪れ、一年のうちで最も注目を集め、かつ最も騒々しくなる日となっている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た日露戦争

    幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり1853年(嘉永6年)のペリー来航(所謂「黒船来航」)以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀り、その柱数(柱(はしら)は神を数える単位)は2004年(平成16年)10月17日現在で計246万6532柱にも及ぶ(詳細は「祭神の内訳」を参照)。当初は祭神は「忠霊」・「忠魂」と称されていたが、1904年(明治37年)から翌年にかけての日露戦争を機に新たに「英霊」と称されるようになった。この語は直接的には幕末の藤田東湖の漢詩「文天祥の正気の歌に和す」の「英霊いまだかつて泯(ほろ)びず、とこしえに天地の間にあり」の句が志士に愛唱されていたことに由来する。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た幕末

    幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり1853年(嘉永6年)のペリー来航(所謂「黒船来航」)以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀り、その柱数(柱(はしら)は神を数える単位)は2004年(平成16年)10月17日現在で計246万6532柱にも及ぶ(詳細は「祭神の内訳」を参照)。当初は祭神は「忠霊」・「忠魂」と称されていたが、1904年(明治37年)から翌年にかけての日露戦争を機に新たに「英霊」と称されるようになった。この語は直接的には幕末の藤田東湖の漢詩「文天祥の正気の歌に和す」の「英霊いまだかつて泯(ほろ)びず、とこしえに天地の間にあり」の句が志士に愛唱されていたことに由来する。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た零式艦上戦闘機

    遊就館 - 合祀された英霊の遺品や資料、戦争で使用された兵器などを展示する博物館。館名の典拠は、『荀子』より「遊必就士(遊ぶに必ず士に就く)」(遊歴する時は必ず優れた人物に交わり学ぶの意)に基づく。収蔵品は約10万点。約5,000人の遺影もある。主な収蔵品に、歩兵第321連隊の軍旗(旭日旗)、八九式十五糎加農、九六式十五糎榴弾砲、九七式中戦車、零式艦上戦闘機五二型、人間魚雷「回天」、C56形蒸気機関車31号機など。他に、真珠湾攻撃成功の電文「トラ・トラ・トラ」や、「戦勝」祈願の血染めの日章旗、終戦時の陸軍大臣阿南惟幾の「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」と記した血染めの遺書などが飾られている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た近代出版社

    『新版 靖国論集 日本の鎮魂の伝統のために』(2004年7月、近代出版社)ISBN 4907816146靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た有栖川宮熾仁親王

    戊辰戦争終戦後の1868年(慶応4年)旧暦6月2日に、東征大総督有栖川宮熾仁親王が戦没した官軍(朝廷方)将校の招魂祭を江戸城西丸広間において斎行したり、同年旧暦5月10日に太政官布告で京都東山(現京都市東山区)に戦死者を祀ることが命ぜられたり(現京都霊山護国神社)、同旧暦7月10・11の両日には京都の河東操錬場において神祇官による1853年(嘉永6年)以降の殉国者を慰霊する祭典が行われる等、幕末維新期の戦没者を慰霊、顕彰する動きが活発になり、その為の施設である招魂社創立の動きも各地で起きた。それらを背景に大村益次郎が東京に招魂社を創建することを献策すると、明治天皇の勅許を受けて1869年(明治2年)旧暦6月12日に現社地での招魂社創建が決定され、同月29日(新暦8月6日)に五辻安仲が勅使として差遣され、時の軍務官知事仁和寺宮嘉彰親王を祭主に戊辰の戦没者3,588柱を合祀鎮祭、「東京招魂社」として創建された。但し、創祀時は未だ仮神殿の状態であり、本殿が竣工したのは1872年(明治5年)であった。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た北白川宮能久親王

    本殿での祭神の神座は当初は1座であったが、1959年(昭和34年)に創建90年を記念して台湾神宮および台南神社に祀られていた北白川宮能久親王と、蒙彊神社(張家口)に祀られていた北白川宮永久王とを遷座合祀して1座を新たに設けた。従って現在の神座は、英霊を祀る1座と能久親王、永久王を祀る1座の2座である。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た阿南惟幾

    遊就館 - 合祀された英霊の遺品や資料、戦争で使用された兵器などを展示する博物館。館名の典拠は、『荀子』より「遊必就士(遊ぶに必ず士に就く)」(遊歴する時は必ず優れた人物に交わり学ぶの意)に基づく。収蔵品は約10万点。約5,000人の遺影もある。主な収蔵品に、歩兵第321連隊の軍旗(旭日旗)、八九式十五糎加農、九六式十五糎榴弾砲、九七式中戦車、零式艦上戦闘機五二型、人間魚雷「回天」、C56形蒸気機関車31号機など。他に、真珠湾攻撃成功の電文「トラ・トラ・トラ」や、「戦勝」祈願の血染めの日章旗、終戦時の陸軍大臣阿南惟幾の「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」と記した血染めの遺書などが飾られている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

504件中 41 - 50件表示

「靖国神社」のニューストピックワード