591件中 51 - 60件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た零式艦上戦闘機

    遊就館 - 合祀された英霊の遺品や資料、戦争で使用された兵器などを展示する博物館。館名の典拠は、『荀子』より「遊必就士(遊ぶに必ず士に就く)」(遊歴する時は必ず優れた人物に交わり学ぶの意)に基づく。収蔵品は約10万点。約5,000人の遺影もある。主な収蔵品に、歩兵第321連隊の軍旗(旭日旗)、八九式十五糎加農、九六式十五糎榴弾砲、九七式中戦車、零式艦上戦闘機五二型、人間魚雷「回天」、蒸気機関車C56 31など。他に、真珠湾攻撃成功の電文「トラ・トラ・トラ」や、「戦勝」祈願の血染めの日章旗、終戦時の陸軍大臣阿南惟幾の「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」と記した血染めの遺書などが飾られている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た近代出版社

    『新版 靖國論集 日本の鎮魂の傳統のために』(2004年7月、近代出版社)ISBN 4907816146靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た小堀邦夫

    小堀邦夫 : 2018年(平成30年)3月1日 -靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た有栖川宮熾仁親王

    戊辰戦争終戦後の慶応4年旧暦6月2日(1868年7月21日)に、東征大総督有栖川宮熾仁親王が戦没した官軍(朝廷方)将校の招魂祭を江戸城西丸広間において斎行したり、同年旧暦5月10日(6月29日)に太政官布告で京都東山(現京都市東山区)に戦死者を祀ることが命ぜられたり(現京都霊山護国神社)、同旧暦7月10(8月27日)・11(8月28日)の両日には京都の河東操錬場において神祇官による嘉永6年(1853年)以降の戦没者・殉死者を慰霊する祭典が行われる等、幕末維新期の戦没者を慰霊、顕彰する動きが活発になり、そのための施設である招魂社創立の動きも各地で起きた。それらを背景に大村益次郎が東京に招魂社を創建することを献策すると、明治天皇の勅許を受けて明治2年旧暦6月12日(1869年7月20日)に現社地での招魂社創建が決定され、同月29日(8月6日)に五辻安仲が勅使として差遣され、時の軍務官知事仁和寺宮嘉彰親王を祭主に戊辰の戦没者3,588柱を合祀鎮祭、「東京招魂社」として創建された。ただし、創祀時は未だ仮神殿の状態であり、本殿が竣工したのは明治5年(1872年)であった。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た北白川宮能久親王

    本殿での祭神の神座は当初は1座であったが、1959年(昭和34年)に創建90年を記念して台湾神宮および台南神社に祀られていた北白川宮能久親王と、蒙彊神社(張家口)に祀られていた北白川宮永久王とを遷座合祀して1座を新たに設けた。従って現在の神座は、英霊を祀る1座と能久親王、永久王を祀る1座の2座である。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た西郷隆盛

    明治維新の功労者であっても、その後に叛乱を起こし、あるいは叛乱に加担した西郷隆盛や江藤新平、前原一誠らは祀られていない。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見たラダ・ビノード・パール

    パール判事顕彰碑 - 極東国際軍事裁判の判事として、A級戦犯全員の無罪を主張したインドの法学者ラダ・ビノード・パールを顕彰するため、2005年(平成17年)に建てられた。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た石原藤夫

    石原藤夫『靖国神社に参拝しよう』(2006年4月、栄光出版社)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た小堀桂一郎

    江藤淳・小堀桂一郎編 『靖国論集 日本の鎮魂の伝統のために』(1986年12月、日本教文社〈教文選書〉)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た南部利昭

    南部利昭 : 2004年(平成16年)9月11日 - 2009年(平成21年)1月7日(在職中に死去)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

591件中 51 - 60件表示

「靖国神社」のニューストピックワード