504件中 51 - 60件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た伊東忠太

    拝殿前方に中門鳥居、更に前方に神門と続く。中門鳥居は2006年(平成18年)に建て替えられた素木鳥居。埼玉県産の檜が用いられ、以前は1975年(昭和50年)に奉納された台湾産の檜が用いられていた。さらに以前には扉が付いており、元々は門として機能していた。神門は三間三戸の切妻造銅板葺で高さ6メートル、檜造り。伊東忠太の設計により1934年(昭和9年)に完成した。中央間の扉には直径1.5メートルの16弁の菊花紋章が付けられる。この中央間を戦前は儀仗兵が列姿を乱すことなく潜れたという。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た西郷隆盛

    明治維新の功労者であっても、その後に叛乱を起こし、あるいは叛乱に加担した西郷隆盛や江藤新平、前原一誠らは祀られていない。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た木戸孝允

    『木戸日記』は招魂社の発案者で社地内に住んでいた木戸孝允によって書かれ、『廣澤日記』は長州財閥の大物、参議廣澤真臣によって書かれた。双方とも、招魂社の土地の遣り取り等、主に政治行政面での記述が見られる。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た江藤淳

    江藤淳・小堀桂一郎編 『靖国論集 日本の鎮魂の伝統のために』(1986年12月、日本教文社〈教文選書〉)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見たラダ・ビノード・パール

    パール判事顕彰碑 - 極東国際軍事裁判の判事として、A級戦犯全員の無罪を主張したインドの法学者ラダ・ビノード・パールを顕彰するため、2005年(平成17年)に建てられた。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た徳川家斉

    正編と続編が在り、江戸周辺の出来事を綴ってある。編者は徳川家斉将軍と同時代の江戸神田の斎藤幸成(さいとうゆきしげ)で、他に『江戸名所図会』を完成させ、『東都歳時記』を著している。1881年(明治14年)に長男の喜之助と甫喜山景雄の手で増補改訂されたものが刊行された。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た宮本辰彦

    宮本辰彦『この国を愛するために 靖国』(2005年8月、国書刊行会)ISBN 4336047219靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た久坂玄瑞

    幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されている。これは戊辰戦争における新政府軍側の戦没者を契機として創祀された事情から戊辰以降の戦没者を対象とする合祀基準を、嘉永6年に遡らせたためである。それに対して、戊辰戦争での旧幕府軍の兵士や、奥羽越列藩同盟の兵士、新選組や彰義隊などの旧幕臣の戦死者は祀られていない。ただし、禁門の変で長州藩勢との戦いで戦死した会津藩兵らは、朝廷(天皇)を守護したとして祀られている。(また長州藩はこの禁門の変では賊軍とされているが、戦死(実際は自害)した久坂玄瑞などは合祀されている。)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た石原藤夫

    石原藤夫『靖国神社に参拝しよう』(2006年4月、栄光出版社)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た小堀桂一郎

    江藤淳・小堀桂一郎編 『靖国論集 日本の鎮魂の伝統のために』(1986年12月、日本教文社〈教文選書〉)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

504件中 51 - 60件表示

「靖国神社」のニューストピックワード