591件中 71 - 80件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た福田康夫

    追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会 - 小泉内閣・小泉改造内閣での福田康夫・内閣官房長官の私的な諮問機関。2001年(平成13年)12月から2002年(平成14年)12月まで。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た北白川宮永久王

    本殿での祭神の神座は当初は1座であったが、1959年(昭和34年)に創建90年を記念して台湾神宮および台南神社に祀られていた北白川宮能久親王と、蒙彊神社(張家口)に祀られていた北白川宮永久王とを遷座合祀して1座を新たに設けた。従って現在の神座は、英霊を祀る1座と能久親王、永久王を祀る1座の2座である。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た所功

    所功「“靖国祭神”の要件と合祀の来歴」(2006年10月、藝林会〈『藝林』55-2〉)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た洪磊

    2011年(平成23年)には韓国系中国人によって靖国神社が放火される靖国神社・日本大使館放火事件が起き、日中韓政府間の外交問題となった。1930年代に抗日独立運動をして捕まり西大門刑務所で拷問を受け殺されたとする曽祖父、抗日新四軍連隊長の祖父と1942年に日本軍に捕まり強制的に慰安婦にされた韓国籍の祖母を持つと称すとともに、東日本大震災の被災者を支援するボランティアとして日本に入国していたと称する容疑者は、2011年(平成23年)12月26日に靖国神社を放火すると、その日のうちに韓国に逃走し、2012年1月7日に西大門刑務所を訪れて憤り、2012年(平成24年)1月8日にはソウルにある日本大使館に火炎瓶4本を投擲した。なお、この日は祖母の命日としている。日本政府は韓国政府に対して日韓犯罪人引渡し条約で引き渡しを拒否できる政治犯には該当しないとして数十回にわたり身柄の引き渡しを要請していたが、中国政府は韓国政府に対して非公開に中国への送還を求め続け、孟建柱中華人民共和国公安部部長は、韓国を訪問して韓国閣僚に事件について話し、2012年(平成24年)10月16日には中華人民共和国外交部の洪磊副報道局長が定例記者会見の場でも、中華人民共和国への送還を要求した。2013年(平成25年)1月3日、ソウル高等裁判所は犯行について政治的大義のために行われたものであり、日本に引き渡すことは韓国の政治秩序と憲法理念等に合致しないとして、放火犯を政治犯であると認定するとともに、日本への引き渡しを容認しない決定を行った。これに対して、河相周夫外務事務次官は駐日韓国大使に電話で抗議し、安倍晋三首相は「極めて遺憾であり、強く抗議したい。」と見解を表明した。その後、駐韓中国大使館は容疑者を大使館に宿泊させた。1月4日、容疑者は中国政府関係者の保護を受けながら、韓国の仁川国際空港から出国して中国に帰国した。上海浦東国際空港では上海市政府関係者によって出迎えられた。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た高森明勅

    高森明勅編『日本人なら知っておきたい靖國問題』(2007年6月、青林堂)ISBN 4792604028靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た高杉晋作

    幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されている。これは戊辰戦争における新政府軍側の戦没者を契機として創祀された事情から戊辰以降の戦没者を対象とする合祀基準を、嘉永6年に遡らせたためである。それに対して、戊辰戦争での旧幕府軍の兵士や、奥羽越列藩同盟の兵士、新選組や彰義隊などの旧幕臣の戦死者は祀られていない。ただし、禁門の変で長州藩勢との戦いで戦死した会津藩兵らは、朝廷(天皇)を守護したとして祀られている。また長州藩はこの禁門の変では賊軍とされているが、戦死(実際は自害)した久坂玄瑞などは合祀されている。この他に、当時の段階でも国際法違反である外国領事館・外国人襲撃者も祀られている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た福田赳夫

    終戦の日の8月15日午前には放鳩式が行われる。また、戦没者の遺族らが参拝するほか、歴代内閣総理大臣では三木武夫、福田赳夫、鈴木善幸、中曽根康弘、小泉純一郎がこの日に参拝している。また閣僚、超党派議員連盟のみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会等による参拝もなされ、境内では毎年戦没者追悼中央集会が開かれている。近年、神社周辺では右翼団体や左翼団体によるデモがなされることがあり、2013年(平成25年)には衝突が発生した。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た中岡慎太郎

    幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されている。これは戊辰戦争における新政府軍側の戦没者を契機として創祀された事情から戊辰以降の戦没者を対象とする合祀基準を、嘉永6年に遡らせたためである。それに対して、戊辰戦争での旧幕府軍の兵士や、奥羽越列藩同盟の兵士、新選組や彰義隊などの旧幕臣の戦死者は祀られていない。ただし、禁門の変で長州藩勢との戦いで戦死した会津藩兵らは、朝廷(天皇)を守護したとして祀られている。また長州藩はこの禁門の変では賊軍とされているが、戦死(実際は自害)した久坂玄瑞などは合祀されている。この他に、当時の段階でも国際法違反である外国領事館・外国人襲撃者も祀られている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た保阪正康

    保阪正康『「靖国」という悩み 昭和史の大河を往く(1)』(2007年1月、毎日新聞社/2013年4月、中公文庫)ISBN 412205785X靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た田中伸尚

    田中伸尚『靖国の戦後史』(2002年6月、岩波新書)ISBN 4004307880靖国神社 フレッシュアイペディアより)

591件中 71 - 80件表示

「靖国神社」のニューストピックワード