504件中 71 - 80件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た高橋哲哉

    高橋哲哉『靖国問題』(2005年4月、ちくま新書)ISBN 4480062327靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た渡辺勇次郎

    相撲場 - 春の例大祭に全力士が奉納相撲を行う場所。渡辺勇次郎主催で1922年(大正11年)5月7日建国以来初めて、プロボクシングの興行「日米拳闘大試合」が実施されたり、1926年(大正15年)11月下旬(大正天皇崩御一ヶ月前)には日本アマチュアボクシング連盟主催の第1回全日本アマチュアボクシング選手権大会が開催された会場でもある。また、力道山率いる日本プロレスが相撲場特設リングにて奉納プロレス(1961年4月23日)を開催した記録があり、近年ではZERO1が2005年から靖国神社奉納プロレス『大和神州ちから祭り』と題する興行を行っている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た吉田松陰

    幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も維新殉難者として合祀されている。これは戊辰戦争における新政府軍側の戦没者を契機として創祀された事情から戊辰以降の戦没者を対象とする合祀基準を、嘉永6年に遡らせたためである。それに対して、戊辰戦争での旧幕府軍の兵士や、奥羽越列藩同盟の兵士、新選組や彰義隊などの旧幕臣の戦死者は祀られていない。ただし、禁門の変で長州藩勢との戦いで戦死した会津藩兵らは、朝廷(天皇)を守護したとして祀られている。(また長州藩はこの禁門の変では賊軍とされているが、戦死(実際は自害)した久坂玄瑞などは合祀されている。)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た江藤新平

    明治維新の功労者であっても、その後に叛乱を起こし、あるいは叛乱に加担した西郷隆盛や江藤新平、前原一誠らは祀られていない。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た秦郁彦

    秦郁彦『靖国神社の祭神たち』(2010年1月、新潮選書)ISBN 4106036541靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た板垣正

    板垣正『靖国神社公式参拝の総括』(2000年6月、展転社)ISBN 4886561810靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た藤田東湖

    幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり1853年(嘉永6年)のペリー来航(所謂「黒船来航」)以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀り、その柱数(柱(はしら)は神を数える単位)は2004年(平成16年)10月17日現在で計246万6532柱にも及ぶ(詳細は「祭神の内訳」を参照)。当初は祭神は「忠霊」・「忠魂」と称されていたが、1904年(明治37年)から翌年にかけての日露戦争を機に新たに「英霊」と称されるようになった。この語は直接的には幕末の藤田東湖の漢詩「文天祥の正気の歌に和す」の「英霊いまだかつて泯(ほろ)びず、とこしえに天地の間にあり」の句が志士に愛唱されていたことに由来する。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た田山花袋

    1917年(大正6年)の出版である、田山花袋の『東京の三十年』には、「招魂社」で年に二回春秋に行われる見世物小屋や屋台などの様子が書かれている。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た乃木希典

    乃木希典、東郷平八郎といった著名な軍人や八甲田雪中行軍遭難事件の遭難者等は、戦時の死歿者でないため祀られていない。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た村上重良

    村上重良『慰霊と招魂 靖国の思想』(1974年1月、岩波新書)ISBN 4004121566靖国神社 フレッシュアイペディアより)

504件中 71 - 80件表示

「靖国神社」のニューストピックワード