静岡東部のできごと ニュース&Wiki etc.

駿河国(するがのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。 (出典:Wikipedia)

「静岡東部のできごと」最新ニュース

「静岡東部のできごと」Q&A

  • Q&A

    東日本大震災 時系列で出来事 東日本大震災における時系列を大まかに知りたいのですが、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2011年4月25日 11:54

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「駿河国」のつながり調べ

  • 山田春城

    山田春城から見た駿河国

    文徳朝に入り、仁寿元年(851年)の大嘗会にて外従五位下に叙せられる。仁寿2年(852年)駿河介に任ぜられ、当初遙任であったがのちに敢えて希望して同国へ赴任する。ある時、阿気大神という新しい神を伊豆国から駿河国駿河郡に移し、新たに社を建てて祭祀を行ったが、しばらくすると禰宜や祝が奇異なことを言って国司や民衆を惑わすようになった。そこへ、春城が赴任するとすぐに禰宜や祝の誤りや偽りを糺したところ、それ以降は妖言が全く起こらなくなった。当初部下や民衆は春城の清察を嫌っていたが、このことがあって以降は受け入れるようになったという。(山田春城 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達氏

    伊達氏から見た駿河国

    伊達氏(だてうじ/いだてうじ)は、鎌倉時代から江戸時代まで東北地方南部を本拠とした一族で、藤原北家山蔭流と称する。伊予国・但馬国・駿河国などに庶流家がある。通字は「宗」。(但し、江戸時代の一時期、「村」のつく人名が続いていた。)(伊達氏 フレッシュアイペディアより)

「駿河国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード