前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1136件中 1 - 10件表示
  • 広域関東圏

    広域関東圏から見た駿河国駿河国

    ここで述べている範囲を「関東甲信越」と呼ぶ場合、静岡県(特に旧伊豆国・旧駿河国を概要で記述すると煩雑になるため、あえて概要では触れない。旧遠江国の状況は駿河・伊豆の状況とともに静岡県の項目内で掲載)もその範囲に含んだ上で、静岡県を意味する地名が省略されるというケースや、単純に「(関東)1都10県」と表記するケースもみられる。広域関東圏 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た駿河国駿河国

    東隣の駿河国との境は大井川であった。奈良時代には、大井川の流路が現在より北を流れていたため、今の栃山川以南が遠江国に含まれていた。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 今川氏

    今川氏から見た駿河国駿河国

    駿河今川家:駿河守護職を代々継承した嫡流。本稿で記述。今川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 水野氏

    水野氏から見た駿河国駿河国

    幕末期においては、下総結城藩、駿河沼津藩、上総鶴牧藩、出羽山形藩の各藩の藩主が水野氏であった。その他、寛文7年(1667年)に改易となった上野安中藩の藩主や紀州藩の附家老であった紀伊新宮城主もこの一族であった。水野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋氏

    土屋氏から見た駿河国駿河国

    土屋勝遠は甲斐国守護武田信昌の娘を娶り、子の土屋信遠は武田家臣となったという。信遠の子、土屋昌遠は駿河国大平郷に移り住んで武田家中を離れる。土屋氏 フレッシュアイペディアより)

  • 市原郡

    市原郡から見た駿河国駿河国

    1868年(明治元年)、徳川宗家(旧将軍家)の駿府(静岡)入封に換えて遠江浜松藩主であった井上正直が当郡を中心に6万石の領地を与えられ、石川村の台地上に陣屋を置いた。台地上に整備された城下町が鶴舞と名づけられたことから、この藩は鶴舞藩と呼ばれる。また、駿河沼津藩主であった水野忠敬が菊間村に陣屋を置き菊間藩(5万石)が成立した。市原郡 フレッシュアイペディアより)

  • 駿府

    駿府から見た駿河国駿河国

    駿府(すんぷ)は、駿河国の国府が置かれた都市である。駿河国府中の略であるが、律令時代以後も近世まで長く呼び慣わされ、明治時代に静岡に改称された。現在の地理では静岡市葵区と駿河区の境界付近(主に葵区)にあたる。駿府 フレッシュアイペディアより)

  • 武田信玄

    武田信玄から見た駿河国駿河国

    甲斐の守護を代々務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期には国内統一が達成され、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ平定し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて甲斐武田家の領国を拡大した。晩年、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃で病没した。武田信玄 フレッシュアイペディアより)

  • 武田氏

    武田氏から見た駿河国駿河国

    信義は、鎌倉時代には御家人となって駿河守護に任命され、その子の信光は甲斐・安芸守護にも任ぜられ、武田氏が甲斐、安芸で繁栄する基礎を築いた。武田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達氏

    伊達氏から見た駿河国駿河国

    伊達氏(だてうじ/いだてうじ)は、鎌倉時代から江戸時代まで東北地方南部を本拠とした一族で、藤原北家山蔭流と称する。伊予国・但馬国・駿河国などに庶流家がある。通字は「宗」。(但し、江戸時代の一時期、「村」のつく人名が続いていた。)伊達氏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1136件中 1 - 10件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード