前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1382件中 1 - 10件表示
  • 今川氏

    今川氏から見た駿河国駿河国

    駿河今川家:駿河守護職を代々継承した嫡流。本稿で記述。今川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た駿河国駿河国

    東隣の駿河国との境は大井川であった。奈良時代には、大井川の流路が現在より北を流れていたため、今の栃山川以南が遠江国に含まれていた。具体的には島田市の南部・藤枝市の南部、および焼津市の南部で合併前の大井川町である。大井川町の全域は、明治初期まで遠江国榛原郡であった。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 富士氏

    富士氏から見た駿河国駿河国

    富士氏(ふじし、ふじうじ)は、日本の氏族。駿河国富士郡富士上方(現在の静岡県富士宮市一帯)の領主。富士山本宮浅間大社の大宮司を継承する社家であり、また戦国期には富士城城主を務める武家であった。富士氏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田信玄

    武田信玄から見た駿河国駿河国

    甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期に武田氏は守護大名から戦国大名化し国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて領国を拡大したものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃への帰還中に病没した。武田信玄 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道

    東海道から見た駿河国駿河国

    駿河国(現在の静岡県の中部及び東部)東海道 フレッシュアイペディアより)

  • 駿府

    駿府から見た駿河国駿河国

    駿府(すんぷ)は、駿河国(するがのくに)の国府が置かれた都市である。駿河国府中の略であるが、律令時代以後も近世まで長く駿府又は府中と言われ、江戸期、単に府中と言えば駿府を指した。明治になり徳川宗家ゆかりの地であるがゆえに新政府に恭順の意を示すため、市内の賤機山(しずはたやま)にちなみ静岡に改称。現在の静岡市葵区のほぼ中心市街地を形成している地域に当たる。駿府 フレッシュアイペディアより)

  • 河越城の戦い

    河越城の戦いから見た駿河国駿河国

    しかし、氏綱が没し、跡を継いだ嫡男北条氏康は継承早々に一大危機を迎える。天文14年(1545年)7月下旬、今川義元が関東管領の上杉憲政と内通して背後から挙兵、駿河の北条領に侵攻する。氏康は駿河に出陣するものの武田氏までもが出陣してきたために状況は不利であり、更に在陣中に両上杉の大軍によって河越城が包囲されたという状況が知らされた。そのため10月下旬に武田晴信(信玄)の斡旋で義元に譲歩することで屈辱的ながらも和睦を成し遂げた(第二次河東一乱)。11月初旬には誓紙を交換した後に条件が履行され、氏康は挟撃されている絶体絶命の危機の中で西方を収め、関東方面へ転戦できる状況を得た。河越城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 富士川の戦い

    富士川の戦いから見た駿河国駿河国

    富士川の戦い(ふじかわのたたかい)は、平安時代後期の治承4年10月20日(ユリウス暦1180年11月9日、グレゴリオ暦16日)に駿河国富士川で源頼朝、武田信義と平維盛が戦った合戦である。治承・寿永の乱と呼ばれる一連の戦役の1つである。富士川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 大原今城

    大原今城から見た駿河国駿河国

    大原 今城(おおはら の いまき、生没年不詳)は、奈良時代の皇族・貴族。名は今木とも記される。初め今城王を名乗るが、臣籍降下して大原真人姓となる。敏達天皇の後裔。衛門督・大原高安の子とする系図がある。官位は従五位上・駿河守。大原今城 フレッシュアイペディアより)

  • 名草豊成

    名草豊成から見た駿河国駿河国

    名草 豊成(なくさ の とよなり、 宝亀3年(772年)- 仁寿4年8月25日(854年9月20日))は、平安時代初期の貴族。姓は直のち宿禰。名草島守の孫。文章生・名草木包の子とする系図がある。官位は従五位下・駿河介。名草豊成 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1382件中 1 - 10件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード