1382件中 91 - 100件表示
  • 三河国

    三河国から見た駿河国駿河国

    9月 - 川越藩領および岡崎藩領・吉田藩領・西端藩領の各一部、三河県の管轄区域の一部(旧幕府領・旧磐城平藩領および旧旗本領・旧大多喜藩領の各一部)が駿河府中藩領となる。三河国 フレッシュアイペディアより)

  • 浅間神社

    浅間神社から見た駿河国駿河国

    延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳』には、名神大社として駿河国と甲斐国に「浅間神社」の記載がある。浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原黒麻呂

    藤原黒麻呂から見た駿河国駿河国

    桓武朝に入ると、延暦元年(782年)右中弁に任ぜられるが、延暦3年(784年)には遠江守として地方官に転ずる。延暦8年(789年)刑部大輔次いで治部大輔と再び京官に復すが、翌延暦9年(790年)駿河守に転じた。またこの頃、皇太后・高野新笠および皇后・藤原乙牟漏が崩御した際に御葬司を務めている。藤原黒麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 小山田氏

    小山田氏から見た駿河国駿河国

    永正4年に甲斐守護・信縄が死去すると、信縄の子である信直(武田信虎)が家督を継承する。これに対して信直と叔父の油川信恵・岩手縄美兄弟の間で抗争が発生し、駿河国の今川氏や相模国の後北条氏(伊勢氏)など対外勢力の動向が関係して戦乱状態が続いた。小山田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 土浦城

    土浦城から見た駿河国駿河国

    関東に入った徳川家康は、土浦を次男で結城氏に養子入りした結城秀康に与え、土浦城を領内の支城とする。秀康が越前国北ノ庄に移ると、藤井松平家の松平信一が3万5千石で入封。その後松平信吉の代に5千石の加増を受ける。元和3年(1617年)、信吉が上野国高崎に転封となって西尾忠永が2万石で入封。以後、城主は西尾氏・朽木氏と代わり、寛文9年(1669年)、土屋数直が4万5千石で入封。土屋氏は、天和2年(1682年)、子の政直のとき天和2年(1682年)駿河国田中に移ったが、代わって城主となった大河内松平家の松平信興が5年後の貞享4年(1687年)に大坂城代に転ずると、土屋政直が再び6万5千石で入封。その後三度の加増を受けて9万5千石となり、常陸国では水戸藩に次いで大きな領地を支配し、以後土屋氏が11代、約200年間世襲して明治維新に至った。土浦城 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾藩

    長尾藩から見た駿河国駿河国

    長尾藩(ながおはん)は、明治維新期の短期間、安房国に存在した藩。1868年に駿河田中藩主本多家が4万石で移封され、1871年の廃藩置県まで存続した。藩庁ははじめ長尾陣屋(現・千葉県南房総市白浜町滝口)に置かれ、のち北条陣屋(現・館山市北条)に移転した。長尾藩 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美郡

    渥美郡から見た駿河国駿河国

    中世には一色氏が支配したが、応仁の乱後は田原城や二連木城を築いて渥美郡の支配力を強める戸田氏に対し、16世紀の初頭からは隣郡の宝飯郡から牧野氏が今橋城を築いて戸田氏と争った。度重なる今橋城(吉田城)の争奪戦に西三河の松平氏まで絡んでくるが、東から駿河国・遠江国を治める今川氏が松平氏・戸田氏・牧野氏をまるごと従えるようになったため、今川氏による支配で落ち着いた時期もある。渥美郡 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪原城

    諏訪原城から見た駿河国駿河国

    諏訪原城(牧野城)は遠江国の東端近くの牧之原台地の舌状台地の先端部に立地する。城のすぐ南を東海道が通り、東の金谷坂を下ると大井川をまたいで駿河国に入り、西の菊川坂を下ると小夜の中山を経由して掛川(現掛川市中心部)を中心としたやや広めの盆地部に出る。また、南に牧之原台地を下ると、菊川下流域の平野部に出る。諏訪原城 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部氏 (藤原南家)

    岡部氏 (藤原南家)から見た駿河国駿河国

    鎌倉時代に、岡部泰綱が駿河国志太郡岡部郷(現在の静岡県藤枝市岡部町)の地頭になる。岡部氏 (藤原南家) フレッシュアイペディアより)

  • 静岡浅間神社

    静岡浅間神社から見た駿河国駿河国

    正式名称の通り、神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなり、「静岡浅間神社」は総称。三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われている。式内社二社(神部神社・大歳御祖神社)、駿河国総社(神部神社)。三社合わせて旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。静岡浅間神社 フレッシュアイペディアより)

1382件中 91 - 100件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード