1382件中 11 - 20件表示
  • 水野氏

    水野氏から見た駿河国駿河国

    幕末期においては、下総結城藩、駿河沼津藩、上総鶴牧藩、出羽山形藩の各藩の藩主が水野氏であった。その他、寛文7年(1667年)に改易となった上野安中藩の藩主や紀州藩の附家老であった紀伊新宮城主もこの一族であった。水野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 広域関東圏

    広域関東圏から見た駿河国駿河国

    ここで述べている範囲を「関東甲信越」と呼ぶ場合、静岡県(特に旧伊豆国・旧駿河国を概要で記述すると煩雑になるため、あえて概要では触れない。旧遠江国の状況は駿河・伊豆の状況とともに静岡県の項目内で掲載)もその範囲に含むとする。広域関東圏 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋氏

    土屋氏から見た駿河国駿河国

    土屋勝遠は甲斐国守護・武田信昌の娘をり、子の土屋信遠は武田家臣となったという。信遠の子、土屋昌遠は駿河国大平郷に移り住んで武田家中を離れる。土屋氏 フレッシュアイペディアより)

  • 市原郡

    市原郡から見た駿河国駿河国

    1868年(明治元年)、徳川宗家(旧将軍家)の駿府(静岡)入封に換えて遠江浜松藩主であった井上正直が当郡を中心に6万石の領地を与えられ、石川村の台地上に陣屋を置いた。台地上に整備された城下町が鶴舞と名づけられたことから、この藩は鶴舞藩と呼ばれる。また、駿河沼津藩主であった水野忠敬が菊間村に陣屋を置き菊間藩(5万石)が成立した。市原郡 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡市

    静岡市から見た駿河国駿河国

    珠流河国(現在の伊豆を含む県東部)と廬原国を併せ駿河国とした。静岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 桶狭間の戦い

    桶狭間の戦いから見た駿河国駿河国

    2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した駿河の戦国大名である今川義元に対し、尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた。日本三大奇襲(日本三大夜戦)に数えられる、日本の歴史的に有名な戦いである。桶狭間の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 今川義元

    今川義元から見た駿河国駿河国

    今川 義元(いまがわ よしもと)は、戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。「海道一の弓取り」の異名を持つ。今川義元 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達氏

    伊達氏から見た駿河国駿河国

    伊達氏(だてうじ/いだてうじ)は、鎌倉時代から江戸時代まで東北地方南部を本拠とした一族で、藤原北家山蔭流と称する。伊予国・但馬国・駿河国などに庶流家がある。伊達氏 フレッシュアイペディアより)

  • 駿府城

    駿府城から見た駿河国駿河国

    駿府城(すんぷじょう)は駿河国安倍郡府中、現在の静岡県静岡市葵区にあった日本の城である。別名は府中城や静岡城など。駿府城 フレッシュアイペディアより)

  • 武田氏

    武田氏から見た駿河国駿河国

    信義は、鎌倉時代には御家人となって駿河守護に任命され、その子の信光は甲斐・安芸守護にも任ぜられ、武田氏が甲斐、安芸で繁栄する基礎を築いた。武田氏 フレッシュアイペディアより)

1382件中 11 - 20件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード