1382件中 21 - 30件表示
  • 静岡県

    静岡県から見た駿河国駿河国

    直線距離にて、県域の東西が155km、南北に118kmと広大な県域を保つ(⇒)。旧令制国の伊豆国のほとんど、駿河国、遠江国の凡そ3国に相当する県である。地域によって住民の意識に違いが見られ、地域によって方言も異なり、文化面に於いても地域により差異が大きい。県を代表するシンボルとして富士山や伊豆半島、駿河湾、御前崎といったものが挙げられ、県旗もそれらに基づいてデザインされている。静岡県 フレッシュアイペディアより)

  • 氷継麻呂

    氷継麻呂から見た駿河国駿河国

    氷 継麻呂(ひ の つぐまろ、宝亀10年(779年) - 斉衡3年4月26日(856年6月2日))は、平安時代前期の貴族。姓は宿禰。官位は外従五位下・駿河介。字は宿栄。氷継麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 牛久保六騎

    牛久保六騎から見た駿河国駿河国

    牛久保六騎(うしくぼろっき)は、戦国時代の東三河地方の牛久保城主牧野氏に参集していた寄騎衆の6氏をあらわす用語。「牛窪記」(江戸時代中期成立の軍記物)の記述中に現れる 「牛窪記」は、その構成メンバー6氏の姓氏を具体的には明示していないが、同文献中に登場する東三河の司頭とされる牧野・岩瀬・野瀬・真木・山本・稲垣・牧 の各氏が該当すると推測されている。彼らは天文年間には東三河に進出してきた戦国大名の今川氏(駿河方)に属していたが、今川義元の死後は寄親の牧野氏に先んじて徳川氏と和睦、牛久保牧野氏の徳川方帰属の仲立ちをしたとされる。牛久保六騎 フレッシュアイペディアより)

  • 都留郡

    都留郡から見た駿河国駿河国

    甲斐国の東海道編入に際しては東海道支路が設定され、駿河国横走駅から分岐して籠坂峠(加古坂)を経て都留郡域へ入り、御坂峠を経て山梨・八代郡域に想定されている甲斐国府へ至る甲斐国府へ至る官路(甲斐路、御坂路)が定められたが、都留郡はこの東海道支路の設定に伴い甲斐国へ編入された可能性が考えられている。都留郡 フレッシュアイペディアより)

  • 楠野王

    楠野王から見た駿河国駿河国

    楠野王(くすのおう、生没年不詳)は、平安時代初期の皇族。官位は従四位上・駿河守。楠野王 フレッシュアイペディアより)

  • 葛山氏広

    葛山氏広から見た駿河国駿河国

    葛山 氏広(かつらやま うじひろ)は、戦国時代の武将。駿河葛山氏当主。伊勢宗瑞(北条早雲)の三男とする説と宗瑞の次男・北条氏時の子(すなわち宗瑞の孫)とする説がある。いずれにしても、後北条氏の一族とされている。葛山氏広 フレッシュアイペディアより)

  • 清原道雄

    清原道雄から見た駿河国駿河国

    清原 道雄(きよはら の みちお、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。名は通雄とも記される。肥後守・清原有雄の子。子に海雄がいる。官位は従五位下・駿河守。清原道雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三条西実枝

    三条西実枝から見た駿河国駿河国

    天文13年(1544年)には長男公世と妻を相次いで失っている。『甲信紀行の歌』によれば、天文16年(1547年)には甲斐国へ下向し、武田一族の武田信繁や大井信常らと歌会を行っている。天文21年(1552年)以降京都を離れ、駿河国へ移っている。永禄12年(1569年)に帰洛した後は、精力的に古典の講釈を行い、三条西家に伝わる『源氏物語』の学を集大成した『山下水』を著した。三条西実枝 フレッシュアイペディアより)

  • 安東文吉

    安東文吉から見た駿河国駿河国

    安東 文吉(あんどう ぶんきち、文化5年(1808年) - 明治4年4月8日(1871年5月26日))は、幕末の博徒。本名は西谷文吉(にしたにぶんきち)。駿河国府中(現:静岡県静岡市駿河区)に一家を構えた二足草鞋の大親分。別名「暗闇の代官」、「日本一首継(にほんいち・くびつなぎ)親分」。安東文吉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原惟孝

    藤原惟孝から見た駿河国駿河国

    藤原 惟孝(ふじわら の これたか、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族。藤原北家勧修寺流、権中納言・藤原為輔の子。官位は従五位上・駿河守。藤原惟孝 フレッシュアイペディアより)

1382件中 21 - 30件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード