1136件中 21 - 30件表示
  • 早川殿

    早川殿から見た駿河国駿河国

    早川殿/早河殿(はやかわどの、生年不詳 - 慶長18年2月15日(1613年4月5日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての女性。相模国の戦国大名北条氏康の娘。甲相駿三国同盟の一環として、駿河国の戦国大名今川氏真の室となった。早川殿 フレッシュアイペディアより)

  • 葛山氏広

    葛山氏広から見た駿河国駿河国

    葛山 氏広(かつらやま うじひろ)は、戦国時代の武将。駿河葛山氏当主。伊勢宗瑞(北条早雲)の三男か。葛山氏広 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田忠次

    戸田忠次から見た駿河国駿河国

    戸田氏は光忠の兄戸田康光が田原城を中心に三河湾沿岸を支配していた。天文16年(1546年)に今川義元に背いて松平竹千代(後の徳川家康)を駿河国へ護送せずに、織田信秀に売り飛ばしたために、その怒りを買った。田原城に攻め込んだ今川氏の軍勢によって田原戸田氏宗家は滅ぼされるが、光忠はかろうじて脱出し岡崎に逃れた。戸田忠次 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江松井氏

    遠江松井氏から見た駿河国駿河国

    遠江松井氏(とおとうみまついし)は日本の氏族・松井氏のうち、遠江国(現・静岡県西部)に発展した松井氏である。このうち源姓の松井氏は室町時代に駿河国(静岡県東部)とともに遠江国を勢力に置いた守護大名・戦国大名の今川氏に属し、主要家臣として活躍した。遠江松井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 石巻康敬

    石巻康敬から見た駿河国駿河国

    北条氏の御馬廻衆で奉行人・評定衆なども務めた。元亀元年(1570年)には奏者として、対甲斐武田氏との戦いに備えて足柄城守備について北条綱成の下へ派遣されており、駿河方面の築城材料・兵糧・船などを徴発する管理者で、後に自らも足柄城へ詰めている(北条氏政文書)。石巻康敬 フレッシュアイペディアより)

  • 三条西実枝

    三条西実枝から見た駿河国駿河国

    天文13年(1544年)には長男公世と妻を相次いで失っている。天文21年(1552年)以降京都を離れ、駿河国へ移っている。永禄12年(1569年)に帰洛した後は、精力的に古典の講釈を行い、三条西家に伝わる『源氏物語』の学を集大成した『山下水』を著した。三条西実枝 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原吉野

    藤原吉野から見た駿河国駿河国

    若くして大学で学び、主蔵正次いで春宮少進として、当時皇太子であった大伴親王(のち淳和天皇)に仕える。弘仁10年(819年)従五位下・駿河守に叙任、国司として治績をあげて頭角を現す。藤原吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 増善寺

    増善寺から見た駿河国駿河国

    明応9年(1500年)曹洞宗に関心の深かった駿河の国主で後に今川家中興の祖と呼ばれた今川氏親(今川家7代当主)は辰応性寅禅師(しんのうしょういんぜんじ)に帰依し性寅(しょういん)を開山として七堂伽藍を整えて、再興し、曹洞宗に改め、今川家官家増善寺となった。大永6年(1526年)6月23日、今川氏親が亡くなると、この寺で戦国大名史上、他に例のない大葬儀が営まれた。寺には、苔むした氏親の墓とともに460年前に造られた等身大の木像が安置されている。増善寺 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井忠利

    酒井忠利から見た駿河国駿河国

    酒井 忠利(さかい ただとし)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。徳川氏の家臣。駿河田中藩初代藩主。武蔵川越藩初代藩主。老中。酒井忠利 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国百物語

    諸国百物語から見た駿河国駿河国

    駿河の国板垣の三郎へんげの物に命をとられし事諸国百物語 フレッシュアイペディアより)

1136件中 21 - 30件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード