1382件中 31 - 40件表示
  • 天保騒動

    天保騒動から見た駿河国駿河国

    また、御嶽山金桜神社の御師衆など、積極的に騒動鎮圧に参加するものも見られた。信濃諏訪藩では24日中に藩兵を派遣するが、郡内勢の帰村や騒動の収束を確認すると28日には甲府を訪問し、信濃へ戻った。幕府では駿河国沼津藩、信濃高遠藩に対しても派兵を命じているが、両藩とも騒動の鎮圧を確認するとまもなく引き揚げている。天保騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 鮫島宗家

    鮫島宗家から見た駿河国駿河国

    鮫島 宗家(さめじま むねいえ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の駿河国・薩摩国の武士。藤原南家の流れを汲む工藤氏の一族。佐女島 宗家(さめしま - )とも。鮫島宗家 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国百物語

    諸国百物語から見た駿河国駿河国

    駿河の国板垣の三郎へんげの物に命をとられし事諸国百物語 フレッシュアイペディアより)

  • 相白味噌

    相白味噌から見た駿河国駿河国

    相白味噌(あいじろみそ)は、静岡市など駿河地方で生産されてきた味噌。相白味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 義助

    義助から見た駿河国駿河国

    義助(ぎすけ / よしすけ、生没年不詳)は、駿河国嶋田で活動した刀工の一派。五条義助とも称した。嶋田派と呼ばれる刀工流派の一つで、室町時代中期から江戸時代中期まで代を重ねている。なお、名の読みに定説はなく、どちらでも間違いにはならない。義助 フレッシュアイペディアより)

  • 平兼盛

    平兼盛から見た駿河国駿河国

    平 兼盛(たいら の かねもり、生年不詳 - 正暦元年12月28日(991年1月16日))は、平安時代中期の歌人・貴族。臣籍降下前は兼盛王と称す。光孝平氏、大宰大弐・平篤行の三男。官位は従五位上・駿河守。三十六歌仙の一人。平兼盛 フレッシュアイペディアより)

  • 大枝直臣

    大枝直臣から見た駿河国駿河国

    大枝 直臣(おおえ の なおおみ、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。名は真臣とも記される。能登守・大枝真仲の子孫とする系図がある。官位は従五位下・駿河権守。大枝直臣 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部暉種

    矢部暉種から見た駿河国駿河国

    元々は駿河国安倍郡矢部村の地頭一族であったが正治2年(1200年)正月、梶原景時一族が鎌倉を追われた際、幕府の命を受け駿河国清見関にて梶原一族を討ち取った。この時、父・平次為定は播磨国福田庄を、嫡子の暉種は因幡国八東郡山田村外20ヶ村を恩賞として与えられ入部、若桜鬼ヶ城を築城して安土桃山時代まで続く因幡矢部氏の始祖となった。矢部暉種 フレッシュアイペディアより)

  • 宗長

    宗長から見た駿河国駿河国

    宗長(そうちょう、1448年(文安5年) - 1532年4月11日(天文元年3月6日))は室町時代後期の連歌師である。号は柴屋軒。駿河国島田(現在の静岡県島田市)の出身。鍛冶職五条義助の子として生まれた。宗長 フレッシュアイペディアより)

  • 巨勢苗麻呂

    巨勢苗麻呂から見た駿河国駿河国

    称徳朝の神護景雲元年(767年)従五位下・少納言に叙任されるが、翌神護景雲2年(768年)駿河守として地方官に転じる。巨勢苗麻呂 フレッシュアイペディアより)

1382件中 31 - 40件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード