1136件中 31 - 40件表示
  • 静岡県の地域

    静岡県の地域から見た駿河国駿河国

    西部、中部に加えて、前述の東部をさらに東部(富士川以東の旧駿河国)と伊豆(旧伊豆国)に分割した地域区分である。天気予報がこの区分で発表されることから、県民には馴染み深いものになっている。ただし、伊豆に含まれるエリアの最大の都市の三島市は天気予報では東部として扱われている。2005年4月の田方郡戸田村の沼津市への合併によって旧戸田村は天気予報で伊豆から東部となった。また、2004年4月榛原郡御前崎町と小笠郡浜岡町が合併したことによる御前崎市の成立で、旧御前崎町は中部から西部となった(御前崎が西部となったため強風波浪注意報が中部に出やすかったのが、西部に出やすくなった)。また、2008年11月の富士川町の富士市への合併によって旧富士川町は中部から東部となった。静岡県の地域 フレッシュアイペディアより)

  • 今橋合戦

    今橋合戦から見た駿河国駿河国

    永正3年(1506年)に駿河・遠江の戦国大名今川氏の軍勢が東三河の国人領主牧野古白を今橋城に攻めたものが知られている。この戦いで今川方が勝利し古白は戦死した。今川氏はこれに続く西三河の松平長親を征討する際にも、この戦いで得た今橋城を拠点として利用した。今橋合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 韮山県

    韮山県から見た駿河国駿河国

    韮山県(にらやまけん)は、1868年(慶応4年)に駿河国、相模国、武蔵国、甲斐国内の幕府領・旗本領および伊豆国一円(伊豆諸島も含む)を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は現在の静岡県、神奈川県、埼玉県、山梨県、東京都多摩地域に広く分布している。韮山県 フレッシュアイペディアより)

  • 吉美侯部

    吉美侯部から見た駿河国駿河国

    六国史(類聚国史の補分を含む)には吉弥侯部や吉弥侯を氏とする人物の記述が時折見られる。続日本紀では公民や官人としての君子氏や君子部氏、吉弥侯部氏、吉弥侯氏が記載されているが、類聚国史の「俘囚」の項には多くの吉弥侯部氏や吉弥侯氏が俘囚として記録されており、続日本後紀以降では俘囚以外にも賊首や賊主としての吉弥侯部氏、吉弥侯氏の記録がある。これら六国史の実際の記載としては「陸奥国俘囚」、「陸奥国賊首」、「出羽国俘囚」、「常陸国俘囚」、「甲斐国俘囚」、「甲斐国賊主」、「越中国俘囚」、「摂津国俘囚」、「播磨国俘囚」、「伊予国俘囚」、「安芸国俘囚長」、「因幡国俘囚」、「出雲国俘囚」、「豊前国俘囚」、「豊後国俘囚」とされているが、その殆どは何らかの功を挙げ位階を賜った記事となっている。これらの人物の中には、尾張国や駿河国、阿波国へ移配された者もあった。吉美侯部 フレッシュアイペディアより)

  • 万葉集

    万葉集から見た駿河国駿河国

    巻十四だけが東歌(あずまうた)の名をもっている。この卷には、上総・下総・常陸・信濃四国の雑歌、遠江・駿河・伊豆・相模・武蔵・上総・下総・常陸・信濃・上野・下野・陸奥十二国の相聞往来歌、遠江・駿河・相模・上野・陸奥五国の譬喩歌・国の分からないものの雑歌、相聞往来歌・防人歌・譬喩歌・挽歌・戯咲歌などが収められている。万葉集 フレッシュアイペディアより)

  • 慶長小判

    慶長小判から見た駿河国駿河国

    小判の鋳造は当初、家康の領国貨幣時代は江戸から始まったが、慶長6年(1601年)頃から京都、慶長12年(1607年)から元和2年(1616年)頃までは駿河、さらに、元和7年(1621年)から当時最大の産金を誇った、佐渡にも金座が設立され鋳造された。佐渡判は小判師の験極印の位置に筋見役(すじみやく)の極印「佐」、吹所の験極印は「神」、「当」のものがそれであるとされる。慶長小判 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾藩

    長尾藩から見た駿河国駿河国

    長尾藩(ながおはん)は、明治維新期の短期間、安房国に存在した藩。1868年に駿河田中藩主本多家が4万石で移封され、1871年の廃藩置県まで存続した。藩庁ははじめ長尾陣屋(現・千葉県南房総市白浜町滝口)に置かれ、のち北条陣屋(現・館山市北条)に移転した。長尾藩 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪原城

    諏訪原城から見た駿河国駿河国

    諏訪原城(牧野城)は遠江国の東端近くの牧之原台地の舌状台地の先端部に立地する。城のすぐ南を東海道が通り、東の金谷坂を下ると大井川をまたいで駿河国に入り、西の菊川坂を下ると小夜の中山を経由して掛川(現掛川市中心部)を中心としたやや広めの盆地部に出る。また、南に牧之原台地を下ると、菊川下流域の平野部に出る。諏訪原城 フレッシュアイペディアより)

  • 小山朝政

    小山朝政から見た駿河国駿河国

    寿永2年(1183年)2月、頼朝の御家人らは鎌倉に襲来すると風聞された平氏のため駿河国に在った。2月20日、常陸国志田に住む志田義広は鎌倉を攻める兵を挙げ、三万余騎を率い下野国へと到る。頼朝は下野に在った朝政にその対応を託し、それを助けるため弟の宗政らは鎌倉を発する。2月23日、義広は鎌倉へ向けて軍を発し、それに加わるよう朝政を誘う。朝政は父が京で大番役を勤めており兵が少なく、加わると偽りの答えを返す。喜んだ義広は朝政の館に向かい、その途中の野木宮に至ると、潜んでいた朝政らは声をあげ狼狽させ攻める。この時の朝政は25歳で力に優れ、火威の鎧を着け鹿毛の馬に跨り、四方に駆け多くの敵を亡ぼした。義広の放った矢を受け落馬するが死には至らず、野木宮の西南に陣を引いた義広を、朝政と宗政は東から攻め破った。野木宮合戦と呼ばれる。2月28日、使者を発し頼朝に戦勝を告げる。頼朝は義広に与した常陸国、下野国、上野国の武士を所領を収公し、朝政らは恩賞を得た。小山朝政 フレッシュアイペディアより)

  • 天野氏

    天野氏から見た駿河国駿河国

    天野氏(あまのし、あまのうじ)は日本の氏族、藤原南家工藤氏の一族(藤原北家の一族足立遠元を祖とするとも)で、伊豆国田方郡天野郷(現・伊豆の国市天野)に居住した地名を取って天野と称した。天野氏は後に遠江守護となった今川氏と結び、国人勢力として遠江にて共に力を拡大したが、やがて戦国大名に発展した今川氏に従属した。遠江国のほか、天野氏の支流が駿河国・三河国・尾張国・甲斐国・安芸国・能登国等に繁延している。天野氏 フレッシュアイペディアより)

1136件中 31 - 40件表示