1136件中 41 - 50件表示
  • 丸子城 (駿河国)

    丸子城 (駿河国)から見た駿河国駿河国

    丸子城(まりこじょう)は駿河国(現在の静岡県駿河区丸子)にかつてあった山城である。北城と南城があり、北城を指すと見られる宇津谷城、鞠子城、南城を指すと見られる三角城(みかど - )、赤目ヶ谷砦の別名がある。丸子城 (駿河国) フレッシュアイペディアより)

  • 鮫島宗家

    鮫島宗家から見た駿河国駿河国

    鮫島 宗家(さめじま むねいえ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の駿河国・薩摩国の武士。藤原南家の流れを汲む工藤氏の一族。佐女島 宗家(さめしま - )とも。鮫島宗家 フレッシュアイペディアより)

  • 小山田氏

    小山田氏から見た駿河国駿河国

    『鎌倉大草紙』『武田源氏一統系図』によれば南北朝期から甲斐守護武田氏と婚姻関係を持つ。明応8年(1499年)には小山田信長が塩山向嶽庵(甲州市、旧塩山市)の寺領であった田原郷(都留市)を安堵している。戦国期には甲斐守護で国中(甲府盆地)を治めた武田氏、富士川一帯の河内を治めた穴山氏とともに分立。駿河国の今川氏や相模国の後北条氏(伊勢氏)と結んでいたと考えられているが、『勝山記』によれば武田信虎と叔父の油川信恵の抗争では信恵方に属し、永正5年(1508年)には小山田弥太郎が戦死する。翌年には信虎の侵攻を受け、武田氏への従属を条件に和睦し、天正2年(1533年)には甲府に屋敷を持ち武田への帰属を強めるが、外交関係などで一定の独立性は有していたといわれる。享禄3年(1530年)には本拠を中津森館からより発展性の見込める谷村へ移転し、城下町整備を行う。小山田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 名草豊成

    名草豊成から見た駿河国駿河国

    名草 豊成(なくさ の とよなり、 宝亀3年(772年)- 仁寿4年8月25日(854年9月20日))は、平安時代前期の貴族。姓は直のち宿禰。名草島守の孫。文章生・名草木包の子とする系図がある。官位は従五位下・駿河介。名草豊成 フレッシュアイペディアより)

  • 水野忠友

    水野忠友から見た駿河国駿河国

    水野 忠友(みずの ただとも)は、江戸時代中期の旗本、のち大名、老中。三河国大浜藩主、駿河国沼津藩初代藩主。沼津藩水野家8代。水野忠友 フレッシュアイペディアより)

  • 額田郡一揆

    額田郡一揆から見た駿河国駿河国

    こうした中で、寛正6年三州額田郡内において、大場次郎左衛門・丸山中務入道父子・梁田左京亮等の侍たちが井口砦(岡崎市井ノ口町)に籠居して武装蜂起し、京方の威令に服さず、さりとて尾張国(守護は斯波氏)・駿河国(守護は今川氏)にも音信は無く、ただ、「鎌倉殿」=古河公方・足利成氏の命であると称して、域内の主要な道を封鎖して京への租税等官物を奪うなどの狼藉を働いていたという。このため時の幕府は、同年4月29日(新暦5月24日)付けで奉書を発して三河守護職・細川成之に鎮圧を命じた。守護職・細川氏は三河に発向し、更に国内の有力国人である西郷六郎兵衛・牧野出羽守の両名に出陣を命じた。西郷氏・牧野氏は数百の軍勢で三日三晩、一揆側の本拠地・井口砦を攻めて陥落させたが、なぜか一揆の大将分を全て取り逃してしまった。額田郡一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 土浦城

    土浦城から見た駿河国駿河国

    関東に入った徳川家康は、土浦を次男で結城氏に養子入りした結城秀康に与え、土浦城を領内の支城とする。秀康が越前国北ノ庄に移ると、藤井松平家の松平信一が3万5千石で入封。その後松平信吉の代に5千石の加増を受ける。元和3年(1617年)、信吉が上野国高崎に転封となって西尾忠永が2万石で入封。以後、城主は西尾氏・朽木氏と代わり、寛文9年(1669年)、土屋数直が4万5千石で入封。土屋氏は、天和2年(1682年)、子の政直のとき天和2年(1682年)駿河国田中に移ったが、代わって城主となった大河内松平家の松平信興が5年後の貞享4年(1687年)に大坂城代に転ずると、土屋政直が再び6万5千石で入封。その後三度の加増を受けて9万5千石となり、常陸国では水戸藩に次いで大きな領地を支配し、以後土屋氏が11代、約200年間世襲して明治維新に至った。土浦城 フレッシュアイペディアより)

  • 家老

    家老から見た駿河国駿河国

    小藩の場合は、家老に次ぐ年寄は置かれないことがほとんどであった。小藩の年寄で著名な人物に駿河国小島藩(1万石)の年寄本役の倉橋格(寿平)(戯作者恋川春町として著名)がいる。家老 フレッシュアイペディアより)

  • 都留郡

    都留郡から見た駿河国駿河国

    甲斐国の東海道編入に際しては東海道支路が設定され、駿河国横走駅から分岐して篭坂峠(加古坂)を経て都留郡域へ入り、御坂峠を経て山梨・八代郡域に想定されている甲斐国府へ至る甲斐国府へ至る官路(甲斐路、御坂路)が定められたが、都留郡はこの東海道支路の設定に伴い甲斐国へ編入された可能性が考えられている。都留郡 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉文化

    鎌倉文化から見た駿河国駿河国

    尾張国猿投窯では、すでに5世紀頃から須恵器が生産され、平安時代前期(9世紀)には中国の越州窯青磁を範とした施釉陶器が焼造されていた。しかし、平安時代中期以降、律令制の崩壊とともに猿投窯はその製品を支配者層向けから一般庶民層向けの大量生産品へと転換させていった。それに応じ、施釉陶に代わって実用的な無釉の碗皿(山茶碗)が大量生産されるようになるが、こうした動きは12世紀に本格化し、中世全体を通じて展開される。山茶碗窯の分布は、伊勢の亀山周辺、駿河の藤枝周辺、飛騨の高山周辺におよぶ広大なものである。これら猿投窯系の山茶碗窯のなかから常滑焼と渥美焼があらわれ、無釉または自然釉(窯の中で自然に灰が降りかかって釉薬となったもの)の壺、擂鉢、甕などの日常雑器が生産された。鎌倉文化 フレッシュアイペディアより)

1136件中 41 - 50件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード