1136件中 51 - 60件表示
  • 日静

    日静から見た駿河国駿河国

    日静(にちじょう、永仁6年(1298年) - 正平24年/応安2年6月27日(1369年7月31日))は、南北朝時代の日蓮宗・法華宗の僧。父は藤原北家(ほっけ)の末裔上杉頼重、母は足利氏の娘と言われ、姉の上杉清子が征夷大将軍足利尊氏の生母であるため尊氏の叔父とされる。字は豊龍。号は妙龍院。出身は駿河国(現在の静岡県)。六条門流の祖。日静 フレッシュアイペディアより)

  • 清洲同盟

    清洲同盟から見た駿河国駿河国

    永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長によって討たれると、それまで今川氏に従属していた徳川家康(当時は松平元康)は、岡崎城下の大樹寺で切腹を図ろうとしたと伝わる。寺の住職より泰平の世を築くべく生きよと諭された家康は切腹を思いとどまり、今川家から自立を図ったとされる。また、この岡崎城は家康の父祖伝来の居城であったが、今川軍に抑えられていた。しかしこの時、桶狭間の敗戦を聞いた今川軍は城を放棄して駿河方面に撤退していた。家康は祖父松平清康が一度は得ていた三河の支配権を取り戻す千載一遇の機会を得たのである。岡崎城に入った家康はその後、今川氏と同族の吉良氏などの三河における親今川勢力を攻撃しはじめる(善明堤の戦い及び藤波畷の戦い)。これに怒ったのが今川義元の子の今川氏真である。永禄4年(1561年)に家臣の吉田城代小原(大原)肥前守鎮実に命じ、松平(徳川)側の人質を城下の龍拈寺口で殺した。一説には串刺しと言う。東の駿河国の今川家との全面対決となった家康は西の織田信長への接近を考えた。また、凄まじい勢いで勢力を拡大する隣国の織田信長と同盟を結んでいたほうが得策との考えもあったとみられる。そこで、当時は家康の片腕であった石川数正を交渉役として、信長との同盟を模索する。清洲同盟 フレッシュアイペディアより)

  • よろず屋東海道本舗

    よろず屋東海道本舗から見た駿河国駿河国

    タイトルの「東海道」は、主人公2人の苗字「志摩」と「駿河」が東海道の旧国名であることに由来する。その他、一部の登場人物の名前も旧国名から取られている。よろず屋東海道本舗 フレッシュアイペディアより)

  • 精進湖

    精進湖から見た駿河国駿河国

    栄養湖でプランクトンが多く、湖色も緑色。ヘラブナやワカサギ、ブラックバス、タニシなどが生息している。右岸には、甲府から右左口宿を経て駿河国へ至る軍用道路である中道往還(現国道139号)が通る。毎年、カヌーの全国大会が開催されている。(ただし2007年は佐賀県で開催された。)精進湖 フレッシュアイペディアより)

  • 清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)

    清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)から見た駿河国駿河国

    第21話で初登場した渡世人。駿州由比の出。ども安を見舞うための甲州竹居村への道中の茶店で出会う。ども安の賭場でのいざこざから交換条件で次郎長を狙おうとするが逆に諭され、探していた幼馴染みの娘を救ってもらうなど多大な恩義を受けた。その時は子分にはならず由比に帰ったが、その後子分になったようで、第43話で凶状旅の一行の中におり、旅籠で急病(食あたり)に罹ってしまう。石松とは反対の目が隻眼だが、石松同様に眼帯はしていない。そのこともあって、鬼吉から「ニセ松」と呼ばれたことがある。僅か2回のみの出演。清水次郎長 (1971年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 牛久保六騎

    牛久保六騎から見た駿河国駿河国

    牛久保六騎(うしくぼろっき)は、戦国時代の東三河地方の牛久保城主牧野氏に参集していた寄騎衆の6氏をあらわす用語。「牛窪記」(江戸時代中期成立の軍記物)の記述中に現れる 「牛窪記」は、その構成メンバー6氏の姓氏を具体的には明示していないが、同文献中に登場する東三河の司頭とされる牧野・岩瀬・野瀬・真木・山本・稲垣・牧 の各氏が該当すると推測されている。彼らは天文年間には東三河に進出してきた戦国大名の今川氏(駿河方)に属していたが、今川義元の死後は寄親の牧野氏に先んじて徳川氏と和睦、牛久保牧野氏の徳川方帰属の仲立ちをしたとされる。牛久保六騎 フレッシュアイペディアより)

  • 興良親王

    興良親王から見た駿河国駿河国

    延元元年/建武3年(1336年)建武政権が崩壊すると、後醍醐天皇に供奉して山門の指揮官を務めたが、8月八幡山(京都府八幡市)に移り、11月には和泉巻尾山(大阪府和泉市)に移って紀伊粉河寺へ兵力を求めた。その後、後醍醐天皇の猶子となって親王宣下を受け、次の後村上天皇が即位すると間もなく征夷大将軍に任じられる。時に東国では常陸合戦の最中であり、その在地武士の結集を図る必要性から、興国2年/暦応4年(1341年)夏に常陸国に下向して小田城の北畠親房に迎え入れられた。同年11月城主小田治久が北朝方へ降ったため、春日顕時に奉じられて大宝城に移るも、戦況が好転しない下での籠城を余儀なくされ続け、興国4年/康永2年(1343年)春には小山城に移り、11月に本拠の関城・大宝城が陥落すると西走した。翌年(1344年)頃には駿河安部城の狩野貞長の許に逗留していたとみられる。興良親王 フレッシュアイペディアより)

  • 沼津兵学校

    沼津兵学校から見た駿河国駿河国

    沼津兵学校は1868年(明治元年)、フランスに倣った軍隊を目指すという目標を掲げ、駿河国沼津の沼津城内の建物を使って徳川家によって開校された兵学校のこと。受講資格は、徳川家の家臣である14歳から18歳ということが原則ではあった。しかし、他藩からの留学生もいたといわれる。初代学長は西周であり、教師は優秀な幕臣の中から選ばれた。沼津兵学校 フレッシュアイペディアより)

  • 寛永通宝

    寛永通宝から見た駿河国駿河国

    井之宮銭(いのみやせん):駿河井之宮で鋳造。井之宮銭とされていたものは発掘事実により岡山銭に変更される。「寛」字が小さく「縮寛」と呼ばれる。寛永通宝 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山

    富士山から見た駿河国駿河国

    明確に「富士山」と表記されるに至るにおいては駿河国富士郡に由来するとするものがあり、記録としては都良香の『富士山記』に「山を富士と名づくるは、郡の名に取れるなり」とある。富士山 フレッシュアイペディアより)

1136件中 51 - 60件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード