1382件中 51 - 60件表示
  • 朝日山城 (駿河国)

    朝日山城 (駿河国)から見た駿河国駿河国

    駿州西部、藤枝市(旧岡部町域を含む)・焼津市などが広がる志太平野の北西部に立地する、標高204メートルの独立丘「潮山」北端の支峰「牛伏山」(朝日山、標高約100メートル)山上に所在する。朝日山城 (駿河国) フレッシュアイペディアより)

  • 慶長小判

    慶長小判から見た駿河国駿河国

    小判の鋳造は当初、家康の領国貨幣時代は江戸から始まったが、慶長6年(1601年)頃から京都、慶長12年(1607年)から元和2年(1616年)頃までは駿河、さらに、元和7年(1621年)から当時最大の産金を誇った、佐渡にも金座が設立され鋳造された。佐渡判は小判師の験極印の位置に筋見役(すじみやく)の極印「佐」、吹所の験極印は「神」、「当」のものがそれであるとされる。慶長小判 フレッシュアイペディアより)

  • 銭座

    銭座から見た駿河国駿河国

    10年後の寛永13年(1636年)、足尾銅山などからの銅の産出が増大したことを受け、幕府が本格的に寛永通寳の鋳造を司ることになり、このとき設置された銭座は江戸浅草橋場、芝網縄手および近江坂本の3座であった。翌年の寛永14年(1637年)、流通のために充分な量の銭貨を確保するため3座に加えて、水戸、仙台、三河吉田、松本、高田、長門萩、備前岡山、および豊後竹田の8座が増設された。さらに寛永16年(1639年)、駿河井之宮に銭座が設けられたが、寛永17年(1640年)、前年に銭貨の相場が下落したことを受け、また軽薄な品が少なくないという理由から一旦、全銭座における鋳造停止が命じられた。なお、銭座の設置に際しては日本各地から私鋳銭に携わっていた職人が召し出されたが、鋳造停止によって仕事を失うと寛永通宝の密造に関わる者も現れた。このため、寛永20年(1643年)には全国的規模で私鋳銭の製造を禁止する命令を出している。銭座 フレッシュアイペディアより)

  • 谷津山古墳

    谷津山古墳から見た駿河国駿河国

    駿河国の領域では最大規模の古墳で、古墳時代前期(4世紀)の築造と推定される。名称は「柚木山神古墳(ゆのきやまのかみこふん)」や「谷津山1号墳」とも。谷津山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 韮山県

    韮山県から見た駿河国駿河国

    韮山県(にらやまけん)は、慶応4年(1868年)に駿河国、相模国、武蔵国、甲斐国内の幕府領・旗本領および伊豆国一円(伊豆諸島も含む)を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は現在の静岡県、神奈川県、埼玉県、山梨県、東京都多摩地域にあたる。韮山県 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井忠利

    酒井忠利から見た駿河国駿河国

    酒井 忠利(さかい ただとし)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。徳川氏の家臣。駿河田中藩主、武蔵川越藩初代藩主。老中。酒井忠利 フレッシュアイペディアより)

  • 本多正訥

    本多正訥から見た駿河国駿河国

    本多 正訥(ほんだ まさもり)は、幕末・明治維新期の大名。駿河国田中藩第7代藩主、安房国長尾藩初代藩主(知藩事)。正重系本多家12代。本多正訥 フレッシュアイペディアより)

  • 葛山氏

    葛山氏から見た駿河国駿河国

    葛山氏(かつらやまし)は、駿河国駿東郡葛山(現在の静岡県裾野市)を本拠とした武士である。桂山とも表記されることがある。葛山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 今川貞世

    今川貞世から見た駿河国駿河国

    今川 貞世(いまがわ さだよ)は、鎌倉時代後期から南北朝・室町時代の武将、守護大名。室町幕府の九州探題、遠江、駿河半国守護。九州探題赴任中は備後、安芸、筑前、筑後、豊前、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩の守護も兼ねた。歌人としても名高い。法名は了俊(りょうしゅん)で、今川了俊と呼ばれる事も多い。没年は異説あり。今川貞世 フレッシュアイペディアより)

  • 今橋合戦

    今橋合戦から見た駿河国駿河国

    永正3年(1506年)に駿河・遠江の戦国大名今川氏の軍勢が東三河の国人領主牧野古白を今橋城に攻めたものが知られている。この戦いで今川方が勝利し古白は戦死した。今川氏はこれに続く西三河の松平長親を征討する際にも、この戦いで得た今橋城を拠点として利用した。今橋合戦 フレッシュアイペディアより)

1382件中 51 - 60件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード