1136件中 61 - 70件表示
  • 桶狭間の戦い

    桶狭間の戦いから見た駿河国駿河国

    2万5千といわれる大軍を引き連れて尾張に侵攻した駿河の戦国大名である今川氏真・今川義元に対し、尾張の大名・織田信長が10分の1程とも言われる軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた、日本の歴史上最も華々しい逆転劇と言われる非常に有名な戦いである。桶狭間の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 上総国

    上総国から見た駿河国駿河国

    幕末から明治政府成立の過程で、請西藩は、朝命に抗したという理由で明治元年(1868年)12月に領地没収となる。また、徳川家達を駿河静岡藩70万石に封じたことによって、明治2年(1869年)までに、菊間藩、金ヶ崎藩(のちに桜井藩)、小久保藩、鶴舞藩、柴山藩(のちに松尾藩)、大網藩の6藩が新たに置かれた一方、幕府領・旗本領は安房上総権事・柴山典の管轄下に置かれた。上総国 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原康政

    榊原康政から見た駿河国駿河国

    永禄9年(1566年)、19歳で元服。同年齢の本多忠勝と共に旗本先手役に抜擢されて、与力50騎を付属される。以後も家康の側近にあって、旗本部隊の将として活躍。家康が駿河国の今川氏から独立し、尾張国の織田信長に従うと、姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦いなど数々の戦いで戦功を立てた。特に姉川では朝倉軍の側面攻撃で多大な武功を立てている。天正9年(1581年)の高天神城の戦いでは先陣を務めた。翌天正10年(1582年)の本能寺の変発生後の家康の伊賀越えにも同行している。榊原康政 フレッシュアイペディアより)

  • 今川義元

    今川義元から見た駿河国駿河国

    今川 義元(いまがわ よしもと)は、戦国時代の武将、駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。別名(初名)、氏元(うじもと)。今川義元 フレッシュアイペディアより)

  • 浅間神社

    浅間神社から見た駿河国駿河国

    延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳』には、名神大社として駿河国と甲斐国に「浅間神社」の記載がある。浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆諸島

    伊豆諸島から見た駿河国駿河国

    伊豆諸島は、歴史的には駿河国、のちに伊豆国に属していたが、近代以降はその流れを汲む静岡県には属さず、東京都に属している。実際、いったんは静岡県に属してから東京府(当時)に移管されている。これは、東京の財政が静岡よりも余裕があったからという説もあるが、後述のように江戸時代から航路が江戸の方に開けていて物的・人的交流ともに江戸(東京)方がより緊密であったことが、最も大きな理由であると言われている(「」の節を参照)。明治時代に静岡県に編入された際、島民や商人を中心として東京府への帰属を嘆願する運動も起きている。伊豆諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏綱

    北条氏綱から見た駿河国駿河国

    北条 氏綱(ほうじょううじつな)は、戦国時代の武将、相模国の戦国大名。伊豆国・相模国を平定した北条早雲の後を継いで領国を武蔵半国、下総の一部そして駿河半国にまで拡大させた。北条氏綱 フレッシュアイペディアより)

  • 甲越同盟

    甲越同盟から見た駿河国駿河国

    戦国時代、甲斐国は守護武田氏により統一され、武田晴信(信玄)期には相模国の後北条氏、駿河の今川氏との間で結ばれた軍事同盟である甲相駿三国同盟を背景に、信濃侵攻を開始して領国化を進め、北信地域において信濃国衆を後援する上杉氏と越対立していた。一方の越後国では守護代長尾氏により国内が統一され、相模後北条氏により北関東から駆逐された関東管領の上杉憲政から山内上杉家の家督と管領職を継承した上杉輝虎(謙信)は北関東で後北条氏と対決し、信濃では北信勢力を後援して武田氏と対決する二正面作戦を展開していた。甲越同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 大井川

    大井川から見た駿河国駿河国

    特に中流部は大蛇行地帯であり、『鵜山の七曲り』と呼ばれる蛇行地帯も形成されている。また、大井川は国境としても利用され、古くは駿河国と遠江国の境界線とされていた。大井川 フレッシュアイペディアより)

  • 足利直義

    足利直義から見た駿河国駿河国

    同年、天皇に無断で来援した尊氏と合流して東海道を東へ攻勢に転じ、反乱軍から鎌倉を奪還する。奪還後も鎌倉に留まった尊氏は、付き従った将士に独自に論功行賞などを行うが、これは直義の強い意向が反映されたとされている。しかし、建武政権から尊氏追討令が出、新田義貞を大将軍とする追討軍が派遣されるや、尊氏は赦免を求めて隠棲する。直義らは駿河国手越河原(静岡県静岡市駿河区)で義貞を迎撃するが敗北する(手越河原の戦い)。これに危機感を持った尊氏が出馬すると、これに合して箱根・竹ノ下の戦いで追討軍を破って京都へ進撃する。足利軍は入京したものの、翌 建武3年(1336年)陸奥国から上洛した北畠顕家や楠木正成、新田義貞によって京都市街戦に敗れ、再入京を目指すも摂津国豊島河原に敗れて九州へ走る(豊島河原の戦い)。道中の備後国にて光厳上皇の院宣を得て、多々良浜の戦いで建武政権側の菊池武敏に苦戦を強いられながらもこれを破るなど、西国の武士の支持を集めて態勢を立て直して東上を開始。海路の尊氏軍と陸路の直義軍に分かれて進み、湊川の戦い(兵庫県神戸市)で新田・楠木軍を破って再び入京する。足利直義 フレッシュアイペディアより)

1136件中 61 - 70件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード