1136件中 71 - 80件表示
  • 静岡浅間神社

    静岡浅間神社から見た駿河国駿河国

    神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなり、「静岡浅間神社」は総称。三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われている。式内社二社(神部神社・大歳御祖神社)、駿河国総社(神部神社)。三社合わせて旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。静岡浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 飯富虎昌

    飯富虎昌から見た駿河国駿河国

    一時期、今井信元・栗原兵庫らと共に信虎に反旗を翻したが、降参して許されて信虎に臣従した。天文5年(1536年)に北条氏綱が駿河に侵攻すると、信虎と共に今川軍の援軍として参戦し、北条軍を大いに破った。天文7年(1538年)にも諏訪頼満・村上義清の連合軍と戦い、このとき寡兵であるにも関わらず、数で勝る連合軍を打ち破り、自らは首級97を挙げるという軍功を挙げたとまでされている。飯富虎昌 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場信春

    馬場信春から見た駿河国駿河国

    永禄11年(1568年)の駿河攻めにも参加する。永禄12年(1569年)の三増峠の戦いでは、先鋒として北条軍と戦い、武功を挙げた。元亀3年(1572年)の信玄による西上作戦にも参加し、信玄から一隊の指揮を任されて只来城を攻略した。三方ヶ原の戦いにも参加し、徳川軍を浜松城下まで追い詰めるという武功を挙げた。馬場信春 フレッシュアイペディアより)

  • 今川貞世

    今川貞世から見た駿河国駿河国

    今川 貞世(いまがわ さだよ)は、鎌倉時代後期から南北朝・室町時代の武将、守護大名。室町幕府の九州探題、遠江、駿河半国守護。九州探題赴任中は備後、安芸、筑前、筑後、豊前、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩の守護も兼ねた。歌人としても名高い。法名は了俊(りょうしゅん)で、今川了俊と呼ばれる事も多い。没年は異説あり。今川貞世 フレッシュアイペディアより)

  • 平兼盛

    平兼盛から見た駿河国駿河国

    平 兼盛(たいら の かねもり、生年不詳 - 正暦元年12月28日(991年1月21日))は、平安時代中期の歌人である。三十六歌仙の一人。父は光孝天皇の曾孫にあたる大宰大弐・篤行王。臣籍降下前は兼盛王と名乗っていた。官位は従五位上・駿河守。平兼盛 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県

    千葉県から見た駿河国駿河国

    これらの藩のうち、菊間藩(旧駿河沼津藩)、鶴舞藩(旧遠江浜松藩)、桜井藩(旧駿河小島藩)、小久保藩(旧遠江相良藩)、柴山藩(旧遠江掛川藩)、長尾藩(旧駿河田中藩)、花房藩(旧遠江横須賀藩)は、徳川宗家の静岡入封に合わせて駿河・遠江両国から移転してきた藩である。また、加知山藩は知藩事任命に当たって勝山藩から改称したもの。千葉県 フレッシュアイペディアより)

  • 武田信光

    武田信光から見た駿河国駿河国

    『吾妻鏡』に拠れば、治承4年(1180年)の源頼朝が挙兵したことに呼応して父と共に挙兵し、駿河国にて平氏方の駿河国目代橘遠茂と戦い、これを生け捕りにするという軍功を挙げたという(鉢田の戦い)。甲斐源氏の一族は逸見山や信光の石和館で頼朝の使者を迎え挙兵への参加を合意し、治承・寿永の乱において活躍する。信光は頼朝の信任が篤く、源義仲とも仲が良かったことから、義仲の嫡男に娘を嫁がせようと考えていたが、後に信濃国の支配権を巡って義仲と不仲になってこの話は消滅した。後に頼朝が義仲の追討令を出したのは、この信光が義仲を恨んで讒訴したためであるとも言われている。元暦元年(1184年)、義仲追討軍に従軍して功を挙げ、直後の一ノ谷の戦いにおいても戦功を挙げた。武田信光 フレッシュアイペディアより)

  • 古河公方

    古河公方から見た駿河国駿河国

    しかし、明応3年(1494年)に定正が陣中で急死した後、家督を継承した上杉朝良が駿河国の今川氏親や伊勢宗瑞(北条早雲)らの支援を得る一方で、今度は顕定が第2代古河公方となった政氏らの支援を得て再度対陣し、永正元年(1504年)武蔵立河原で扇谷勢が大勝したにも関わらず、永正2年に山内勢が朝良の本拠河越城を攻撃すると、朝良は顕定に和睦を申し出て乱が終結した。古河公方 フレッシュアイペディアより)

  • 宗長

    宗長から見た駿河国駿河国

    宗長(そうちょう、1448年(文安5年) - 1532年4月11日(天文元年3月6日))は室町時代後期の連歌師である。号は柴屋軒。駿河国島田(現在の静岡県島田市)の出身。鍛冶職五条義助の子として生まれた。宗長 フレッシュアイペディアより)

  • 久能山御蔵金銀

    久能山御蔵金銀から見た駿河国駿河国

    久能山御蔵金銀(くのうさんおくらきんぎん)とは、元和2年(1616年)に徳川家康が死去した際に隠居城であった駿府城に遺した金銀のこと。死去後に東照宮が造営された駿河国久能山にて保管された。久能山御蔵金銀 フレッシュアイペディアより)

1136件中 71 - 80件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード