1136件中 81 - 90件表示
  • 橘三喜

    橘三喜から見た駿河国駿河国

    寛永12年(1635年)肥前国平戸 (現在の長崎県平戸市)に平戸七郎宮(現亀岡神社に合祀)の祠官大鳥刑部の子として生まれた。名を美津与志と言う。16歳で第4代平戸藩主松浦鎮信に認められ、神道を学ぶよう命じられた。駿河国府中浅間神社の神主(現在の静岡浅間神社を構成する神部神社(総社)の神主)志貴昌興の門人となり、また吉川惟足や吉田家に学んだと言われる。正保4年(1647年)には、藩主松浦鎮信の命により平戸神楽を創っている。橘三喜 フレッシュアイペディアより)

  • 正親町三条実福

    正親町三条実福から見た駿河国駿河国

    天文9年(1540年)叙爵。以降累進して、侍従・越前介・右近衛少将・尾張権介を経て、弘治3年(1557年)参議となり、公卿に列する。永禄元年(1558年)に甲斐国へ下向したが、翌年には帰京。永禄5年(1562年)に権中納言に任じられる。永禄8年(1565年)には駿河国へ下向。その翌年には帰京したが、永禄10年(1567年)には正親町天皇の勅勘を被り、蟄居を命じられた。その翌年に薨去。享年33。正親町三条実福 フレッシュアイペディアより)

  • 柴屋寺

    柴屋寺から見た駿河国駿河国

    この寺は、駿河国島田出身で今川義忠にも仕えた連歌師宗長(1448年 - 1532年)が永正元年(1504年)に結んだ草庵(柴屋軒)にはじまり、今川氏親が寺に改めたものと伝えられる。江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられていた。柴屋寺 フレッシュアイペディアより)

  • 大道寺資親

    大道寺資親から見た駿河国駿河国

    大道寺 資親(だいどうじ すけちか、??元亀元年3月12日(1570年)?)は、戦国時代の後北条氏の家臣。大道寺周勝の子とするのが通説であるが、弟や従兄弟とする説もある。大道寺政繁の父。受領名は駿河守。通称は弥三郎。大道寺資親 フレッシュアイペディアより)

  • 分倍河原の戦い (室町時代)

    分倍河原の戦い (室町時代)から見た駿河国駿河国

    一方、京都の室町幕府ではこの年明け早々にこの戦いの報が入っていたが、成氏に同情的な意見もあり議論は紛糾した。だが、管領細川勝元の意向で3月には成氏討伐令が上杉氏一族をはじめ周辺の守護である今川範忠(駿河)・小笠原光康(信濃)・宇都宮等綱(下野)・千葉胤直(下総(前守護))にも下された。宇都宮・千葉両氏は江ノ島合戦では成氏側についていたが、宇都宮氏は元々父親である先代持綱を成氏の父・持氏に殺されたために復讐の機会を狙っており、千葉氏では江ノ島当時の当主であった守護・胤将が急死して持氏と対立していた先代胤直が復帰していたため、今川氏・小笠原氏とともに成氏討伐軍に加わったのである。分倍河原の戦い (室町時代) フレッシュアイペディアより)

  • 淵野辺城

    淵野辺城から見た駿河国駿河国

    淵辺義博は足利尊氏の弟である足利直義配下の武将であった。1335年に北条時行による中先代の乱が起こると戦況が悪いと見た足利直義は義博に後醍醐天皇の皇子護良親王を殺害するように命令する。義博は護良親王を殺害するとその首を藪のなかに捨てたと太平記には書かれている。その後義博は直義に従って駿河国で北条氏と戦うがそこで戦死してしまう。淵野辺城 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻城

    江尻城から見た駿河国駿河国

    江尻城(えじりじょう)は駿河国江尻(現在の静岡県静岡市清水区江尻町)にかつてあった城である。江尻城 フレッシュアイペディアより)

  • 今川範将

    今川範将から見た駿河国駿河国

    当初は遠江堀越郷(現在の静岡県袋井市)に居館があったとされる。永享9年(1437年)、今川氏宗家とされていた駿河守護の今川範忠が永享の乱の戦功によって、室町幕府6代将軍足利義教より「天下一苗字」(「今川」姓を範忠の直系子孫である今川氏宗家の独占とする)命令が出されたため、やむなく姓を「堀越」と改めたとされている(堀越改姓の時期については範将死後とする異説もある)。今川範将 フレッシュアイペディアより)

  • 北条国時

    北条国時から見た駿河国駿河国

    元弘3年(1333年)5月、国時の子と見られる「陸奥六郎」が家人と共に籠城していた陸奥国安積郡佐々河城で宮方の攻撃を受けて落城している。また建武2年(1335年)8月14日、駿河国国府合戦では、国時の子と見られる「塩田陸奥八郎」が生け捕られている。北条国時 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵奉行

    蔵奉行から見た駿河国駿河国

    蔵奉行という言葉の初出は慶長15年(1610年)とされ、江戸の浅草御蔵の成立は元和6年(1620年)成立と言われている。ただし、蔵奉行の組織の成立は経済的先進地であった上方の方が先んじており、大坂では元和7年(1621年)、京都では寛永2年(1625年、ただし寛政2年(1790年)までは京都町奉行支配下)、江戸では寛永13年(1636年)の事であった。また一時期は駿河国清水・近江国大津・摂津国高槻にも設置されたが、幕末まで存続したのは江戸・京都・大坂の3ヶ所のみである。蔵奉行 フレッシュアイペディアより)

1136件中 81 - 90件表示