211件中 101 - 110件表示
  • 駿河国

    駿河国から見た奈良時代

    西隣の遠江国との境は大井川であった。奈良時代の大井川は、山間を出てから現在より北に折れ、今の栃山川を流れており、その流路が境であった。後世に、大井川の流路変更に従って、駿河国の領域が西に広がった。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た鎌倉時代

    1192年に源頼朝が鎌倉幕府を開き、畿内の朝廷と東国の幕府二つの政権が並立する時代では、両地域を結ぶ東海道の要衝。また、鎌倉時代には、円爾が安倍川流域で緑茶栽培を広めた。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た2009年

    駿河国分寺跡創建時の位置は不詳。静岡市駿河区大谷の片山廃寺跡(国の史跡、)が有力候補地とされる。塔跡が未発見であったこともあり、片山廃寺の国分寺説を否定する意見も挙げられているが、平成21年(2009年)の調査で塔跡と推定される版築が見つかり、国分寺の可能性を高めている。片山廃寺を否定する説では、静岡市葵区長谷町付近や駿府城内東北部を候補に挙げる。国分寺の法燈は、静岡市葵区長谷町の龍頭山国分寺()が伝承する(詳しくは「駿河国分寺」参照)。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た安倍郡

    680年(天武天皇9年)に、東部の2郡を分離して伊豆国を設置した。それに伴い、駿河郡駿河郷(現在の沼津市大岡付近)にあった国府が安倍郡に移った。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た駿河国分寺

    駿河国分寺跡創建時の位置は不詳。静岡市駿河区大谷の片山廃寺跡(国の史跡、)が有力候補地とされる。塔跡が未発見であったこともあり、片山廃寺の国分寺説を否定する意見も挙げられているが、平成21年(2009年)の調査で塔跡と推定される版築が見つかり、国分寺の可能性を高めている。片山廃寺を否定する説では、静岡市葵区長谷町付近や駿府城内東北部を候補に挙げる。国分寺の法燈は、静岡市葵区長谷町の龍頭山国分寺()が伝承する(詳しくは「駿河国分寺」参照)。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た和名類聚抄

    駿河は当初、須流加(『和名類聚抄』)、須留可(「東遊駿河舞歌」)、薦河(『駿河国風土記』)などとも表記され、尖川ないし駿馬の如きつまり、山から海に落ちる険しい川の意図をもって命名されたといわれている。富士川の流れが急峻であることに由来するというものである。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た東海道

    駿河国(するがのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た清水区

    二宮:豊積神社 (静岡市清水区由比町屋原、)駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た静岡浅間神社

    総社:神部神社 (静岡市葵区宮ヶ崎町、) - 静岡浅間神社を構成する1社。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た朝廷

    7世紀に朝廷が珠流河国造(現在の静岡県東部)と廬原国造(現在の静岡県中部)の領域を合併して駿河国とした。廬原(いおはら)君臣の子大蓋(おおがさ)が国造に任命され、孫の首麻呂は神護景雲3年(769年)、駿河国の新国造となった。『旧事本紀』の「国造本紀」に静岡県内の国造として6国造が書かれている。素賀・遠淡海・珠流河・廬原・久努・伊豆の六国造。古墳群の分布の検討から素賀は原野谷川・逆川流域、遠淡海を磐田原台地西南部、珠流河を富士・愛鷹山麓、廬原を清水平野、久努を太田川流域、伊豆を伊豆半島のそれぞれの地域に国造領域を比定している。(『静岡県史』通史編1)駿河国 フレッシュアイペディアより)

211件中 101 - 110件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード