197件中 101 - 110件表示
  • 駿河国

    駿河国から見た今川氏

    戦国時代には、今川氏の地盤となる。義元の時代には、駿府(静岡市)には、戦乱を逃れた京の都の公家や文化人が転入し「東(国)の都」、或いは「東(国)の京」、と呼ばれる繁盛を見せた。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た富士郡

    富士郡 - 幕府領、旗本領、沼津藩、相模小田原藩、相模荻野山中藩、三河西尾藩駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た東海道

    駿河国(するがのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た朝廷

    7世紀に朝廷が珠流河国造(現在の静岡県東部)に廬原国造(現在の静岡県中部)の領域と併せて駿河国とした。廬原(いおはら)君臣の子大蓋(おおがさ)が国造に任じられ、孫の首麻呂は神護景雲三(769)年、駿河国の新国造となった。『旧事本紀』の「国造本紀」に静岡県内の国造として六国造が書かれている。素賀・遠淡海・珠流河・廬原・久努・伊豆の六国造。古墳郡の分布の検討から素賀は原野谷川・逆川流域、遠淡海を磐田原台地西南部、珠流河を富士・愛鷹山麓、廬原を清水平野、久努を太田川流域、伊豆を伊豆半島のそれぞれの地域に国造領域を比定している。(『静岡県史』通史編1)駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た陸奥石川氏

    石川光貞:鎌倉時代前期の武将。大和源氏の流れを汲む陸奥石川氏8代目当主駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た大井川

    西隣の遠江国との境は大井川であった。奈良時代の大井川は、山間を出てから現在より北に折れ、今の栃山川を流れており、その流路が境であった。後世に、大井川の流路変更に従って、駿河国の領域が西に広がった。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た伯太藩

    渡辺豪綱:和泉伯太藩第5代藩主駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た延喜式神名帳

    延喜式神名帳』には、大社1座1社・小社21座21社の計22座22社が記載されている。大社1社は以下に示すもので、名神大社である。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た廃藩置県

    1871年(明治4年)7月14日 - 廃藩置県により静岡県の管轄となる。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た佐竹氏

    佐竹貞義:鎌倉時代末期・南北朝時代の武将、常陸守護。佐竹氏の第8代当主駿河国 フレッシュアイペディアより)

197件中 101 - 110件表示

「静岡東部のできごと」のニューストピックワード