98件中 21 - 30件表示
  • 反独裁民主戦線

    反独裁民主戦線から見た非常事態宣言非常事態宣言

    4月11日、パタヤでASEAN+3や東アジアサミットが行われるホテルにデモ参加者が乱入したため、会議は中止を余儀なくされた。すでに会場入りしていた一部の首脳はホテルの屋上からヘリコプターで脱出するなどして、パタヤから避難した。これらの事態を受け、アピシットはパタヤとチョンブリー県に非常事態宣言を発令した。反独裁民主戦線 フレッシュアイペディアより)

  • ニジェールの大統領

    ニジェールの大統領から見た非常事態宣言非常事態宣言

    1999年制定の現行憲法は半大統領制を採用しており、行政権は大統領と首相によって分割されている。大統領は首相および閣僚の任免、国軍の最高指揮権、非常事態宣言の発令権を持ち、首相との協議の上で憲法裁判所および最高裁判所長官を任命することもできる。国際条約を批准する権限も持つが、防衛協定や平和条約、および国際機関と関係する協定が、国内法の改定や財政上の責務を負うものである場合は、司法判断に基づき批准される。ニジェールの大統領 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・デ・ミランダ

    フランシスコ・デ・ミランダから見た非常事態宣言非常事態宣言

    翌年になると王党派の叛乱により、第一共和国は領土の拡大に挫折した。加えて、カカオのプランテーション農業が改善されなかった為、貧困層からの支持率は低迷した。更に1812年5月26日にカラカス大地震が発生し国土全域に潰滅的な打撃を受けた。国民はこれを摂理の観点から聖木曜日に対する敬虔な心の不足の結果と捉えて、叛乱は大規模化した。6月4日にはバルセロナが王党派の手に落ちた。加えてファン・ドミンゴ・デ・モンテベルデ率いるスペイン王国海軍が上陸、市民がスペイン王国海軍に加勢し、ミランダはベネズエラ中心部の僅かな領域のみでしか権力を行使出来ない状況に陥った。第一共和国は非常事態宣言を発令、ミランダを大元帥に任命した物の、スペイン王国軍が7月半ばにバレンシアを占領し、ミランダは絶望的状況に追いやられた。7月25日にミランダはスペイン王国側と休戦協定を締結し、王党派が到着する以前に、ラグアイラから英国の船で国外脱出したが、シモン・ボリバル等から外患罪を問われ、最終的にスペイン王国軍にミランダは捕えられた。この背景にはシモン・ボリバルはミランダを反逆者として処刑したかったが、周囲がそれを阻止した経緯があった。と言うのもシモン・ボリバルは、和平条約をスペイン帝国が気にかけている事をミランダが信じているならば、彼は条約通りに動くだろうし、そうで無いならば彼は叛逆者となり、軍に殺されるだろう、と言う解釈をミランダに対してしていたのである。然し、皮肉な事に、ミランダによってこの解釈はスペイン帝国側に伝わり、ミランダが逃亡する機会を与えた。フランシスコ・デ・ミランダ フレッシュアイペディアより)

  • バージニア工科大学銃乱射事件

    バージニア工科大学銃乱射事件から見た非常事態宣言非常事態宣言

    ブッシュ大統領が緊急声明を出し、翌日には現場を訪れた。また、来日していたバージニア州のティム・ケイン知事は日本から非常事態宣言を発令し記者会見を行った後に、緊急帰国した。日本の塩崎恭久官房長官や、イギリスのエリザベス女王など、アメリカには世界中から追悼の意が寄せられた。バージニア工科大学銃乱射事件 フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・コーク

    クリストファー・コークから見た非常事態宣言非常事態宣言

    キングストン市チボリガーデン地区の熱狂的なコーク支持者はこれに抗議し、武装した上チボリガーデン地区にバリケードを築き、軍・警察の立ち入り調査を拒否し、さらに三つの警察署に放火した。24日にはコーク支持者と警察・軍との間では激しい銃撃戦がおき、同日未明にはキングストン市内に非常事態宣言が発令された。軍・警察は24日には1000人以上の人員を投入し、さらにはヘリコプターによる焼夷弾攻撃をも行い、27日までには4人の当局関係者と乳幼児を含む76人が死亡し、500人以上が逮捕拘留された。28日以降は衝突は沈静化した。クリストファー・コーク フレッシュアイペディアより)

  • 2005年パリ郊外暴動事件

    2005年パリ郊外暴動事件から見た非常事態宣言非常事態宣言

    11月8日 - 政府は、危機管理のための臨時閣議を開き、12日間非常事態宣言を宣言。県知事に夜間外出禁止のアレテを発する権限を付与するデクレを発布した。しかし、その効果について各界から疑問の声が上がっており、現実に事態の変化がみられていない。閣議では秩序の回復を呼びかけることを確認した。2005年パリ郊外暴動事件 フレッシュアイペディアより)

  • トーントン (マサチューセッツ州)

    トーントン (マサチューセッツ州)から見た非常事態宣言非常事態宣言

    2005年10月には市街で一週間に約230ミリの大雨が降り、郊外のホイッテントン・ポンド・ダムの決壊が危ぶまれた。2000人以上の市民が避難し、当時のロバート・ヌネス市長は非常事態宣言を発令。ダムが決壊した場合、ミル川の氾濫でダウンタウンが2メートル浸水するとの試算が出された。これをうけて、州のミット・ロムニー知事(当時)はワシントンD.C.に危険性の高い全米のダムの即時調査を要請した。トーントン (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • クロアチア社会主義共和国

    クロアチア社会主義共和国から見た非常事態宣言非常事態宣言

    1990年3月、ユーゴスラビア人民軍はユーゴスラビア大統領評議会(幹部会、ユーゴスラビアの6の共和国と2の自治州の代表者からなる)との会合を持ち、連邦において人民軍が権限を持つべく非常事態を宣言するよう求めた。ミロシェヴィッチとその同調者に乗っ取られた4人の代表者(セルビア、モンテネグロ、ヴォイヴォディナ、コソボ)はこれに賛同したものの、その他の4人の代表者(クロアチア、スロベニア、マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ)は反対し、この計画は阻止された。既に機能不全に陥り、死にゆく国家となっていたユーゴスラビアでは、その後もセルビア人の指導者らはこの計画を何度かにわたって試みたものの、いずれも他の4箇国の代表者らが一致してこれに反対し、計画が実現されることはなかった。これによって、国際社会はセルビアがユーゴスラビアの危機を作り出しているとの印象を受け、その後に続いたセルビア人によるクロアチアやボスニア・ヘルツェゴビナでの都市の破壊や数多くの戦争犯罪と併せて、セルビアとモンテネグロに対する国際連合による経済制裁を招いた。1992年初頭、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国は事実上、消滅を迎えた。クロアチア社会主義共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム同胞団

    ムスリム同胞団から見た非常事態宣言非常事態宣言

    エジプトにおける1987年および2005年11月-12月の人民議会選挙では、スローガンに「イスラームこそ解決」を掲げた。2004年3月の「改革イニシアティブ」では、約100項目の改革案のうち、民主化・政治改革の18項目が最優先とされ、基本的な権利と自由、立憲議会制、適切な法改正と法秩序などを掲げた。2005年9月の大統領選挙では、憲法規定により候補者を擁立できず「自主投票」を呼びかけたが、「圧制者」や非常事態宣言を批判した。ムスリム同胞団 フレッシュアイペディアより)

  • ライブ・フレッシュ

    ライブ・フレッシュから見た非常事態宣言非常事態宣言

    1970年1月、フランコ政権による非常事態宣言が発令される中、若い娼婦イサベルはバスの中で男の子を生む。彼女は赤ん坊にビクトルという名を付けた。ライブ・フレッシュ フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「非常事態宣言」のニューストピックワード