98件中 61 - 70件表示
  • スーダン

    スーダンから見た非常事態宣言非常事態宣言

    1989年6月30日、オマル・アル=バシール准将がイスラム主義組織民族イスラム戦線 (NIF) と連携して無血クーデターを成功させた。バシールは、「革命委員会」を設置して非常事態を宣言し、自ら元首、首相、革命委員会議長、国防相に就任し、NIFの主張に沿ったイスラーム化を推進した。最高機関だった革命委員会は1993年10月、民政移管に向け解散し、同委員会の権限は内閣に委譲されたが、バシールが首相を兼任したまま大統領に就任した。1996年3月の議会選では欧米諸国との関係改善を図るバシール大統領派が圧勝し、バシール政権が存続した。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • フィジー

    フィジーから見た非常事態宣言非常事態宣言

    パプアニューギニアと並ぶ南太平洋の島嶼国のリーダーで、現在は軍事政権。軍事政権は、2009年3月に民政復帰のための総選挙を実施するとしていたが、延期することを明らかにした。2009年4月高裁が軍事政権を違法と判断を下したため、イロイロ大統領は憲法を廃止して自らが政府の実権を握ったと言明し、バイニマラマ軍司令官を暫定首相に再任し、国内に30日間の非常事態宣言を発令し、総選挙を2014年に先送りすると表明した。軍事政権はメディアへの検閲を開始し、オーストラリアABC放送の記者らを国外退去させた。市民生活は通常通り。フィジー フレッシュアイペディアより)

  • 西ドイツ

    西ドイツから見た非常事態宣言非常事態宣言

    大連立下の議会では、論議の的となってきた非常事態宣言法など憲法上の権利を制限する法律が成立した。この法律に対し学生運動や労働組合は反対の声を上げた。1967年には学生デモに参加していた学生ベンノ・オーネゾルクの射殺により運動が過熱し、1968年には学生運動の指導者ルーディ・ドゥチケに対する暗殺未遂事件が発生した。西ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た非常事態宣言非常事態宣言

    土砂災害、洪水、噴火、火災、爆発、その他の災害が発生する可能性がある場合、自治体は対象となる居住者に避難を呼びかける。レベルの低い順から避難準備情報、避難勧告、避難指示、警戒区域設定、災害緊急事態発布となる。これらの情報は主に防災無線を経由して、広報車、屋外スピーカー、個別受信機、また自治体のウェブサイトなどで告知される。突発的な災害や災害意識の薄い場合には、この情報伝達が不十分となり避難が遅れる場合があり、問題となっている。なお、日本では住民に対して強制力を持つ「避難命令」は存在しないほか、事実上の国家非常事態宣言である災害緊急事態は災対法上規定されているものの実際に発動された事はない。災害 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対君主制

    絶対君主制から見た非常事態宣言非常事態宣言

    また、制度的には民主的な憲法が存在しても、君主が非常事態宣言や国会停止などの強権を頻繁にあるいは長期に発動している場合、三権分立などの権力分立が行われていても各要職を王族で固めて相互チェックが機能していない場合、更には国民の知る権利が不十分で実質的な批判ができない場合(いわゆる非自由主義的民主主義)など、立憲主義が形骸化している場合には、実質的には絶対君主制に近いとも言える。ただしこれらは立憲君主制に限らず共和制でも共通である。絶対君主制 フレッシュアイペディアより)

  • ミヘイル・サアカシュヴィリ

    ミヘイル・サアカシュヴィリから見た非常事態宣言非常事態宣言

    その後、野党デモをきっかけとした非常事態宣言(2007年11月7日)やデモを武力で排除するなど強権的な手法を行い、国内外からの批判が強まった。バラ革命後も政情不安は改善せず、ロシアが平和維持としてアブハジアに軍を駐留するなど、ロシアとの外交関係は険悪化した。こうしたサアカシュヴィリの強行的な言論弾圧や政敵排除は、後ろ盾であるアメリカ合衆国などを始め、民主化の後退との印象を強めさせた。その後サアカシュヴィリは非常事態宣言を解除(11月16日)し、国民の不満を受けて次期大統領選の前倒しを宣言して立候補し当選した。ミヘイル・サアカシュヴィリ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・フジモリ

    アルベルト・フジモリから見た国家非常事態宣言非常事態宣言

    フジモリは議会を解散し、新たに設けた民主憲法議会の選挙を招集した。翌年議会により1993年憲法が制定されている。同時に国家非常事態宣言と戒厳令をしき、裁判所と憲法下の権利を制限、テロリズムに対処するために"severe emergency laws(特別非常事態法)"を制定した。自己クーデターに反対する動きがわずかにあったものの、国民の大多数はこれを歓迎した。直後に行われた調査では、フジモリによる国会解散と司法制度の改革を国民の73%が支持している。アルベルト・フジモリ フレッシュアイペディアより)

  • 小金井市

    小金井市から見た非常事態宣言非常事態宣言

    かつて武蔵小金井駅そばのジャノメミシン工場跡地を新清掃工場の有力候補地としていたが、小金井市民の反対運動により断念し、二枚橋清掃工場跡地にゴミ処理施設を建設することを決めた。しかし、二枚橋清掃工場跡地は、調布市と府中市の市有地であり、そもそも市有地管理の両市の同意を得ずに決定した計画であるため、調布市は拒否している。そのため予定表を作成できず2006年10月1日、無期限でごみ非常事態宣言を出した。小金井市 フレッシュアイペディアより)

  • 国家緊急権

    国家緊急権から見た非常事態宣言非常事態宣言

    具体的には有事に際して非常事態宣言或いは戒厳を発令し、一時的に緊急措置の発動を可能とする権能のことである。国家緊急権 フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス・ファクト

    チャック・ノリス・ファクトから見た非常事態宣言非常事態宣言

    (チャック・ノリスがワシントンD.C.に立ち寄るとき、地元当局は非常事態宣言を公布する)チャック・ノリス・ファクト フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示

「非常事態宣言」のニューストピックワード