167件中 61 - 70件表示
  • ラカイン州

    ラカイン州から見た非常事態宣言非常事態宣言

    1948年、アラカンは新たに独立したビルマ連邦の一部となり、3つの地区はラカイン管区となった。1950年代から、ラカイン地方の分離(:en:secession)独立を回復するための運動が活発になった。この感情をなだめる役割のひとつとして、1974年、ネ・ウィンの社会主義政権は、アラカン地区からラカイン州を構成し、地域の多数派のラカイン族に名目上の自治権を与えた。ムジャーヒディーンと自称しているイスラム分離主義勢力もまたイスラム教のバングラデシュベンガル地方に隣接する国境地域でイスラム国家樹立を目的とする反乱を継続している。これに対する弾圧で生じた難民問題が、国連でも無国籍扱いになっている、ロヒンギャ族問題である。同様の難民問題は、バングラデシュからインドのトリプラ州へ流入するベンガル人問題でもみられている()。バングラデシュ政府によるチッタゴン管区の少数民族居住地での同化政策や、ダム建設による10万人近い住民の強制立ち退きも、両国の難民に共通する背景である。うち2万人がミャンマーへ、4万人がインドへそれぞれ難民として移住している。2012年6月8日には、ロヒンギャ族と仏教徒との対立が激化。大規模な衝突が発生し、ラカイン州には非常事態宣言が出された()。外国人(支援団体)に排他的傾向を示す住民も多く、2014年2月には州都にある国境無き医師団の事務所に抗議行動が行われたほか、翌3月には世界食糧計画の倉庫が暴徒に襲撃されている。2017年8月25日には、州内の複数の警察、軍の施設が武装組織に攻撃を受ける事件が発生。アラカン・ロヒンギャ救世軍が犯行声明を出した。ラカイン州 フレッシュアイペディアより)

  • パルヴェーズ・ムシャラフ

    パルヴェーズ・ムシャラフから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2007年10月6日に大統領選挙が行われ、圧倒的多数の票を得たが、陸軍参謀総長の大統領選挙出馬は違憲の訴訟が係争中だったため、当選決定が大幅に遅れた。このため11月3日、当選無効判決を阻止すべく、軍を動員して最高裁判所を封鎖すると共に、彼に否定的だったチョードリー最高裁長官を解任し、自宅軟禁した。また、全土に非常事態宣言を行ない憲法を停止して戒厳令状態に置いた。陸軍参謀総長の大統領選挙出馬訴訟は合憲と確定したことを受け、選挙管理委員会は11月24日にムシャラフ当選を正式発表した。パルヴェーズ・ムシャラフ フレッシュアイペディアより)

  • 将軍達の反乱

    将軍達の反乱から見た非常事態宣言非常事態宣言

    そして、アルジェリアにおいて非常事態宣言がなされた。フランス共産党や国際労働組合総連合、社会主義支援非政府組織 ヒューマン?ライツ?リーグは、軍のクーデターに反対するデモを執り行った。将軍達の反乱 フレッシュアイペディアより)

  • アルジェリアの歴史

    アルジェリアの歴史から見た非常事態宣言非常事態宣言

    ブーテフリカは就任後、1999年9月16日に国民和解法を制定し、内戦の終結を図ったが、その後も自動車爆弾テロは収まる気配を見せなかった。政府、軍部、イスラーム主義勢力によるアルジェリア内戦で約20万人が死亡したとされる。先進国との協調政策により、テロのイメージをなくす努力をG8諸国などに対して積極的に行っている。テロは21世紀に入ってから沈静化を見せたが、内戦中に敷かれた憲法が保障する国民の人権を制約する非常事態宣言は内戦終結後も引き続き維持されていた。これが解除されるのは2011年のアラブの春と呼ばれる民主化運動によってであった。隣国のリビアはアラブの春の結果内戦に突入し、その際多くの武器がサハラ地域のトゥアレグ人の独立運動組織になどに渡り、サハラ地域が不穏となった。2012年のマリ北部騒乱にともないフランス軍が出兵、これに連動してサハラ地域のイスラム原理主義組織が武装闘争を活発化。2013年1月にはアルジェリア人質事件が発生。アルジェリア軍の強硬策により多数の犠牲者が出た。アルジェリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ホスニー・ムバーラク

    ホスニー・ムバーラクから見た非常事態宣言非常事態宣言

    一方、ムバラクはサダト暗殺を契機に、大統領就任当初からエジプト全土に非常事態宣言を発令し続け、強権的な統治体制を敷いた。長期にわたる強権体制の結果、政権の要職はムバラクの腹心で固められて人事は硬直し、貧富の差も固定化していった。このような親米・親イスラエル路線、そして独裁政治は、自由を制限された貧困者層による批判の対象となり、ムバラクは何度かイスラーム主義者による暗殺未遂事件に見舞われた。ホスニー・ムバーラク フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン会談

    ミュンヘン会談から見た非常事態宣言非常事態宣言

    9月6日、ニュルンベルクでナチス党の第10回党大会が開催された。この党大会の最中にヒトラーがチェコスロバキアに対する最後通牒を行うのではないかという観測が流れ、チェコスロバキアからドイツに避難するドイツ人も多くなった。9月7日、ズデーテンドイツ人党はチェコスロバキア政府の譲歩案を蹴り、交渉打ち切りを通告した。9月12日、ヒトラーはズデーテンドイツ人の公正な処遇を求める演説を行った。宣戦布告はなかったが、翌日の9月13日には自治を求めるドイツ人がデモを行って警官隊と衝突し、プラハで非常事態宣言が出される事態となった。イギリス政府はヘンダースン駐独大使を介してゲーリングに英仏による仲介を呼び掛けたり、政府からのヒトラーへの報復措置を封じるなどの様々な呼びかけを行っていた。当時ヒトラー自身は、強気の態度を取り、イギリスの介入はあり得ないと読んでいたが、内心かなり不安だったようで、ハンス・フランクに「薄氷を踏んで深淵を渡る心地だ。だが、深淵は越えねばならない。」とその心境を吐露している。ミュンヘン会談 フレッシュアイペディアより)

  • 楯の会

    楯の会から見た非常事態宣言非常事態宣言

    9月30日、「憲法改正草案研究会」のための資料『問題提起』の第3回「『非常事態法』について」が配布され、討議が行われた。10月以降も資料を踏まえた改憲討議が研究会内で進められた。楯の会 フレッシュアイペディアより)

  • マウンドー

    マウンドーから見た非常事態宣言非常事態宣言

    都市住民に少なからずイスラム教徒が存在し、過去においてもミャンマーの多数派である仏教徒との対立も見られた。2012年には、両教徒との間の衝突が激しいものとなり死傷者が出た。同年6月10日には、政府がラカイン州に非常事態宣言を発令。マウンドーからの国連職員の退避が行われた。マウンドー フレッシュアイペディアより)

  • アダマ・バロウ

    アダマ・バロウから見た非常事態宣言非常事態宣言

    ジャメはバロウの就任の宣誓を防ぐ為、非常事態宣言を発した。アダマ・バロウ フレッシュアイペディアより)

  • グルジアの歴史

    グルジアの歴史から見た非常事態宣言非常事態宣言

    2007年11月以降、今度はジョージア国内でサーカシビリ大統領の辞任を求める大規模デモが展開され、500人以上の負傷者を出し、大統領はこれに対して非常事態宣言を発令した。2008年1月、前倒しして行われた大統領選ではサーカシビリが再選された。同年8月、ジョージア人の軍隊は南オセチアに進攻、これにロシア軍が軍事介入した(南オセチア紛争またはロシア・ジョージア戦争)。この戦争はアブハジアにも飛び火した。ロシア・ジョージア間の軍事衝突はヨーロッパ連合(EU)の仲介により停戦、ロシアは2008年8月に南オセチアとアブハジアの独立を承認したうえで、9月に軍を撤退させた。サーカシビリ政権はいっそう親欧米路線を強め、2009年8月、ジョージア政府はCISから脱退、9月にはロシアに対し外交関係断絶を通告した。グルジアの歴史 フレッシュアイペディアより)

167件中 61 - 70件表示

「非常事態宣言」のニューストピックワード