98件中 71 - 80件表示
  • パルヴェーズ・ムシャラフ

    パルヴェーズ・ムシャラフから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2007年10月6日に大統領選挙が行われ、圧倒的多数の票を得たが、陸軍参謀総長の大統領選挙出馬は違憲の訴訟が係争中だったため、当選決定が大幅に遅れた。このため11月3日、当選無効判決を阻止すべく、軍を動員して最高裁判所を封鎖すると共に、彼に否定的だったチョードリー最高裁長官を解任し、自宅軟禁した。また、全土に非常事態宣言を行ない憲法を停止して戒厳令状態に置いた。陸軍参謀総長の大統領選挙出馬訴訟は合憲と確定したことを受け、選挙管理委員会は11月24日にムシャラフ当選を正式発表した。パルヴェーズ・ムシャラフ フレッシュアイペディアより)

  • KBブリッジ

    KBブリッジから見た非常事態宣言非常事態宣言

    1996年9月26日午後5時35分頃、轟音と共に突如中央部から真っ二つに折れて崩落し、2名が死亡、4名以上が負傷した。橋はコロール島から空港へと向かう唯一の道路であり、またバベルダオブ島からコロールへ供給されていた電気、水道、電話などのライフラインが通っていたため首都機能が麻痺し、クニオ・ナカムラ大統領は国家非常事態宣言を発令した。「暗黒の9月事件(Black September)」とも呼ばれている。KBブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • ハマース

    ハマースから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2007年6月12日にハマースはガザ地区の武力占拠し、2006年の総選挙後に形成されていたファタハとの連立内閣は崩壊した。現在に至るまで、ガザ地区はハマースが、ヨルダン川西岸地区はファタハが事実上支配している。評議会ではハマースが過半数を占めているため、ファタハは非常事態宣言を発令することで合法的に政権を維持している。ハマースはハニーヤ内閣が正当政府であるとして、閣僚を任命し自治政府を組織しているが、イランやシリア以外の国際社会はファタハによる政府を承認している。連立政権時代は自制していたカッサームロケット砲によるイスラエル領内への攻撃も再開したが、これに対してイスラエル軍は2008年からガザを攻撃した。一時的な停戦の後もイスラエルは規制を緩めず、小規模な衝突が繰り返された。イスラエルは11月5日から封鎖をさらに強化し、国際連合の「イスラエル政府が封鎖を緩和しない限り、支援物資がすぐに底をつきる」という警告も無視した。6ヶ月間にパレスチナ側は20人が殺害され、イスラエル側の犠牲者は0であったハマースの政治指導者ハーリド・マシャアルは、「イスラエルの火器で30人のガザの人々が殺され、封鎖の直接の影響で数百人の患者が死亡した」と主張している。。イスラエルとエジプト政府は休戦延長模索したが、ハマースは再度の封鎖解除と全ての検問所の開放を条件とし、イスラエルは攻撃停止が先だと主張したため、ハマースは停戦延長を拒否すると発表した。休戦期間終了を待たずにロケット砲による無差別攻撃を再開し、イスラエルは攻撃を中止するように再三にわたり警告を発したが、ハマースはそれを黙殺し、イスラエルへの攻撃を続けた。2008年末にイスラエルはロケット砲攻撃の防止を目的としてガザへの空爆を開始した。2009年1月1日に、創設者でありガザにおける指導者のひとりであったニザール・ラヤーンが、ジャバリーヤ難民キャンプの自宅でイスラエル軍の空爆により死亡した。2009年1月15日には、ハマース政府の内相サイード・シヤームがイスラエル軍の空爆で殺害された。ハマース フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2005年7月19日、タイ政府は、反政府活動が続いたタイ南部のナラティワート、ヤラ、パッターニ3県全域とソンクラー県の4地区に対し、タクシンが非常事態を宣言することを承認。同日、非常事態宣言を発令した。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • ニューカレドニア

    ニューカレドニアから見た非常事態宣言非常事態宣言

    1985年、先住民文化復興活動の先頭に立っていたジャン=マリー・チバウ(:fr:Jean-Marie Tjibaou)率いる社会主義カナック民族解放戦線(:fr:Front de libération nationale kanak et socialiste、FLNKS)は独立への扇動を行った。ジャン=マリー・チバウらは独立国家「カナキー」の樹立を主張した。FLNKS指導者の暗殺に端を発してカナックによる暴動が始まり拡大し、ニューカレドニア全土に非常事態宣言が出される事態となった。特に1988年4月22日、独立過激派が27人のフランス国家憲兵隊員と1人の裁判官を人質にとってロワイヨテ諸島のウヴェア島の洞窟に監禁し、4人を殺害した事件が最大の危機となった。この事件は5月、海軍特殊部隊、GIGN、EPIGNなどによる突入で過激派を殺害することで解決したが、特殊部隊側にも犠牲者が出た。ニューカレドニア フレッシュアイペディアより)

  • ホスニー・ムバーラク

    ホスニー・ムバーラクから見た非常事態宣言非常事態宣言

    一方、ムバーラクはサーダート暗殺を契機に、大統領就任当初からエジプト全土に非常事態宣言を発令し続け、強権的な統治体制を敷いた。長期にわたる強権体制の結果、政権の要職はムバーラクの腹心で固められて人事は硬直し、貧富の差も固定化していった。このような親米・親イスラエル路線、そして独裁政治は、自由を制限された貧困者層による批判の対象となり、ムバーラクは何度かイスラーム主義者による暗殺未遂事件に見舞われた。ホスニー・ムバーラク フレッシュアイペディアより)

  • カレダ・ジア

    カレダ・ジアから見た非常事態宣言非常事態宣言

    1984年からBNP党首。1991年から1996年まで首相。その後、アワミ連盟に政権を奪われたが、2001年10月の総選挙でBNPが勝利したことを受け、首相に再就任。しかしその後、事実上の軍政が敷かれるようになると、2007年1月に予定されていた総選挙が非常事態宣言で中止に追い込まれ、同年9月3日には収賄・入札妨害等の罪で次男と共に逮捕される。カレダ・ジア フレッシュアイペディアより)

  • 2005年

    2005年から見た非常事態宣言非常事態宣言

    10月27日 - フランス・パリ北東の変電施設で、警官に追われていると思い、施設に逃げ込んだ少年2人が感電死する事件が発生。この事件を発端として警察に反発する若者らが暴動を起こし、以後、失業問題や人種差別に反発した若者が中心となって、パリをはじめフランス全土で暴動が発生。その後ニコラ・サルコジ内相が若者たちを「くず」呼ばわりしたことで暴動が急拡大、近隣ヨーロッパ諸国に飛び火し、フランスだけでも死者や1,000人を超える逮捕者が出て、フランス政府は非常事態宣言を発動するまでに至る。2005年 フレッシュアイペディアより)

  • オシ

    オシから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2010年6月10日にも暴動が起き、少なくとも100人が犠牲となり、1000人以上の怪我人が出た。市の中心部では、若者のギャング団が、棒や石などで店舗のガラスを割り、車に火をつけた。多数の建造物も至る所で放火された。警察は秩序を回復することができず、非常事態宣言が出され、軍隊が動員された。オシ フレッシュアイペディアより)

  • チェチェンの歴史

    チェチェンの歴史から見た非常事態宣言非常事態宣言

    チェチェンでは情勢の推移を受けて「ソビエト連邦離脱法」(1990年4月30日)に基づきソ連からの連邦離脱を問う全国民投票を10月27日、憲法の規定を満たし実施した。独立チェチェン共和国(チェチェン・イチケリア共和国)の初代大統領としてドゥダエフ将軍が選出された(大統領候補者3名中の得票率は84%、イングーシ人はボイコットした)。国民投票の結果、離脱要件を満たす得票が得られ11月にドゥダエフ将軍は1990年4月10日の法律と「ソビエト連邦離脱法」(1990年4月30日)に基づきソ連邦からの離脱を宣言した。この宣言は合法であったが、エリツィンは11月8日に「チェチェン・イングーシ共和国の非常事態宣言」を声明、チェチェンに連邦軍を投入した。11月9日、ロシア内務省軍約1千名が輸送機9機でグロズヌイ飛行場に到着し、チェチェン側は包囲する。同日ドゥダエフ将軍が大統領に就任し地元テレビで自由を守るために国民の結束を求めた。11月10日にロシア内務省軍は飛行機を没収されたためバスで撤退する。ロシア共和国最高会議は翌11日、政治的手段が必要として非常事態宣言を不承認とする決議を行った。ドゥダエフは「ロシアとの交渉を始めたいが、我々の声を聞く力がない」との談話を行う。アゼルバイジャン人民戦線はチェチェンの連邦離脱支持を表明し、ロシア政府首脳に承認を要求する。11月12日にエリツィンは最高会議の不承認決議に同意し非常事態宣言を解除する。最高会議はチェチェン・イングーシ問題特別委員会の設置を決定した。チェチェンの歴史 フレッシュアイペディアより)

98件中 71 - 80件表示

「非常事態宣言」のニューストピックワード