98件中 81 - 90件表示
  • パレスチナ

    パレスチナから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2007年6月11日からの抗争は、本格的な内戦に突入。ハマースはガザ地区を武力で占拠し、ファタハはこれを「クーデター」と批判。背景には、パレスチナ自治政府治安維持相で、ハマースと敵対し、また親米派と目されていたムハンマド・ダハランとの抗争があり、またダハラン側が先に手を出していたとする主張もある。結果、ファタハは内閣からの閣僚引き上げを宣言した。6月14日、ファタハのアッバース議長は非常事態宣言を出し、内閣の解散を宣言。6月15日、親米派のサラム・ファイヤドをハニーヤの後任の首相に指名したが、ハニーヤは解散を無効として無視した。ハマースは立法評議会の多数を握っているため、基本法(憲法)上後任の首相もハマースから任命しなければならず、アッバースの行為は違憲とする批判がある。ファイヤドは6月17日に「非常事態内閣」として30日間の限定で組閣したが、ハニーヤは組閣は「非合法」と反発。逆にアッバース議長は、ハマースの軍事部門を非合法化する議長令を発表し、「メンバーは処罰する」方針を示した。こうしてパレスチナ自治政府は、分裂した。イスラエルや米国は、ハマースを排除したファイヤド政権を正式な交渉相手と認めた。また、イスラエルは、差し押さえを続けていた代理徴収した税のファイヤド政権への返還を表明した。6月20日、アッバース議長は「人殺しのテロリストたちとは対話はしない」と、ハマースを相手にしないことを表明した。また、1ヶ月前、ハマースによる暗殺未遂事件があったと主張した。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見た非常事態宣言非常事態宣言

    2007年7月、パキスタン・モスク立てこもり事件。10月、。11月、軍参謀長でもあるムシャラフ大統領が、自身の地位を巡っての:en:Iftikhar Muhammad Chaudhryと対立、軍を動員して全土に非常事態宣言と戒厳令を発令するという事実上のクーデターをおこなった(:en:Pakistani state of emergency, 2007)。ムシャラフは、11月28日に陸軍参謀総長を辞職して、29日に文民として大統領に就任し、11月に発令した非常事態宣言を12月16日に解除するとテレビを通じて発表した。米国の支援を受けて11月にベーナズィール・ブットーが帰国するも、12月27日、演説終了後会場にて暗殺された。2007年、イギリス連邦の資格停止。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • エジプト革命 (2011年)

    エジプト革命 (2011年)から見た非常事態宣言非常事態宣言

    29年間続く非常事態宣言の中で野党関係者が政府によって恣意的に弾圧されたこともあり、人権状況の改善も訴えられてきた。エジプト革命 (2011年) フレッシュアイペディアより)

  • エジプト・サッカー暴動

    エジプト・サッカー暴動から見た非常事態宣言非常事態宣言

    暴動を通じて多数のサポーター、警官などが逮捕され、裁判にかけられることとなった。2013年1月26日、エジプトの裁判所は一部の被告21人に対し死刑判決を下している。これに対し、再び市内で暴動が発生。26日には機動隊員2人を含む31人が死亡、翌27日には6人が死亡した。翌々日の28日、政府は暴動を封じ込めるため、ポートサイド、スエズ、イスマイリアに非常事態宣言を発している。エジプト・サッカー暴動 フレッシュアイペディアより)

  • チュニジア

    チュニジアから見た非常事態宣言非常事態宣言

    国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出される。任期は5年。再選制限は無い。憲法により大統領は行政の最高責任者とされ、首相・閣僚・各県の知事の任免権、軍の最高指揮権、非常事態宣言の発令権など強大な権力を与えられている。首相および閣僚評議会(内閣に相当)は大統領の補佐機関に過ぎない。チュニジア フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン一揆

    ミュンヘン一揆から見た非常事態宣言非常事態宣言

    9月26日、エーベルト大統領は消極的抵抗の中止と全ドイツへの非常事態宣言を布告する予定であった。しかし9月20日にバイエルン州首相オイゲン・フォン・クニリングは閣議を行い、バイエルン州内に非常事態を宣言した上に、カールを州総督(州総監、:de:Generalstaatskommissar)に任命して独裁的権限を与えた。ミュンヘン一揆 フレッシュアイペディアより)

  • ポチョムキン=タヴリーチェスキー公 (戦艦)

    ポチョムキン=タヴリーチェスキー公 (戦艦)から見た非常事態宣言非常事態宣言

    12月には、ボリシェヴィキがウクライナへ侵攻を開始した。自由の戦士は、12月16日に赤軍の管理下に入った。その間、1918年2月21日には「社会主義の祖国は危機にある」との人民委員会議布告が出され、非常事態宣言がなされた。この布告では、「敵の工作員、投機者、泥棒、ならず者、反革命扇動者、ドイツのスパイは現場で銃殺を命令」とされており、廃止されていた死刑が全面的に復活された。セヴァストーポリにあった自由の戦士では、この宣言に従い乗員が「すべてのブルジョワジーを根絶する」と決議し、3昼夜のあいだに高級将校や知識人ら約600人を殺害するという事態に至った。殺害は赤軍がセヴァストーポリを放棄する3月末まで続いた。当時セヴァストーポリ軍事革命委員会議長であったユーリイ・ガーヴェンが1920年12月14日に党中央委員会へ行った報告によれば、大量殺害は彼の命令によるものであった。ポチョムキン=タヴリーチェスキー公 (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン会談

    ミュンヘン会談から見た非常事態宣言非常事態宣言

    9月6日、ニュルンベルクでナチス党の第10回党大会が開催された。この党大会の最中にヒトラーがチェコスロバキアに対する最後通牒を行うのではないかという観測が流れ、チェコスロバキアからドイツに避難するドイツ人も多くなった。9月7日、ズデーテンドイツ人党はチェコスロバキア政府の譲歩案を蹴り、交渉打ち切りを通告した。9月12日、ヒトラーはズデーテンドイツ人の公正な処遇を求める演説を行った。宣戦布告はなかったが、翌日の9月13日には自治を求めるドイツ人がデモを行って警官隊と衝突し、プラハで非常事態宣言が出される事態となった。イギリス政府はヘンダースン駐独大使を介してゲーリングに英仏による仲介を呼び掛けたり、政府からのヒトラーへの報復措置を封じるなどの様々な呼びかけを行っていた。当時ヒトラー自身は、強気の態度を取り、イギリスの介入はあり得ないと読んでいたが、内心かなり不安だったようで、ハンス・フランクに「薄氷を踏んで深淵を渡る心地だ。だが、深淵は越えねばならない。」とその心境を吐露している。ミュンヘン会談 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神教育事件

    阪神教育事件から見た非常事態宣言非常事態宣言

    阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、1948年(昭和23年)4月14日から4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で、GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。朝鮮人学校事件、大阪での事件は大阪朝鮮人騒擾事件、また神戸での騒乱事件は神戸朝鮮人学校事件とも呼ばれる(その他の呼称については本項で記す)。阪神教育事件 フレッシュアイペディアより)

  • ラカイン州

    ラカイン州から見た非常事態宣言非常事態宣言

    1948年、アラカンは新たに独立したビルマ連邦の一部となり、3つの地区はラカイン管区となった。1950年代から、ラカイン地方の分離(:en:secession)独立を回復するための運動が活発になった。この感情をなだめる役割のひとつとして、1974年、ネ・ウィンの社会主義政権は、アラカン地区からラカイン州を構成し、地域の多数派のラカイン族に名目上の自治権を与えた。ムジャーヒディーンと自称しているイスラム分離主義勢力もまたイスラム教のバングラデシュベンガル地方に隣接する国境地域でイスラム国家樹立を目的とする反乱を継続している。これに対する弾圧で生じた難民問題が、国連でも無国籍扱いになっている、ロヒンギャ族問題である。同様の難民問題は、バングラデシュからインドのトリプラ州へ流入するベンガル人問題でもみられている。バングラデシュ政府によるチッタゴン管区の少数民族居住地での同化政策や、ダム建設による10万人近い住民の強制立ち退きも、両国の難民に共通する背景である。うち2万人がミャンマーへ、4万人がインドへそれぞれ難民として移住している。2012年6月8日には、ロヒンギャ族と仏教徒との対立が激化。大規模な衝突が発生し、ラカイン州には非常事態宣言が出された()。ラカイン州 フレッシュアイペディアより)

98件中 81 - 90件表示

「非常事態宣言」のニューストピックワード