前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
283件中 1 - 10件表示
  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た非正規雇用非正規雇用

    このような背景があり、有効求人倍率は1993年から2005年まで 1 を下回り、新規求人倍率は1998年に 0.9 まで下がった。また、バブル期に比べて、新卒者が困難な就職活動を強いられたため、フリーターや派遣労働といった社会保険の無い非正規雇用(プレカリアート)になる者が増加した。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た非正規雇用非正規雇用

    非正規雇用者については、経済のグローバル化に伴い1980年代以後半から労働者を非正規社員として雇用する企業が増加している。また、バブル崩壊以降の失業率の上昇によりフリーターやニートが増加しているという意見が注目を浴び、社会問題として取り上げられるようになる。他には、派遣の拡大は、偽装請負の問題や社員の契約・派遣への転換(非正規化)も深刻化している。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の労働界

    2006年の労働界から見た非正規雇用非正規雇用

    19日 連合がパートタイム社員の統一賃上げを要求。2006年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の労働運動史

    日本の労働運動史から見た非正規雇用非正規雇用

    バブル崩壊を迎えた日本は、それまでの日本型の安定雇用社会の変革が叫ばれ、1980年代のアメリカを襲った整理解雇ブームは「リストラ」「希望退職」という名で日本に持ち込まれた。1999年には派遣法が改正され、一部の業種を除いて労働者派遣を自由化、就職氷河期に見舞われた若年層を中心に非正規雇用の労働者が激増した。しかし資本側による攻勢に対して労働組合側の対応は後手後手に回っていた。労働組合の組織率、組合員数は共に減少はこれまで以上に加速する。組織率では2005年には19.9%となり、戦後初めて組織率が20%を切った。日本の労働運動史 フレッシュアイペディアより)

  • 労働組合

    労働組合から見た非正規雇用非正規雇用

    労働組合組織率が低下する要因としては、一つは政府・地方公共団体などの社会保障制度が労働組合に取って代わってきたこと、労働組合の活動に時間を割くことが避けられるようになったこと、特定政党への選挙協力が嫌われたこと、そしてここ最近の不況などにより企業の再構築が進められ、会社・部門の統廃合・人員整理などが進んで労働組合が解散していったこと、非正規雇用が増大したこと、春闘などで労働組合が十分な成果を挙げられないため労働組合の存在意義を感じにくくなったことなどが挙げられる。労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た非正規雇用非正規雇用

    長く緩やかな景気回復(2002年(平成14年)2月から2008年(平成20年)2月まで)が続いたが、この景気拡大は専ら外需主導であり、公共投資の縮小及び企業の人件費抑制に伴う労働分配率低下により、内需と個人消費は冷え切ったままであった。また、2003年(平成15年)の大卒就職率は55%にまで低下、高卒も史上最悪の就職難に遭遇した。新興国の経済発展に伴い、重厚長大産業を含む製造業の復権が起こった一方、新しい産業としては情報革命によってIT産業が発達して、少子高齢化によって介護サービス事業が成長して、非正規雇用の増大で労働者派遣業が成長した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 正社員

    正社員から見た非正規雇用非正規雇用

    「会社員」や「社員」というと、正社員を指し、総合職・一般職などの区分がある場合はそれを全てひっくるめてそう呼ぶことが一般的。時勢の流れでアルバイトや派遣社員、契約社員と言ったいわゆる非正規雇用で雇われた非正社員と区別するために用いられるようになった言葉である。企業や業界によってはプロパーとも呼ばれる。日本およびその雇用慣行の影響を受けた韓国等に固有の概念であるため、英語を始めとする諸言語でもそのまま:en:Seishainと表記することが多い。正社員 フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見た非正規雇用非正規雇用

    厚生労働省は2007年8月28日に初の調査結果を発表した。それによると、店舗への調査から推計される2007年時点でのネットカフェ難民の人数は5,400人だったという。また、当初は若年労働者が中心であると想定されていたが、本調査では30歳代?50歳代など幅広い年齢層に亘っており、性別は男性6割に対し女性が4割であるとされた。また雇用形態は非正規雇用が中心であるものの、完全失業者や正社員も見られた。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た非正規雇用非正規雇用

    ただし、小泉政権以前から存在していた以上の格差が存在するようになったのか、格差が拡大しているのか、については争いがある(例えば、小泉内閣(2001年〜2006年)において、正規雇用が190万人減り、非正規雇用は330万人増えた。そのため、小泉内閣によって非正規雇用者の増加が進んだと言われる事があるが、統計では小泉内閣以前から増加している)。総務省の全国消費実態調査によると近年、所得格差の拡大傾向が見られる。世帯主の年齢別では50代以下の世帯で格差が拡大している一方、60代以上の世帯では格差が縮小している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 人事労務管理

    人事労務管理から見た非正規雇用非正規雇用

    長らく能力主義管理が行われてきたが、バブル崩壊後の景気低迷状況下の1995年、日経連(当時)は『新時代の「日本的経営」――挑戦すべき方向とその具体策』との報告書を発表した。同報告書では「雇用ポートフォリオ論」が主張されているが、これは『「従業員の個性と創造的能力を引き出す」とともに「従業員のニーズに即して多様な選択肢を用意」する』要求への回答として人事管理の方向性を示したものである。同報告書では目指すべき雇用形態として(1)長期雇用(終身雇用)を前提として積極的に能力開発を施し、基幹的職務に従事させる「長期蓄積能力活用型グループ」(2)有期の雇用契約を前提として企画開発・デザインなど専門性の高い職務に従事させる「高度専門能力開発型グループ」(3)経営環境や業績に応じて雇用調整しやすい短期雇用で特別な知識や職業訓練を必要としないか短期の研修で済む職務に従事させる「雇用柔軟型グループ」――の3つのグループに分けることを提唱している。それぞれに応じた賃金・教育訓練等の処遇を行い、必要に応じた雇用調整を容易にし、人材活用の面から経営の効率化を目指すものだった。だが、2000年代に入ると非正規雇用の増加や(正規雇用との)待遇格差が社会問題となり、日経連の「雇用ポートフォリオ論」がその要因をつくったとの批判も出ている。人事労務管理 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
283件中 1 - 10件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード