前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
319件中 1 - 10件表示
  • 労働者派遣事業

    労働者派遣事業から見た非正規雇用非正規雇用

    派遣元に常時雇用されない労働者(自社の非正規雇用社員・登録型派遣)を他社に派遣する形態。厚生労働大臣による許可制。臨時・日雇い派遣もこれに該当する。なお、一般労働者派遣事業の許可を得れば、前項の特定労働者派遣事業も可能である。平成27年改正により常時雇用の有無を問わず許可制に一本化された。なお、改正前に一般労働者派遣事業を営んでいる場合は、その許可のままで引き続き労働者派遣事業を営むことができる。労働者派遣事業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の公務員

    日本の公務員から見た非正規雇用非正規雇用

    日本においては、公務員とは厳密に言えば職業や職種ではなく地位で、。その者の職の選任方法の如何を問わず、また職が立法、司法、行政のいずれの部門に属しているかも問わない。会社員という用語が本来会社と雇用関係を有する者全てを差し、職業や職種を指しているのではないのと同様のことである。したがって、官公庁(日本の行政機関)の職員の場合、その官公庁職員が職業であり、公務員とはその職業の責務と権限に基づき定められている地位のことである。故に実質的に保護司や消防団員のような、ボランティア的要素を持つ非常勤の、また公立図書館やハローワークの一般職員のような非正規雇用の公務員も存在している。よって、これらの他の公務員や民間人が非常勤の国家公務員または地方公務員を兼ねたとしても、いわゆる兼職には該当しない。日本の公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た非正規雇用非正規雇用

    このような背景があり、有効求人倍率は1993年から2005年まで 1 を下回り、新規求人倍率は1998年に 0.9 まで下がった。また、バブル期に比べて、新卒者が困難な就職活動を強いられたため、フリーターや派遣労働といった社会保険の無い非正規雇用(プレカリアート)になる者が増加した。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た非正規雇用非正規雇用

    非正規雇用者については、経済のグローバル化に伴い1980年代以後半から労働者を非正規社員として雇用する企業が増加している。また、バブル崩壊以降の失業率の上昇によりフリーターやニートが増加しているという意見が注目を浴び、社会問題として取り上げられるようになる。他には、派遣の拡大は、偽装請負の問題や社員の契約・派遣への転換(非正規化)も深刻化している。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た非正規雇用非正規雇用

    長く緩やかな景気回復(2002年(平成14年)2月から2008年(平成20年)2月まで)が続いたが、この景気拡大は専ら外需主導であり、公共投資の縮小および企業の人件費抑制に伴う労働分配率低下により、内需と個人消費は冷え切ったままであった。また、2003年(平成15年)の大卒就職率は55%にまで低下、高卒も史上最悪の就職難に遭遇した。新興国の経済発展に伴い、重厚長大産業を含む製造業の復権が起こった。一方で、新しい産業としては情報革命によってIT産業が発達して、少子高齢化によって介護サービス事業が成長して、高齢者の死亡者数の増加で葬祭業(葬儀ビジネス)が成長して、非正規雇用の増大で労働者派遣業が成長した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の労働界

    2006年の労働界から見た非正規雇用非正規雇用

    19日 連合がパートタイム社員の統一賃上げを要求。2006年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • ポスト団塊ジュニア

    ポスト団塊ジュニアから見た非正規雇用非正規雇用

    少年期にソビエト連邦の崩壊(1991年大晦日)に遭遇した為、社会主義が唾棄され、アメリカ型の無規制資本主義(新自由主義)が称賛される中で就職時期を迎え、「失われた20年」と呼ばれる就職氷河期に遭遇した。この為、「就職氷河期世代」「ロストジェネレーション」とも呼ばれる結果になった。小渕恵三政権や小泉純一郎政権による雇用敵視(1999年の産業再生法と派遣業種原則自由化、2003年の製造業への派遣労働解禁)によって非正規雇用に落とされ、2008年の世界同時不況による「派遣切り」に遭遇した人々も、同じ2008年に秋葉原通り魔事件を起こした非正規工員も、就職活動そのものを断念したために失業者から外される「非労働力人口」が多い人々も、この世代である。ポスト団塊ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た非正規雇用非正規雇用

    長く緩やかな景気回復(2002年(平成14年)2月から2008年(平成20年)2月まで)が続いたが、この景気拡大は専ら外需主導であり、公共投資の縮小および企業の人件費抑制に伴う労働分配率低下により、内需と個人消費は冷え切ったままであった。また、2003年(平成15年)の大卒就職率は55%にまで低下、高卒も史上最悪の就職難に遭遇した。新興国の経済発展に伴い、重厚長大産業を含む製造業の復権が起こった。一方で、新しい産業としては情報革命によってIT産業が発達して、少子高齢化によって介護サービス事業が成長して、高齢者の死亡者数の増加で葬祭業(葬儀ビジネス)が成長して、非正規雇用の増大で労働者派遣業が成長した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の労働運動史

    日本の労働運動史から見た非正規雇用非正規雇用

    バブル崩壊を迎えた日本は、それまでの日本型の安定雇用社会の変革が叫ばれ、1980年代のアメリカを襲った整理解雇ブームは「リストラ」「希望退職」という名で日本に持ち込まれた。1999年には派遣法が改正され、一部の業種を除いて労働者派遣を自由化、就職氷河期に見舞われた若年層を中心に非正規雇用の労働者が激増した。しかし資本側による攻勢に対して労働組合側の対応は後手後手に回っていた。労働組合の組織率、組合員数は共に減少はこれまで以上に加速する。組織率では2005年には19.9%となり、戦後初めて組織率が20%を切った。日本の労働運動史 フレッシュアイペディアより)

  • ポストマン (2008年の映画)

    ポストマン (2008年の映画)から見たゆうメイト非正規雇用

    中川美紀(窓口担当のゆうメイト):佐野夏芽ポストマン (2008年の映画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
319件中 1 - 10件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード