319件中 101 - 110件表示
  • ジア・ルイス=スモールウッド

    ジア・ルイス=スモールウッドから見たパートタイマー非正規雇用

    イリノイ州シャンペーン出身、在住。父はエコノミスト、母はテニス場のパートタイマーである。アメリカの陸上競技全国大会に初めて出場したのは6歳の時(種目は短距離)で、以来ナイキがスポンサーに就任する2009年(30歳)まで両親が経済援助を続けていた。子供の頃の愛読書は、『はらぺこあおむし』と『アンナ・カレーニナ』。ジア・ルイス=スモールウッド フレッシュアイペディアより)

  • Dr.倫太郎

    Dr.倫太郎から見たパートタイム非正規雇用

    倫太郎の妹。旧姓は日野。結婚したため「中畑」姓で、子どももいて、パートタイムの仕事をしながら主婦として堅実に生活している。Dr.倫太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年問題

    2007年問題から見た非正規雇用非正規雇用

    非正規雇用者の正規雇用化など、就職氷河期世代を救済するチャンスという見方もあるが、ほとんどの企業は従来通り新卒者の採用、さらには定年退職者の再雇用で補っているため、救済にはつながりにくいという見方もある。氷河期世代は既に卒業後相当の年数が経っており、使いにくいと言われてしまうことが多く、契約社員やアルバイトの正社員化にも消極的な企業が少なくない。反面2007-2009年の間の新卒者は、楽に就職できるため、企業とのミスマッチが生じやすく、早期に離職する者が増加すると懸念されている。2007年問題 フレッシュアイペディアより)

  • バーミヤン (レストランチェーン)

    バーミヤン (レストランチェーン)から見た非正規雇用非正規雇用

    2012年頃まではアルバイト・パートタイマーとして働く非正規雇用者を「メイト」という愛称で呼んでいたが、現在は「クルー」に改称されている。バーミヤン (レストランチェーン) フレッシュアイペディアより)

  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見たパートタイム非正規雇用

    ウラルのフレームに750ccの水平対向二気筒エンジンを搭載した新型モデル。その塗装やデザインシルエット、サドルシートを採用するなど、警察が使用するモデルをイメージさせる。本モデルより、フルタイム2輪駆動から、パートタイム2輪駆動を採用している。真っ白な「国連軍カラー」の物もある。普通自動車免許対象車IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • 合同労働組合

    合同労働組合から見た非正規雇用非正規雇用

    また、現在の日本では非正規雇用社員(非正社員)は正規雇用社員(正社員)に比べて立場が弱く、職場に組合があっても加入できないこともある。合同労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 安部修仁

    安部修仁から見た非正規雇用非正規雇用

    新卒採用を経ずに非正規雇用から叩き上げで社長に就任した人物で、東証1部上場企業で非正規雇用出身者が経営者に就いた例は他にブックオフコーポレーションの橋本真由美等がいる。安部修仁 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の労働界

    2007年の労働界から見た非正規雇用非正規雇用

    11日 連合の第10回定期大会が東京都内で始まり、高木剛会長は「非正規雇用労働者の現状の改善に対する感度が鈍いと批判されている。これからは運動の柱に据えて、全力を尽くしたい」と非正社員の待遇改善を重視していく方針を示した。日雇い派遣の禁止といった労働者派遣法の規制強化も求めた。運動方針では「非正規労働センター」の新設など、パートや派遣労働者の具体的な支援強化を盛り込む。2007年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 面接

    面接から見た非正規雇用非正規雇用

    民間企業の正社員採用のほか、公務員試験や教員採用試験においても、殆ど全てにおいて面接が行われる(ただし、日雇いの交通量調査など非正規雇用で雇われる場合は電話先着順や書類選考だけということもある。また、サイバーエージェントはエンジニア職を対象にプログラム作成能力のみで採否を決定し、面接を行わない「コード採用」という採用方法を導入している。他にも、年度によっては「じゃんけん」で採否を決める企業も存在した。)。大企業では複数回面接し、最初の段階で採用担当者(人事部)が、最終面接では役員が面接に当たることが多い。中小企業は直接雇用者が一度だけ面接をして決めることもある。特に国家公務員の採用試験では筆記試験合格後官庁訪問をして省庁ごとの数次の面接を受ける必要がある。面接 フレッシュアイペディアより)

  • 2020年以降の経済財政構想小委員会

    2020年以降の経済財政構想小委員会から見た非正規雇用非正規雇用

    第二創業期のセーフティネット(勤労者皆社会保険制度の創設) : 今の企業の厚生年金や健康保険は正社員に主眼が置かれており、一定の所得や労働時間に満たないと加入できない。これを週20時間以上働く人であれば、正規・非正規に関係なく社会保険に加入できるようにする。企業側には社会保険料の事業主負担を維持するが、働く方の低所得者には保険料を免除・軽減。あわせて解雇規制の見直しや、大学などでの学び直し・再就職支援の拡充を行う。こうした改革によって、一時的には労働コストの拡大などの痛みが伴うが、保険料の免除・軽減で手取り所得が増え、将来受け取る年金額も充実し、若者の将来不安の解消が期待される。また、現在、若者の半数近くが国民年金保険料を支払っていない状況では、将来、無年金・低年金の高齢者が増えて、生活保護費が激増する恐れがあるが、そうした問題も解決され、これからの時代に対応した、より自由に転職・兼業・副業がしやすい、企業も働く側も選びやすい労働市場が形成されるとしている。2020年以降の経済財政構想小委員会 フレッシュアイペディアより)

319件中 101 - 110件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード