283件中 31 - 40件表示
  • 非正規雇用問題

    非正規雇用問題から見た非正規雇用非正規雇用

    非正規雇用問題 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規労働者

    非正規労働者から見た非正規雇用非正規雇用

    非正規労働者 フレッシュアイペディアより)

  • 東銀座出版社

    東銀座出版社から見た非正規雇用非正規雇用

    平成不況によるリストラ解雇に続き非正規雇用の増大でワーキングプアが広がる中、資本家に搾取され貧しい労働者が苦闘する姿を描いたプロレタリア文学の代表作とされる『蟹工船』を若年読者層に分かりやすく紹介しようと漫画化したのが、同社から2006年11月に刊行された白樺文学館多喜二ライブラリー企画編集・藤生ゴオ作画の『マンガ蟹工船―30分で読める…大学生のための』(ISBN 4894691051)である。2007年に入り『蟹工船』がブームになると、同作の刊行時期はブームの嚆矢、口火を切った位置にあった。ブームが継続する2008年に講談社から文庫の一冊として再刊された。東銀座出版社 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤厚

    佐藤厚から見た非正規雇用非正規雇用

    佐藤厚(さとう あつし、1957年1月24日 - )は、北海道出身の労務管理学者。法政大学キャリアデザイン学部教授。専門は、人的資源管理、労使関係、高齢者雇用、若年者雇用、非正規雇用、ワーク・ライフ・バランス問題など、研究は多岐にわたる。博士 (社会学)。佐藤厚 フレッシュアイペディアより)

  • 院内保育

    院内保育から見た非正規雇用非正規雇用

    院内保育の運営は、事業所内保育と同様にアウトソーシングが進んでおり、保育施設の受託運営を手がける企業が全国各地に誕生している。院内保育を担う保育士はほとんどの場合非正規雇用であり、労働条件は一般保育所の保育士より格段に低い。院内保育 フレッシュアイペディアより)

  • 警官の紋章

    警官の紋章から見た非正規雇用非正規雇用

    日比野伸也の母親。元警察官で、夫・一樹とは上司の見合いで結婚した。現在はコンビニでパートをしている。警官の紋章 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居徹也

    鳥居徹也から見た非正規雇用非正規雇用

    鳥居の自説は、フリーターやニートの増加の要因として一般的な認識であるバブル経済の崩壊に伴う企業の採用抑制によって発生した就職氷河期や、フリーターなど非正規労働者の「安い労働力」に依存している企業側の問題については一切言及しようとせず、「有効求人倍率は若い方が高いのだから、採用されないのは努力が足りないからだ」などと自己責任論にすり替えたり、「大学全入時代が若者の競争力を低下させ、フリーターが増えた」といった、若者側に責任を転嫁する主張をしており、評論家の後藤和智をはじめ、鳥居の主張を訝しがる者も多い。鳥居徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 助教諭

    助教諭から見た非正規雇用非正規雇用

    近年の規制緩和による法改正により、助教諭に代わって、教員の免許状を持たない非正規雇用の特別非常勤講師の活用が増加しており(実務上は学校の要請で「派遣」される形が多い)、助教諭は減少している。助教諭 フレッシュアイペディアより)

  • 千田国広

    千田国広から見た非正規雇用非正規雇用

    2001年、同社が労働組合加入の非正規雇用者の大半を「直接雇用」に切り替えた際、「直接雇用」の実態があったにもかかわらず、海外出張中だったため事情を知らず、切り替えの対象にならなかった。千田国広 フレッシュアイペディアより)

  • ワッセナー合意

    ワッセナー合意から見たパートタイム非正規雇用

    その後も労働市場に関する政策が継続的に実施され、たとえば1996年の労働法改正で、フルタイム労働者とパートタイム労働者との間で、時給、社会保険制度加入、雇用期間、昇進等の労働条件に格差をつけることを禁じ、2000年の労働時間調整法制定により、労働者がフルタイムからパートタイムへ、あるいはパートタイムからフルタイムへ移行する権利を認めるとともに、週当たりの労働時間を労働者自身が決められることとなった。(パートタイムとは週35時間未満の労働時間、35時間以上の労働時間の場合はフルタイムと呼ばれている。両者の間では労働時間の違いを除き、権利義務は同一である。)ワッセナー合意 フレッシュアイペディアより)

283件中 31 - 40件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード