283件中 61 - 70件表示
  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見たパートタイム非正規雇用

    ウラルのフレームに750ccの水平対向二気筒エンジンを搭載した新型モデル。その塗装やデザインシルエット、サドルシートを採用するなど、警察が使用するモデルをイメージさせる。本モデルより、フルタイム2輪駆動から、パートタイム2輪駆動を採用している。真っ白な「国連軍カラー」の物もある。普通自動車免許対象車IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • 利益至上主義

    利益至上主義から見たパートタイマー非正規雇用

    例えばパートタイマーやアルバイト、派遣社員、契約社員などの非正社員は正社員よりも一般に待遇が悪い(賃金が安い、厚生年金や社会保険に入れない、雇用期間の保証がない等)が、使用者(企業)側から見れば正社員を減らして非正社員を増やすことは人件費削減に繋がるといった利点がある。利益至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • タイムレコーダー

    タイムレコーダーから見たパートタイマー非正規雇用

    タイムレコーダーは主に雇用者の勤怠管理、時間給計算を人間に代わって時間の計算してくれる利便性の高い道具である。その時間の管理にはタイムカードという専用のカードを用いる。タイムカードはタイムレコーダーに挿入して用いる個人用の情報媒体であり、任意の番号を指定することで個人を判断する。種類はアナログ式のほかに、電子タイムレコーダーやパソコンで作業が可能なものもあり、一部のオフィスなどでは従来のアナログ式に取って代わられている。だが、主流は今でもアナログ式のもので、誰にも扱いやすいことから、パートタイマーやアルバイト労働者が多い商店などでは人気がある(経費節約の部分もあり、一般的にアナログ式の方が安価。代わりに、月に最低1回は時刻合わせをしないと、時計の月差による正しい時刻とのずれが発生する)。また、最初から時給設定を行ったり、締め日などで労働時間集計などをしてくれる集計機能付きのものもあり、賃金計算の大きな助けとなっている。タイムレコーダー フレッシュアイペディアより)

  • 2007年問題

    2007年問題から見た非正規雇用非正規雇用

    非正規雇用者の正規雇用化など、就職氷河期世代を救済するチャンスという見方もあるが、ほとんどの企業は従来通り新卒者の採用、さらには定年退職者の再雇用で補っているため、救済にはつながりにくいという見方もある。氷河期世代は既に卒業後相当の年数が経っており、使いにくいと言われてしまうことが多く、契約社員やアルバイトの正社員化にも消極的な企業が少なくない。反面2007年〜2009年の間の新卒者は、楽に就職出来るため、企業とのミスマッチが生じやすく、早期に離職する者が増加すると懸念されている。2007年問題 フレッシュアイペディアより)

  • デジタル土方

    デジタル土方から見た非正規雇用非正規雇用

    IT産業の元請企業が下請企業に仕事を丸投げしたり、元請け自身が非正規雇用を雇用するにしても過酷な労働条件で末端の従業員を消耗品同然に使い潰して行く搾取型のビジネスモデルの構造はたびたび批判されるが、現代日本においてそういったいびつな産業構造はIT産業が唯一の例外というわけではない。たとえばIT産業にとっても不可欠なツールであるパーソナルコンピュータの通信販売やショップブランドパソコンへのOEM供給を主業とする“直販メーカー”でも同様の状況はいくらでも見られる。これら業界では製品組立ライン従事以外にもサポート業務のとりわけ特にクレーム処理は非正規雇用や派遣社員に依存しているが、一般的にこのような業務に従事する者に対しては長期間雇用を前提としない低水準の従業員教育が行われ、スキルアップやキャリアアップの機会も事実上ない。また、そのような実情を知らずに劣悪な環境に飛び込んだ者は「非正規労働者が短期間で次々に使い潰されても会社は何事もなく回る」「消えた者の替わりがいくらでも入ってくる」という現実を目の当たりにしながら、結局のところ短期間での使い捨てを前提とした会社組織の最下層で低賃金と過酷な労働に苦しめられる。この様な業界で従業員が置かれている搾取型の使役環境の過酷さは、IT業界のそれとさしたる違いがない。デジタル土方 フレッシュアイペディアより)

  • 金子順一

    金子順一から見た非正規雇用非正規雇用

    2009年には日比谷公園で、宇都宮健児や湯浅誠らにより行われた年越し派遣村に対応した。また、非正規雇用労働者の雇止め法理の判例を法定化するなどの、2012年成立改正労働契約法の実現に尽力した。金子順一 フレッシュアイペディアより)

  • 海外旅行

    海外旅行から見た非正規雇用非正規雇用

    2007年時点において、日本からの海外出国者数は世界で15番目の多さだが、人口比で見た海外出国率で見てみると35番目で香港、韓国、台湾を下回り決して多いほうではない。世代別でみてみると、40代男性が最も多く、20代女性、30代男性、50代男性がそれに続く。近年では男女とも60代の伸びが著しいのに対し、20代の若年層に限っては、2000年前後から減少傾向が続いている。20代男性は2000年代半ばを境に60代に抜かれ、90年代まで世代別のトップの旅行者数だった20代女性も3分の2まで減少している。法務省の「出入国管理統計」によれば、日本人の海外旅行者数がピークだった2000年に20代の海外旅行者数は418万人だったが、2010年は270万人にまで落ち込んだ。2011年は281万人と若干持ち直したが、依然として低迷している状態であり、その原因としては、昔と違って海外旅行に対して特別な印象を持たなくなったということ、そして正規雇用者より年収が低い非正規雇用者が増加したことが挙げられている。海外旅行 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ労働総同盟・産業別組合会議

    アメリカ労働総同盟・産業別組合会議から見た非正規雇用非正規雇用

    1955年にアメリカ労働総同盟(AFL)と産業別組合会議(CIO)が合同。現在アメリカ・カナダの53単産が加盟し、組合員は900万人を超える。但し、近年正規雇用と非正規雇用の待遇をめぐって内部対立が表面化、非正規雇用による労働者が多く加盟している全米運輸労働組合(チームスターズ)・国際サービス従業員労働組合(SEIU)・国際食品=商業労働組合(UFCW)が脱退している。アメリカ労働総同盟・産業別組合会議 フレッシュアイペディアより)

  • 職業差別

    職業差別から見た非正規雇用非正規雇用

    近年、正社員と非正規雇用の格差が社会問題化している。同じ仕事をしているにも関わらず、給与や待遇に差があり、前者の雇用は守られ、昨今の派遣切りのように後者は軽んじられている傾向にある。いわゆる同一労働同一賃金の法整備が急がれている。報道では正社員が容疑者になった場合は、会社名と役職が実名の前に出るが、派遣社員やアルバイトの場合はその肩書きで公表されている。職業差別 フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政スタッフ

    日本郵政スタッフから見た非正規雇用非正規雇用

    日本郵政グループではあるが、一般企業への労働者派遣の案件が多いようである。グループ各社(日本郵政・日本郵便・郵便局株式会社・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)への労働者派遣は主に本社・支社および逓信病院での一般事務の案件が中心であり、グループ各社とも、非正規雇用では期間雇用社員や契約社員による直接採用がメインとなっている。日本郵政スタッフ フレッシュアイペディアより)

283件中 61 - 70件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード