137件中 121 - 130件表示
  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た配偶者控除

    1年間の収入合計が103万円(平均月収約85,800円)を超えた場合、所得税を納める義務が発生する(ただし学生の場合、勤労学生控除でそれを超えるだけでは所得税を収める義務は発生しない)ため、特に既婚女性であるパート・アルバイトは年収を103万円以下に抑えようとすることが多い(配偶者控除)。年収調整のため年末繁忙期にシフトを空ける現象も見られ、人事労務管理の配慮点の一つである。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た地方自治体

    そのため、労働者が広域な労働組合を組織し、企業や地方自治体に待遇改善を図る方向で動いている。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た雇用形態

    雇用契約を更新し、継続して5年を超えた場合は、企業は無期雇用に切り替えなければならない(労働契約法第18条。ただし、これは必ずしも雇用形態を正社員にしなければならないということではない)。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た日本労働組合総連合会

    日本の企業別労働組合では正社員のみを組合員にする場合が多く、組合員でない非正規労働者の保護は意図されず、むしろ正社員の雇用を守るための安価な労働力・景気の調整弁として正当化されている。ただし、非正規社員の増加及び正社員の組織率の低下を受けて非正社員のための労働組合(首都圏青年ユニオンなど)が結成されたり、既存の労働組合でも非正社員の加入を認める例が増加している。しかし、100年に一度といわれる大不況を受け、大企業の労組でさえも非正規労働者の解雇・雇止めを問題にできないでいる。連合幹部によれば、「不況の影響が大き過ぎて正社員の処遇を守るのが精一杯」という。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律

    長い間、職業安定法の下、きわめて限定的な雇用形態として位置づけられてきており、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(労働者派遣法)の制定により正式に法律で規定されたのは1986年。当初は業種が制限されていたが、1999年、2004年、2015年に同法が改正され業種が大幅に拡大、それに伴い、派遣社員は契約社員ほどではないが増加している。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た結婚

    男性は、結婚率が低い。 結婚も参照。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た時給

    時給に換算した場合の賃金が安いうえ、基本的にボーナス(賞与)や退職金が支払われない(支払われるとしても、正社員より少額になる)。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た労働力

    産業革命以降、産業の中心が工業となり、フルタイムの労働者が労働力の中核となった。また、この過程で男性は仕事、女性は家庭という性的な役割モデルが確立されていく。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た新卒一括採用

    新卒一括採用の慣行が根強い日本では、学卒時に非正規雇用となると、そこから正社員になることは困難である。 フリーターも参照。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た自動車保険

    年数十万円単位を要する、自動車の維持費(自動車税・重量税・自賠責および自動車任意保険料・車検代・燃料代・駐車料金など)を、終生にわたって支払える保証がない。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

137件中 121 - 130件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード