137件中 31 - 40件表示
  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た派遣労働者

    法的な雇用形態の分類から定義すれば、 有期契約労働者、派遣労働者(登録型派遣)、パートタイム労働者のいずれか1つ以上に該当するような労働者の雇用を指すことが一般的である。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た第2次オイルショック

    労働者数の推移をみると、1980年代(第2次オイルショック後)から雇用者に占める非正規雇用の比率は少しずつ増加し、1990年に初めて20%を超えた。以降は、ほぼ横這いで推移していたが、1990年代後半(アジア金融危機後)になると増加傾向が著しくなり、1999年に25%、2003年に30%、世界金融危機後の、2011年に35%を超え、2013年には過去最高の36.7%を記録している。また、若年層の非正規雇用率については、学生を除いた15-24歳で32.3%、25-34歳で27.4%であり、全体と比較すると低いものの上昇傾向にある。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た主婦

    構成は、学生や主婦が多く、男性よりも女性が多くある。また、年齢構成では15-24歳といった若い世代よりも、30、40歳といった中年世代の方が多い。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た社会保障

    1994年に、国際労働機関(ILO)は非正規雇用者の権利の保障のため、『パートタイム労働に関する条約(第175号)』を採択した。これはパートタイム労働者の労働条件が比較可能なフルタイム労働者と少なくとも同等になるよう保護すると同時に、団結権、団体交渉権、労働者が代表とともに行動する権利、労働安全の待遇、雇用及び職業における差別、社会保障制度、母性保護、雇用の終了、年次有給休暇、有給な休日、疾病休暇に関してフルタイム労働者と同じ条件を、フルタイム、パートタイム間の自発的な相互転換の促進を定めている。2011年現在日本は批准していない。2011年9月現在の批准国は欧州を中心に14カ国である。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見たOECD

    2006年にOECDは日本経済について、所得分配の不平等改善のために労働市場の二極化を削減するよう提言している。そのためには、正規労働者の雇用保護を削減し非正規労働者を雇用する企業のインセンティブを弱めること、非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た倒産

    需要や収益の変化に対応した調整を、職員の増減で行いやすい。企業は非正規雇用の従業員を優先的に雇用契約の更新をしないことで、景気の悪化による需要現象に対応する収益悪化に伴う人員削減の際に調整弁として貸倒れなどによる倒産でおこる全社員の失業や利害関係者への被害を防げる。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た女性

    例えば、女性の出産に伴う就業パターン変化による生涯賃金の推計を行見ても、正社員として働き続ける場合と出産退職後パートタイマーとして再び働き出した場合では、賃金だけで2億円近い差が生まれるとしている)。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見たフリーター

    新卒一括採用の慣行が根強い日本では、学卒時に非正規雇用となると、そこから正社員になることは困難である。 フリーターも参照。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た人材派遣

    構成は、女性と男性とでは女性が多い。 労働者派遣事業、人材派遣も参照。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た老齢年金

    構成は、高齢層の割合が高い。日本の多くの企業は定年年齢を60歳と定めているが、老齢年金の支給開始年齢は65歳(一部例外あり)であり、この5年間をどう乗り切るかが現代の労働者が直面する課題であり、これに応えるべく企業が定年退職した正社員を契約社員として再雇用し、従前と同様の業務に就かせる例が増えている。また、若年層でも契約社員になる割合は増えている。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード