137件中 81 - 90件表示
  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た解雇

    日本では正社員の解雇は実務的には極めて難しく、正社員の雇用は景気悪化の際に余剰な労働力を抱え込むリスクを負うことになる。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た学生

    構成は、学生や主婦が多く、男性よりも女性が多くある。また、年齢構成では15-24歳といった若い世代よりも、30、40歳といった中年世代の方が多い。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見たホワイトカラー

    非正規雇用のブルーカラーが、正社員のホワイトカラーより安い場合もある。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見たブルーカラー

    非正規雇用のブルーカラーが、正社員のホワイトカラーより安い場合もある。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た高度経済成長

    戦後の高度経済成長期(特にいざなぎ景気から列島改造ブームまでの頃)において、日本の企業は常に人手不足にあり、労働者を囲い込む形で正規雇用が常態化した。さらにそれを補佐する形で農閑期の農業労働者や主婦をパートタイム労働者として雇い入れる形になった。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た賞与

    時給に換算した場合の賃金が安いうえ、基本的にボーナス(賞与)や退職金が支払われない(支払われるとしても、正社員より少額になる)。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た工業

    産業革命以降、産業の中心が工業となり、フルタイムの労働者が労働力の中核となった。また、この過程で男性は仕事、女性は家庭という性的な役割モデルが確立されていく。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律

    短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)では「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者よりも短い労働者」。パートタイム労働法上は、有期契約・無期契約を問わない。労働力調査(総務省)では、「勤め先での呼称がパート・アルバイトである者」となっている。一般的に定まった定義はなく、企業によって「パート」や「アルバイト」という呼称の定義は異なる。「パート」と呼ばれていても、その職場の通常の労働者と同じ所定労働時間を定められていれば、パートタイム労働法の短時間労働者(パートタイム労働者)には該当しない。逆に、「パート」と呼ばれず業務や待遇に差がなくても、その職場の通常の労働者よりも短い所定労働時間を定められていれば、パートタイム労働者に該当する。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た規制緩和

    厚生労働省の2010年版『労働経済白書』は非正規雇用増加の原因として「相対的に賃金の低い者を活用しようとする人件費コストの抑制志向が強かった」、さらに「労働者派遣事業の規制緩和が、こうした傾向を後押しした面があったものと考えられる」と指摘している。2009年にはOECD(経済協力開発機構)は日本における非正規雇用増加の原因が「非正規社員に比して正社員の解雇規制が強いこと」と「非正規雇用への社会保険非適用」にあると指摘。労働市場の二極化を是正するよう、たびたび勧告を行っている。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 非正規雇用

    非正規雇用から見た欧州連合

    早い段階から、フルタイム社員とパートタイム社員の均等待遇(同一労働同一賃金)の動きがある。フランスは1981年、ドイツは1985年に差別的取り扱いを禁止している。欧州連合 (EU) では、1997年にパートタイム労働指令が発令された。これにより、パートタイムを理由とした差別の禁止と、時間比例の原則を適用することとなっている。背景として、産業別の労働協約と賃金体系があり、フルタイムとパートタイムとで賃金が違うということがあまりなかったことが挙げられている。非正規雇用 フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「非正規雇用」のニューストピックワード