106件中 21 - 30件表示
  • ベリリウム銅

    ベリリウム銅から見た非鉄金属非鉄金属

    ベリリウム銅はばねやばね線材、ロードセルなど、応力や歪みが繰り返しかかっても形状を維持する必要のある部品に使われる非鉄合金である。また、電気伝導度が高いため、電気のコネクタや電池の接触部にも使われている。さらに、ベリリウム銅は火花を出さず、しかも物理的強度があり非磁性なので、爆発性の雰囲気下(油田など)でも安全に使える工具の材料としても使われている。その目的について、ベリリウム銅はEUの安全指令である「ATEX指令」に、Zone 0、1、2で要求される特性を満たしている。防爆工具として、ドライバー、ペンチ、スパナ、たがね、ハンマーなど各種の工具が生産されている。なお、防爆工具はアルミニウム銅でつくられることもある。鋼製の道具と比較すると、ベリリウム銅の道具は高価で強度・耐久性にも劣るが、危険な環境で使えるメリットはそれら以上に大きい。ベリリウム銅 フレッシュアイペディアより)

  • スラヴ民族の北東ルーシへの移動

    スラヴ民族の北東ルーシへの移動から見た非鉄金属非鉄金属

    スラヴ民族の原郷がどこであるかは定説が打ち出されていないが、4 - 5世紀には、スラヴ民族は分散・移動を開始し、そのうちの一派は6 - 7世紀にはイリメニ湖・ヴォルホフ川流域に達した。ルーシ全域のスラヴ民族は、『原初年代記』等の文献的史料や考古学的検証に基づき、いくつかの部族(あるいは部族連合)として分類がなされている。スラヴ民族の移動の速度は、森林を伐採し、農耕地を獲得しながら進んでいく緩慢なものであったが、北東ルーシへ移住してきたスラヴ民族の植民は、多数かつ積極的に行われていたことが確認されている。考古学的調査に基づけば、村集落の跡地は、原則的に、丸太を用いて建造した定住式の多くの家屋と耕地からなっており、また、製鉄場を有し、鉄や非鉄金属などから生活用品や装飾品が作られていた。スラヴ民族の北東ルーシへの移動 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田製錬

    秋田製錬から見た非鉄金属非鉄金属

    1971年(昭和46年)2月に、同和鉱業株式会社・日本鉱業株式会社・住友金属鉱山株式会社・三井金属鉱業株式会社・三菱金属鉱業株式会社・東邦亜鉛株式会社の非鉄金属製錬6社の共同出資により設立。電気亜鉛では、1年間に約20万トンを当製錬所で生産する。これは国内生産量の3割を占め、国内最大級、世界でも10位の亜鉛製錬所である。秋田製錬 フレッシュアイペディアより)

  • 岐本金属

    岐本金属から見た非鉄金属非鉄金属

    製鋼・鋳物原料となる鉄スクラップ、レアメタルと呼ばれる非鉄金属スクラップのリサイクルを主に手掛け、一般鋼材、中古品も取り扱っている。岐本金属 フレッシュアイペディアより)

  • 旭日産業

    旭日産業から見た非鉄金属非鉄金属

    旭日産業株式会社(あさひさんぎょう)は、非鉄金属製品や、工業薬品、金属加工品、合成樹脂製品、住宅機器などを扱う専門商社である。旭日産業 フレッシュアイペディアより)

  • スラグ

    スラグから見た非鉄非鉄金属

    国土交通省は、銅スラグやフェロニッケルスラグ等の非鉄スラグについて、適用法令は産業廃棄物(鉱さい)としている。また、万が一管理不十分のため異物や材料基準に合致しないものの混入が認められた場合は廃棄物と見なされる。 。スラグ フレッシュアイペディアより)

  • 材料記号

    材料記号から見た非鉄金属非鉄金属

    代表的な日本工業規格(JIS)における非鉄金属材料の一覧の一例(最新の情報は、最新の『JISハンドブック 非鉄』を確認の事 )。材料記号 フレッシュアイペディアより)

  • 横断山脈

    横断山脈から見た非鉄金属非鉄金属

    横断山脈は中国でも重要な非鉄金属の産地である。金沙江・瀾滄江・怒江沿岸には100種類以上の金属が埋蔵されている。また攀枝花市一帯は中国で最も鉄鉱石の埋蔵量が多い地域である。横断山脈 フレッシュアイペディアより)

  • エコシステムリサイクリング

    エコシステムリサイクリングから見た非鉄金属非鉄金属

    非鉄金属・レアメタル等の回収 (銅・アルミニウム・ニッケル・コバルト・タングステン・モリブデン・インジウム・タンタル他)エコシステムリサイクリング フレッシュアイペディアより)

  • 光和精鉱

    光和精鉱から見た非鉄金属非鉄金属

    新日鐵住金八幡製鐵所の構内に設置された戸畑製造所を拠点に、産業廃棄物・一般廃棄物や製鉄ダストの処理を行う企業である。これらの廃棄物から「塩化揮発法」という技術により、亜鉛・鉛・銅など非鉄金属を回収し、製錬会社に販売している。塩化揮発法は、廃棄物から非鉄金属を塩化物としてガス化し主成分の酸化鉄から分離するプロセスで、残渣もセメント原料や製鉄原料(高炉用ペレット)として回収される。このプロセスでは、その過程で廃棄物を一切出さないゼロエミッションを実現しているとされる。光和精鉱 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「非鉄金属」のニューストピックワード