106件中 41 - 50件表示
  • 朝鮮民主主義人民共和国の鉱業

    朝鮮民主主義人民共和国の鉱業から見た非鉄金属非鉄金属

    1970年時点で北朝鮮の国民1人当たりGNPは286ドルと、同年の韓国の203ドルを上回っていたが、労働力の不足を過剰労働によって補う増産運動は限界に達し、停滞を迎えていた。韓国経済の急成長に焦りを感じた北朝鮮は、1970年代に入ると日本や西欧諸国から工業プラントの導入を図ったが、オイルショックの影響で主要な輸出品目の亜鉛など非鉄金属の価格が下落し、外貨による返済が滞って後年まで西側諸国との貿易に禍根を残した。朝鮮民主主義人民共和国の鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 東陽理化学研究所

    東陽理化学研究所から見た非鉄金属非鉄金属

    東陽理化学研究所は非鉄金属の加工において世界トップレベルの技術力を持ち、国内外の多数の大手企業と取引を行う。主な業務は、建材板金(集合住宅用郵便受)や情報通信機器・光学機器などの筐体製造で、アルミニウムやチタニウム、マグネシウム、ステンレスといった素材の表面処理が最も得意であり、力を注いでいる。東陽理化学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • トライボロジー

    トライボロジーから見た非鉄金属非鉄金属

    これらを達成において関連する事柄は非常に多く、材料特性、運動状態、接触状態、雰囲気、潤滑状態などを考慮する必要がある。対象材料も流体潤滑における、気体、水溶性液体、有機分子やガラス材料、固体接触におけるグラファイトなどの自己潤滑材料や金属(その多くは鉄鋼材料)、セラミックス、樹脂材料などが領域となる。特に過酷な条件下にさらされるものに、金型加工や切削加工で、主に鉄鋼材料の一種である工具鋼を加加工材質として、鉄鋼・非鉄金属などの被加工材を造形する塑性加工下のトライボロジーが上げられる。日本刀や刃物、ナイフなどの切れ味も左右する学問として脚光を浴びつつある。トライボロジー フレッシュアイペディアより)

  • ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムから見た非鉄金属非鉄金属

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム(ランメルスベルクこうざん、れきしとしゴスラーとオーバーハルツすいりかんりシステム)は、ドイツの非鉄金属の鉱山と、それによって栄えた歴史都市、さらに採掘や冶金に活用された排水や水力の管理体系という、鉱業に関する包括的な産業遺産群を対象とした国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の世界遺産リスト登録物件である。1992年にランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区がまず登録され、2010年にが拡大登録された。ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム フレッシュアイペディアより)

  • パンパシフィック・カッパー

    パンパシフィック・カッパーから見た非鉄金属非鉄金属

    パンパシフィック・カッパー株式会社(英文社名 PAN PACIFIC COPPER CO., LTD.)は、日鉱金属株式会社(現・JX金属株式会社)と三井金属鉱業株式会社によって設立された、資源開発から原料調達、生産、販売までを一貫して手がける非鉄金属メーカー。パンパシフィック・カッパー フレッシュアイペディアより)

  • 東邦チタニウム

    東邦チタニウムから見た非鉄金属非鉄金属

    東邦チタニウム株式会社(とうほうチタニウム)は、日本の非鉄金属メーカー。チタンの素材加工において世界有数のメーカーである。チタン事業では、大阪チタニウムテクノロジーズ(旧住友チタニウム)と市場を二分する。東京証券取引所第一部上場、証券コード5727。東邦チタニウム フレッシュアイペディアより)

  • 沿海地方

    沿海地方から見た非鉄金属非鉄金属

    漁業、水産加工品の食品業、林業、非鉄金属が中心で機械工業や海上輸送も発達している。沿海地方 フレッシュアイペディアより)

  • DOWAメタルマイン

    DOWAメタルマインから見た非鉄金属非鉄金属

    DOWAメタルマイン株式会社は、DOWAグループの非鉄金属メーカー。グループの主力事業である金、銀、銅、亜鉛、鉛、インジウムなどの金属製錬事業を手がける。DOWAメタルマイン フレッシュアイペディアより)

  • 京浜工業地帯

    京浜工業地帯から見た非鉄金属非鉄金属

    朝鮮戦争が起こると、停滞していた工業活動も再び動き始め、高度経済成長の時代に突入。鉄鋼・非鉄金属・エネルギーが伸び始め、それに合わせて東京港修築計画等による港湾設備・道路などの産業基盤が整備され、一大工業地帯へと発展した。京浜工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 渦電流探傷試験

    渦電流探傷試験から見た非鉄金属非鉄金属

    渦電流探傷試験(うずでんりゅうたんしょうしけん)あるいは渦流探傷試験(かりゅうたんしょうしけん)は、材料、部品あるいは製品の非破壊検査法の一種であり、英語ではET(Eddy Current Testing/Electromagnetic Testing)という。鉄鋼・非鉄金属・黒鉛などの導電性材料からなる検査対象に適用可能であり、材料表面あるいは表層に誘起される渦電流がクラック(ヒビ)などの欠陥や表面付近の材質の不均一性によって変化する性質を利用して欠陥検出や材質選別を行う検査手法である。表面及び表面近傍の欠陥検出や材質選別には適しているが、表面下の深い位置にある欠陥検出には不適当である。渦電流探傷試験 フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示

「非鉄金属」のニューストピックワード