韓国経済 ニュース&Wiki etc.

大韓民国の経済(だいかんみんこくのけいざい)では、大韓民国の国民経済について述べる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大韓民国の経済」のつながり調べ

  • 米韓関係

    米韓関係から見た大韓民国の経済

    米韓関係(べいかんかんけい、、)はアメリカ合衆国が大韓民国(韓国)の資本主義確立の援助や、朝鮮戦争(1950年?1953年)にて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮人民軍と戦う国連軍を支援する側に立った1950年以来最も広範囲に及んでいる。以後40年間、韓国は凄まじい経済力、政治力そして軍事力の増加を経験し、アメリカに対する依存度を劇的に下げた。(米韓関係 フレッシュアイペディアより)

  • ウリ党

    ウリ党から見た大韓民国の経済

    補選や地方選挙での相次ぐ敗北で、勢いを失っていく中、2007年末の大統領選挙を見据え、党勢回復のためとして一度は袂を分かった民主党との再統合や高建(コ・ゴン)元首相との連携などが絶えず噂された。更に北朝鮮の核実験が行われたことや、経済の悪化が顕著になったことにより、支持率が1割を切る事態となり、盧武鉉と距離を置こうとする勢力と、あくまで支えようとする勢力(親盧派)の間で内紛が起きた。その後、所属議員の散発的な離党が続いていたが、高建の大統領選出馬辞退発表を受け、2007年2月6日、党所属の国会議員23人が「国民統合新党をつくる」として集団離党したことにより、第1党から最大野党のハンナラ党(127議席)に次ぐ第2党(110人)に転落した。この状況を打破すべく2月14日に開催された全党大会では丁世均が新議長に選ばれ、脱党勢力に加え民主党も含む党外勢力と統合し、新党を結成することが決議された。ウリ党から離党した議員と中道統合民主党(ウリ党離党者が結成した中道改革統合新党と民主党が統合して結成された政党)から離党した議員によって8月5日に結成された大統合民主新党(民主新党)へと吸収(8月20日)される形で、4年余りのウリ党の歴史に幕を閉じた。(ウリ党 フレッシュアイペディアより)

「大韓民国の経済」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「韓国経済」のニューストピックワード