前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見た三星財閥

    韓国の経済は、そのほとんどを三星財閥、LGグループ、SKグループおよび、分割された現代財閥、解体された大宇財閥の系列企業で占められており、その構造的な問題点を指摘する声もある。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見た盧武鉉

    韓国経済は輸出依存度および貿易依存度が非常に高く、世界経済の影響を受けやすい。貿易依存度は盧武鉉大統領の時代は50?60%であったが、リーマン・ショック後に更に高まり、2011年には96%となっている。ちなみに日本は27%、アメリカは25%、中国は40%、ドイツは60%である。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見た金大中

    1997年のアジア通貨危機のため、韓国経済は大きな危機に直面し、大量倒産や失業と財閥解体が起こった。韓国は国際通貨基金(IMF)の管理下に入り、経済支援を受けた。金大中政権(「朝鮮戦争以来の国難」を受けて発足した野党政権)による、現代財閥の分割や大宇財閥の解体などが行われた。この危機時の借入金は、のちにIMFに対しては2001年8月、アジア開発銀行に対しては2005年までに完済された。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見たロッテ

    2011年の財閥10社の売上高は946兆1000億ウォン(約66兆円)で、韓国の国内総生産の76.5%に及び、その比率はサムスングループが21.9%、現代・起亜自動車グループが12.6%、SKグループが11.7%、LGグループが9.0%、GSグループが5.4%、現代重工業グループが5.0%、ロッテグループが4.5%、ハンファグループが2.8%、韓進グループが1.9%、斗山グループが1.7%となっている。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見た経済協力開発機構

    新興工業経済地域(NIEs)の一つに数えられた時期を経て、1996年にアジアで2番目のOECD(経済協力開発機構)加盟国になった。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見たSKグループ

    韓国の経済は、そのほとんどを三星財閥、LGグループ、SKグループおよび、分割された現代財閥、解体された大宇財閥の系列企業で占められており、その構造的な問題点を指摘する声もある。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見たLGグループ

    韓国の経済は、そのほとんどを三星財閥、LGグループ、SKグループおよび、分割された現代財閥、解体された大宇財閥の系列企業で占められており、その構造的な問題点を指摘する声もある。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見た大宇財閥

    韓国の経済は、そのほとんどを三星財閥、LGグループ、SKグループおよび、分割された現代財閥、解体された大宇財閥の系列企業で占められており、その構造的な問題点を指摘する声もある。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見た自己破産

    アジア通貨危機による経済的な危機から脱却して以降は、半導体やインターネット関連事業の成長により、貿易が黒字基調に転化した。その一方で、通貨危機以前は比較的緩やかだった貧富の差が拡大する傾向にある。金大中政権でのクレジットカード振興策によって2000年頃よりクレジットカードの利用が増加し、内需拡大の一端ともなったが、2003年頃には自己破産が急増し国内での信用不安が高まったため、金融恐慌状態となり内需不振となった。2005年?2006年にかけても国内消費の低迷をはじめ原油高、ウォン高などの不安材料もあり、経済成長の鈍化を懸念する声もある。2000年頃から、人件費が安く、消費が拡大している中国などに生産拠点を移す韓国企業も増えてきており、産業の空洞化も懸念されている。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の経済

    大韓民国の経済から見たクレジットカード

    アジア通貨危機による経済的な危機から脱却して以降は、半導体やインターネット関連事業の成長により、貿易が黒字基調に転化した。その一方で、通貨危機以前は比較的緩やかだった貧富の差が拡大する傾向にある。金大中政権でのクレジットカード振興策によって2000年頃よりクレジットカードの利用が増加し、内需拡大の一端ともなったが、2003年頃には自己破産が急増し国内での信用不安が高まったため、金融恐慌状態となり内需不振となった。2005年?2006年にかけても国内消費の低迷をはじめ原油高、ウォン高などの不安材料もあり、経済成長の鈍化を懸念する声もある。2000年頃から、人件費が安く、消費が拡大している中国などに生産拠点を移す韓国企業も増えてきており、産業の空洞化も懸念されている。大韓民国の経済 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「韓国経済」のニューストピックワード