前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 嫌韓

    嫌韓から見た韓流韓流

    嫌韓感情をもつといわれる人々には、日本のマスメディアに対して、「一般に韓国を好意的に扱って反韓的な情報や韓国側に非のあるニュースを意図的に小さく扱っている」、「昨今の韓流ブームは電通などによる人工的な作為である」、という主張などがある。韓流ブームが嫌韓に与えた影響は無視できず、メディアが韓国に媚びていると受け取られた。NHK会長だった海老沢勝二が、2004年9月、韓国のKBSを訪れた際、「『冬のソナタ』を見て、この世の中には本当に水準の高い文化があるということが分かりました」と述べたことなどに対し、「自局のドラマを差し置いて韓国ドラマを褒め称えている」と受け取られた。2003年にTBSに就任間もない盧武鉉大統領が出演した際に100人が観客として番組に参加したが、や、日テレ系番組『ザ!情報ツウ』で『冬のソナタ』の批判をした麻木久仁子のように、があるなどメディアの姿勢に疑問が投げかけられた。嫌韓 フレッシュアイペディアより)

  • ヒョンビン

    ヒョンビンから見た韓流韓流

    元祖韓流スターで、日本でも知名度の高いウォンビンと良く似た響きのため、最近の韓流に余り詳しく無い人には間違われやすいが、もちろん、全くの別人である。ヒョンビン フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た韓流韓流

    韓流ブームが起こる2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国

    大韓民国から見た韓流韓流

    両国の関係は、島根県の「竹島の日条例」の制定や日本の国連常任理事国入りを目指した動き、靖国神社や歴史教科書に対する内政干渉問題もあり悪化した。民間交流のあり方も一様ではなく、韓流ブームも影響して民間交流は活発化しているかに見える一方で、2004年から2005年にかけては日本に対する抗議デモの影響により、韓国側が交流行事をキャンセルする事態がいくつか発生した。大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 松本 隆

    松本隆から見た韓流韓流

    近年の趣味はオンラインゲーム。韓流ドラマ・映画にも耽溺しているといわれる。松本隆 フレッシュアイペディアより)

  • オークラ出版

    オークラ出版から見た韓流韓流

    アダルト系出版社の老舗であった桜桃書房の関連会社だったが、同社が経営危機に陥った際、その大半の業務を継承。その流れで女性向けボーイズラブ作品を発行するほか、男性向けアダルト雑誌・コミックの発行は子会社のオークスに継承されている。近年は韓流エンタメ関連の雑誌・ムックを刊行する一方、右翼的な論調で知られる「撃論」ムックでは西村幸祐・山野車輪ら嫌韓・反中・右翼系ライターに執筆の機会を与えている。オークラ出版 フレッシュアイペディアより)

  • 日朝関係史

    日朝関係史から見た韓流韓流

    1995年、国際サッカー連盟 (FIFA)は、日韓両国が激しく争っていた2002年開催のFIFAワールドカップを両国の共催とする決定を行った。これは両国に波紋を広げ、大会の運営方式や呼称問題で両国間は深刻な対立を抱え、「事実上の分催」という指摘も上がった。これらの経緯を通じて韓国への反感を強めた日本国民の一部からは、ソウルで開催された開会式に日本への配慮がほとんど無い上、横浜での決勝戦と閉会式の際には貴賓席着座の際に韓国大統領の金大中が後に続く天皇に進路を譲らずに自分の後ろを通らせた身の程知らずのこの行為は無礼だという非難の声が出た。ただし、圧倒的に韓国有利に働いた誤判問題などにより、インターネットを中心に「嫌韓」感情を増幅させたことも事実であるが、このワールドカップを通じ、協議を続けた両国の大会関係者の努力は、2国開催というハンディを乗り越えて大会の運営や友好ムードの創出をある程度成功させたともいわれる。これを機に、公式には長らく禁止されていた日本の文化が韓国で開放されるようになっただけでなく、日本でも韓国の映画やドラマが多く輸入され、韓国の俳優や歌手が日本で活躍するようになった。彼(女)らは韓流スターと称賛された。この大会期間に実施された両国民の「査証(ビザ)なし相互訪問」は大会後に恒常化され、特に観光面での交流拡大に貢献した。両国の都市には英語と並んで相手国の言語による案内標識などが整備されるようになり、それまで日本側からの訪問人数が圧倒していた観光も、日本の観光地に韓国人観光客の姿が増えるなどの変化が見られるようになった。日朝関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮語

    朝鮮語から見た韓流韓流

    日本の特定非営利法人ハングル能力検定協会が主催する資格試験で、6月頃と11月頃(年に2回)実施される。日本の朝鮮語学習者によく知られている試験である。5級が最も低く、4級・3級・準2級・2級・1級の順にレベルが上がる。日本国内でのみ通用かつレベルアップの段階が英検とほぼ同じであるため、しばしば英検と比較対照されることがある。2006年より「準1級」が無くなった。2級と1級は、問題文など全てが朝鮮語で表記されている。なお、この試験は、解答する際に南北どちらかの言い回しに統一されていれば正解となる。また、近年の韓流ブームなどで初級受験者はかなりの増加傾向にあるが、逆に2級や1級レベルでは受験者は極端に少なく、会場に一人もいないという場合も珍しくない。2004年前後に上級の試験問題は難易度が増す一方、3級以下で各級とも合格率が90%前後にまで易化した。しかし2006年に出題基準の大幅な改正が行われた直後、低い級でも難化し合格率が急激に低下している。2008年になると低下していた合格率が回復した。このように年によって難易度が乱高下するため、公平な技能検定の資格としてはいささか信頼性に欠ける。朝鮮語 フレッシュアイペディアより)

  • 一山東区

    一山東区から見た韓流韓流

    一山新都市は、数多くのドラマ・映画のロケ地として有名な街である。2007年に文化放送のスタジオ棟「MBCドリームセンター」が区内に開設され、一山西区にあるSBSの一山制作センターとともにテレビ番組制作の拠点となっている。韓流映画・ドラマの人気にあやかり、「韓流ワールド」の建設が進められている。韓流ワールドは元々「韓流ウッド」の名で建設が進められ、「韓流」と「ハリウッド」を掛け合わせた名前で、韓流文化を広く知らせるべく期待されていたが、ハリウッドの景気沈滞とともに、名前を借りることへの忌避感から、名称を韓流ワールドへと変更させた。一山東区 フレッシュアイペディアより)

  • S.E.S.

    S.E.S.から見た韓流韓流

    1998年10月、バップから「めぐりあう世界」をリリースし、日本デビューを果たす。2000年5月所属事務所Starmusicとエイベックスの業務提携によりエイベックスに移籍。「週刊少年マガジン」など少年誌のグラビアを飾ったり、「THE夜もヒッパレ」や「恋ボーイ恋ガール」などにも出演していたが、当時はまだ韓流ブームが起きる前で、韓国芸能への関心が低かったため、思うような成果は上げられなかった。それでも、メンバーのシューは、神奈川県出身の在日コリアンで、日本語も朝鮮語も普通に話せるため、V6とデュエット曲「One」を日韓両国で発表したり、井ノ原快彦主演の舞台『東亜悲恋』やデジタルフォトドラマ「NO KISS」にも出演している。S.E.S. フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

おすすめ画像

おすすめ動画